[韓国旅行]記事一覧


記事No.=1157500 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/25
 韓国いろいろ

韓国にもあった回転寿司(釜山ロッテ百貨店地下)






地下鉄の入り口






釜山駅のセブンイレブンにて、韓流スターらしいですが・・・。
ミルクコーヒーです。





ヒッキ、囚われの身です。






オープンしたての・・・スターアベニュー





















お土産品。キムチ10個パック、韓国海苔、KTXのボールペン。





自分の口紅。ジェル扱いなるので厳重にラッピングされています。




ようやく韓国記、アップし終わりました。

コメント表示(3)


記事No.=1156100 [韓国旅行] [飛行機に乗ったよ]
09/08/20
 帰国〜韓国旅行四日目

韓国最終日、と言っても今日は帰国のみ。
朝、8時発の金浦空港行きのバスに乗るので、ヒッキも7時前起き。
眠いなぁといいつつも、目を覚ませば元気いっぱい。
「どうして昨日、夜に遊園地行かなかったの??」と思い出したようで、ふくれてました。


昨日と同じく、部屋で簡単な朝食を済ませて、ロッテワールドホテルをチェックアウト。
ホテル前のバス停で空港行きを待ちます。




まだ、眠いよね・・・。
でもバスに乗り込んだヒッキは、歌を歌ったり、窓の外の景色を「見て見て、あれ!!!」と、大はしゃぎ。



空港でもまったくじっとしていません。
ロビーを走り回ったり、パパやママのキャリーをバスに見立てて、あちこちに移動させたり・・・。朝から本当に元気です。


飛行機のチェックインが終わったので、ティタイム。
韓国で流行っているというデザート、「パッピンス」パッピンスは、パッ(アズキ)がのったピンス(氷)、「アズキのせカキ氷」のことです。韓国のピンスはアズキやアイスクリーム、たっぷりのフルーツなどがいっぱいトッピングされているそうです。
ヒッキ大喜び、ボリュームありすぎなので、パパと半分こ。

ママは、無難にワッフル、と思っていたら、これまた巨大・・・。
ここはアメリカか???



朝からどんより曇り空でしたが、出発の頃には大降りに。飛行機飛ぶのかと心配になるほど。

出発までお店をフラフラウィンドショッピングしていると、ヒッキが欲しそうなトーマスのキャリーを発見。安かったらかってもいいかなとパパと相談の上、お店に入って値段を聞くと、日本とそんなに変わらない値段。だったら荷物になるだけなので購入断念。もちろんヒッキは「欲しい」と言っていたのですが、ちゃんと説明すると「わかった」とすんなり(こっちが拍子抜けするほど)諦めてくれました。
こういう時のヒッキは本当に助かります。「ヒッキはいい子だね」と褒めると「日本で見つけたら買ってくれるんでしょ?」と、さっきママが「日本でも同じくらいだから・・・」と説明したのをちゃんと覚えていて、理解してくれたようです。

ヒッキの機内食。大人用のは撮り忘れましたが松花堂。やはり、いくらやカリカリ梅が乗せられた部分はヒッキのお腹の中でした。


今日は羽田到着便。羽田からは日吉までリムジンバスで座って帰れるので、いつもはそれを利用していますが、ヒッキは羽田からモノレールで帰りたいと熱望・・・。
重たいキャリーを引っ張りながら遠回りで帰る羽目に。
まず羽田の国際線の建物からシャトルバスで第一空港まで。モノレールで天王洲アイル駅へ。そこからりんかい線に乗り換えますが、なんと両駅は離れていて、しかもエレベーターもエスカレーターもない階段が一カ所あり、キャリーを抱えて登ったり降りたり・・・。ヒッキ一人元気です。
天王洲からりんかい線で大井町へ。大井町線〜目黒線を乗り継いで、ようやく小杉に戻りました。2時過ぎに羽田に着いたのに、マンションにたどり着いたのは4時半過ぎです。
パパもママもかなりへばっていましたが、ヒッキは、マンション近くの飛び石を、一個一個乗ったり下りたして進みます。その体力、二重丸ですが、時には辛いことも・・・。


マンションに着くと、ちょうどR君ママから「コロッケ揚げたから食べませんか?」と差し入れが
小腹が空いていたので、揚げたてコロッケはすぐに3人のお腹に。

やっぱりカッパ寿司でシメです。

コメント表示(0)


記事No.=1155800 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/19
 ロッテワールド 前編〜 韓国旅行三日目 

7時過ぎ、さすがのヒッキも寝ています。太股の湿布は昨日の打ち身が青なじみになったので。





今朝の朝食は、昨日ロッテデパート閉店間際にAフォションのパン3袋でいくらだかの投げ売りをしていた物を購入、朝、セブンイレブンに行って、ジュースとヨーグルトを調達してきました。




今日の予定は終日「ロッテワールド」です。


ロッテワールドは室内遊園地の「アドベンチャー」ニ、湖に面した「マジックアイランド」に分かれています。アドベンチャーの方は4階まであって、狭い敷地を工夫して作られています。子供向け遊園地ですが、家族連れはもちろん、カップルも十分楽しめそうです。マジックアイランドには絶叫系のアトラクションが結構あったので、後からカップルや若者向けに作ったのかなという感じがしました(調べてはいません)。逆に言うと、ヒッキが乗れるのは少なく感じました。

まずアドベンチャーから攻めます。
身長制限110センチのものが結構あって、このラインがギリギリです。乗らせてもらったものと、ダメと断られた物もありました。

「シンドバットの冒険」「ファラオの怒り」「風船飛行」、残念ながら「ジャングル探検ボート」は身長が引っかかって乗れませんでした。気を取り直して「ワールドモノレール」、「フルームライド」は50分待ちだったので、ファストパスならぬ「マジックパス」をゲットして後回し。その間に「コーヒーコップ」「ボールバトル」昼食「荒野の無法者」、そして「フルームライド」。パレードの終わりの方だけ見物して「マジックアイランド」に移動。


「シンドバットの冒険」(入り口すぐ)
海賊が戦ったり、急に船が激流を下ったりで、ヒッキぐったり。そしてパパもね。



「ファラオの怒り」(4階に移動)
これまたコースター系ですが、慣れてきたのか、ちょっと楽しげ。



「風船飛行」
天井まで上り、ロッテワールドを見下ろしながら、空中散歩です。




「ワールドモノレール」
「アドベンチャー」と「マジックアイランド」を結んで走っています。
「今度は何に乗ろうかな」




「コーヒーコップ」ひたすらグルグル回して、パパを困らせようとハッスルしています。
こんなんでも楽しいみたい・・・→




「ボールバトル」
2万個の柔らかいスポンジで、自由に遊べます。


お昼はやっぱり、ロッテリア。



「荒野の無法者」
激しく動く木馬にまたがって、前方スクリーンに表れる敵を銃で撃ちます。
ヒッキは途中まで断トツ1位でした。これにはパパもママもびっくり。最後は2位になりましたが、それでもすごい・・・無欲の勝利です。

「フルームライド」
いかだに乗って恐竜たちの住むジャングルへ。急流にもまれて、滝を落下します。激しすぎて写真は撮れませんでしたが、水しぶきです。先頭に座るとビチョぬれです。



「フルームライド」を出ると・・・滝から落下する瞬間の写真が売っていました。




パレードも最後の方、少しだけ見られました。ちゃつかり握手してもらうヒッキ。

コメント表示(0)
記事No.=1155700 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/19
 ロッテワールド 後編 韓国旅行三日目

マジックアイランドに移動。この橋で結ばれていますが、ここから屋外になるので、暑くてたまりません。夏に行くなら午前中の涼しい時間にこちらに来た方がいいかもしれません。あるいは夜とか。


暑いので、扇風機が回っていて水を拭きだしていました。
めざとく見つけたヒッキ、霧吹きのような水を浴びていると・・・後から来たお姉ちゃん達に囲まれています。
「ぼく、かわいいわね」・・・と言われているのではなく、「どいてよ」と言われている雰囲気。しかし、ガンとしてどかないヒッキ。「順番だよ」って韓国語でなんて言うのかしらね。


恐くないみたいとヒッキをだまして入った「ゴーストハウス」
3Dの眼鏡をかけて・・・ゴーストハウスに迷い込んだ子猫の目線でストーリーが進みます。ヒッキには「子猫のお話だって」と言っておきました。それほど恐がりもせず、終わってから「なんか変なお話だったねー」と言っていました。怖さがわからなかっただけかも・・・。


「クラッシックカーレース」に乗った後、「ファンタジードリーム」に。お菓子の国に探検です。



「ミニ観覧車」

「わんぱく海賊船」は二度乗車して気持ち悪くなりました。





夕ご飯のために一度外へ出ようと、再び「アドベンチャー」に移動、ヒッキの希望で「メリーゴーランド」、これは「天国の階段」で有名です。


もう一つだけ乗りたいと、「フルームライド」を希望しましたが70分待ちだったので断念、帰りがけに見ると「シンドバットの冒険」は10分待ちだったので「これだったら乗れるよ」と言うと、かなり怖がっていたのに「乗る!」と即答、列に並んでからね恐かったことを思い出したみたいでした。

おみやげ店で見かけた「キムチチョコ」・・・。
ちょつと買う勇気がありませんでした。



そんなこんなであっという間に5時でした。ヒッキは9時半からのレーザーショーも見たいと言っていましたが、とりあえず、夕ご飯とママの買い物(お店が8時でしまってしまうので)が先。



まずは腹ごしらえ。念願かなって骨付きカルビ!!!




デパートの地下でキムチを買って、免税店でママの化粧品とお土産を購入していると、ヒッキが「ヒッキも先生に買いたい」と言い出し、あれこれと一緒に選ぶハメに。
まさか化粧品は買えないし、あかすりでもないし・・・ね。こうしてママのお買い物タイムは、ヒッキの遊園地とともにどんどん浸食されていくのでした(涙)

今日はヒッキは朝のおまじないが効いたのか、一度も怒られることが有りませんでした。ヒッキにそう言うと「神様にお供えしたからじゃない?」って。お祈りだと思いますが・・・。


明日はホテル前を8時のバスで金浦空港に向かいます。なんと成田ではなくて羽田着!!!時間が短縮されるし、家に近いし、ありがたし。
レーザーショーを見に行くことはすっかり忘れているヒッキは、ママがお風呂に入っている間にすでに寝息を立てていました。明日の朝も早いから、ぐっすり寝て疲れを取ってね。

コメント表示(2)


記事No.=1155500 [韓国旅行] [新幹線に乗ったよ]
09/08/18
 KTX乗車〜韓国旅行二日目

昨夜は興奮のため、9時半にようやく寝たヒッキですが、今朝はまた早起きで、6時半には目を覚ましました。
昨日はパパは成田までのネックス内で、ママはホテルに着いてから一寝入りしましたが、ヒッキは5時半過ぎに起きてから一睡もしていません。
今朝、6時半にモゾモゾしたヒッキをのぞき込むと・・・なんと鼻血を出していました。やはり興奮状態にあるのか???

昨日「アンニョンハセヨ」(こんにちは)と「カムサハムニダ」(ありがとう)で人気を博していたヒッキ、今日は「チョウンアッチム」で攻めさせてみました。
ガイドブックに、「こんにちは」は書かれているのに、「おはよう」や「こんばんは」は無いので、パソコンで調べると、あまり明確には区別しないようです。通じるのかわかりませんがヒッキに言わせてみると、「へー、そんな言葉知ってるんだぁ」的な反応をされていました。

今朝の朝食は、ガイドブックに紹介されていた、ホテル横のおかゆのお店「五福参鶏湯」です。もちろん、ヒッキは「チョウンアッチム〜」とご挨拶。
「日本人へのサービスが好評」と書かれているためか、続々と入ってきたお客さんは日本人ばかりでした。




ヒッキは「ねぎチヂミ」、パパは「参鶏湯」、ママは「アワビ粥」を食しました。写真ではわかりませんが、「参鶏湯」はグツグツ煮立ったままテーブルに。
お粥は「アワビ粥」一種で、15000W(1200円)です。

どれも美味しくて、ヒッキも朝からぱくぱく。

ご機嫌だったヒッキに、この後ハプニングが襲います。会計を済ませてそれぞれ靴を履いている時です。ヒッキが突然座敷の部分から床に転げ落ちました。たいしたこと無いと思っていましたが、あんまり泣くので、打ち所が悪かったのかと慌てて抱き起こすと、おでこをすりむいたのと、太股を打ったみたいです。激しく泣き続けるので抱っこしたまま外へ出ようとすると、お店の人がヒッキにミニシュークリームのようなお菓子を渡してくれました。泣き続けていたのでいらないと言うかと思いきや、それはそれでちゃんともらっていました。

なんでそんなに泣いてるのか聞くと・・・「ヒッキやってないのに、お客さんが押した」と言うようなことを訴えます。どうやら後ろから押されて、前のめりになって頭から落ちて、太股も座敷の台で強打したらしいです。でも・・・お客さんが押すわけないし・・・くつを履こうとして、おしりを自分でテーブルにぶつけて落っこちたのでしょう。でも本人はどうしても「お客さんがやった」と譲らず、相当悔しい気持ちが残ったらしく、それで泣き続けていたみたいです。
あまりに重くてパパにバトンタッチ、泣きながらも「食べていい?」と聞いてからお菓子を食べていました。


さて、今日は釜山駅からKTMに乗って一路ソウルへ向かいます。
ホテルをチェックアウトして、地下鉄で釜山まで。大きな荷物を運んでくれます(気がむけば)



KTMは2004年4月に開業したアジア2番目の高速鉄道で、ソウル〜釜山間を約2時間40分で結びます。


12時出発なので、釜山駅でお昼を調達して乗り込みます。
パパはセブンイレブンのお弁当。やはりキムチ入り。ヒッキとママはサンドイッチをはんぶんこ。


先頭車両で記念撮影。
その後、5号車の指定席まで車内を走り抜けてきました。



奮発して1等車を予約。ヒッキとパパ、通路をはさんでママが座っています。ヒッキはパパにオセロを教わって、ほんの少し静かでしたが、あとはいつものように大きな声でずっっっとおしゃべりしていました。


KTXのチケットと、地下鉄のチケット(固いカードで、一回ずつ回収されます)



ソウル到着。3時間ちょっとの旅でした。




KTXのおみやげ屋さん前で、ジオラマを撮影中。




4時を回ってしまったからか、本日泊まるロッテホテルワールドがある「蚕室駅」に向かう電車は、かなり混んでいました。
ヒッキもかなり疲れているのか、車中ではふざけた挙句、ママに叱られて、ぐずぐず泣くはめに。


ホテルの部屋の窓から、ロッテワールドが見えます。園内のモノレールや、天井が見えて、早く行きたくてワクワクのヒッキでした。明日が楽しみです。
ちょっと休んで夕ご飯に向かいました。

コメント表示(0)
記事No.=1155400 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/18
 プルコギ!!

夕ご飯は、ママのリクエストでお肉!!
ロッテワールドの3階にある「民族博物館」、その中に「伝統食堂街」がありました。



その中で「骨付きかルビ」が食べられるお店に入り、注文すると・・・なんとカルビは売り切れ。仕方がないので「プルコギ」に変更。
ヒッキ用に頼んだチヂミの盛り合わせも美味でした。



食後に出してくれたお茶。これまたさっぱり味で美味でした。

ホテルに戻る前に、ソフトクリームのデザート。



日本ではまだ並んで買うクリスピードーナッツ。
プサンでもここでも並んでる人はなく、ついついパパにおねだりして購入してみました。


コメント表示(0)
記事No.=1155300 [韓国旅行] [ビデオアルバム]
09/08/18
 韓国新幹線KTX(ハイビジョンビデオ) 1分30秒 42MB

BGMはhttp://www.freemid.jp/「著作権フリーの音楽の部屋」より「TRAVEL」です。

ハイビジョンビデオ
1280×720 29.97fps 3500kbps
(画面上でダブルクリックするとフルサイズ再生になります。再生環境は、12M以上の回線とPentium4-2.4GHz以上のパソコンが推奨です。
メンバー限定wmvビデオ
720Pハイビジョンビデオ<回線速度12MB以上推奨>再生画面上でダブルクリックするとフルサイズになります720Pハイビジョンビデオ<回線速度12MB以上推奨>再生画面上でダブルクリックするとフルサイズになります


スタンダードビデオ
576×324 500kbps
(標準スペックのパソコンの場合は、こちらのビデオを再生してください。)
メンバー限定wmvビデオ
スタンダードビデオ<回線速度1.5MB以上推奨>スタンダードビデオ<回線速度1.5MB以上推奨>

コメント表示(0)


記事No.=1155200 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/17
 アンニョンハセヨ〜 韓国旅行一日目

今朝はヒッキも5時半過ぎに起きて旅支度。横浜へ向かい、そこからネックスで成田へ。
ヒッキは早起きは得意なので、ぐずることもダラダラすることもなく助かりますが、案の定、嬉しくなりすぎて、混雑する横浜駅でちょこまかして、パパにまで叱られ泣いていました。先が思いやられます。

朝食は横浜駅でサンドイッチなどを購入し、ネックス車内で食べました。
ヒッキはママのミックスサンドの大半を食べてしまったからか、「ママ、これあげる」と、ウィンナーをちぎって分けてくれました。ありがたいのか???

そういえば、先日のキャンプでA配られたお菓子を食べないで持ち帰ったので、「バス、気持ち悪くなった?」と心配すると、「ううん、このお菓子、美味しいから、パパとママにも分けてあげようと思って持って帰ってきたの」と発言しました。悪戯だし、調子に乗りすぎてハメをはずすけど、心底優しいんだよね、ヒッキは・・・。


ネックスの車窓から、幼稚園が見えました。そしてヒッキのマンションもほんのわずかだけど・・・。



空港にて。重たいのに荷物を持ってくれました・・・というかやりたがりです。そしていたずら小僧の笑顔、重たいのにパパの荷物に連結させて、にやにやしています。



出発前にジィジに行ってきますのお電話。

成田のメインターミナルからサテライトに向かうシャトル。
今回は本当にたくさんの乗り物に乗ります。




機内から、窓の外に広がる景色。
飛行機が離陸してしばらくすると、雲の中をどんどん通過して、雲の上に出ました。そのときの様子を撮影したかったのですが、離陸中は電子機器使用禁止なので断念。
ヒッキも窓に張り付いて「うっわぁ〜きれいだね〜」を連発していました。

機内食。
ヒッキのはあらかじめ予約しておいたチャイルドミールで、卵のサンドイッチです。
どう見ても、ヒッキはママの分をほしがるに決まっています。


釜山空港に到着したのが13時10分。
入国審査や税関検査もスムーズに済みました。
空港出口から外に出て、リムジンバス乗り場の道路から1本隔てた通路に列を作っていた黒塗りのタクシー(模範タクシー)の先頭の方に進み、タクシーに乗り込んで、ロッテホテルまで無事着くことができました。
釜山空港から四面のロッテホテルまでタクシーで約30分の道程で、料金は21700ウォン(約1700円)ほどでした。時刻は午後2時でした。

26回からの眺望。ヒッキは勝手にイスを移動させて、窓の外を眺めながらおやつタイムを楽しんでいました。


ホテルで一休みした後、地下鉄で釜山駅に行き、インターネットで予約しておいた明日のKTX(韓国の新幹線)の切符を受け取りました。
釜山の地下鉄は、切符の自動販売機も日本語表示を選択するボタンがあったり、車内のアナウンスも日本語があったりして、日本人にとっては利用しやすい交通機関です。
また、四面駅や釜山駅の自動販売機の近くには、日本語を話せるボランティアのガイドさんがいて、道案内をしてくれたり、切符の買い方を教えてくれたりして、なかなか親切な街でした。

KTXの切符は、釜山駅の3階にあるチケット売り場の窓口に行き、プリントアウトしておいた予約確認書とパスポートを提示すれば、駅員さんも親切に英語で対応してチケットもスムーズに発券してくれました。

構内案内と、おふざけヒッキ。




そしてトーマスのまね。




KTXのチケットを受け取った後、さらに地下鉄でチャガルチ市場へ。

コメント表示(0)
記事No.=1155100 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/17
 チャガルチ市場

チャガルチ市場は、アジアでも有名な海鮮市場ですが、今夜はここで刺身定食にトライする予定です。





駅から市場に行く途中も、様々な物が山積みで売られていました。




このお魚、拡大するとわかるのですが、水をビュンビュン吹きかけてきて、ヒッキは大喜びでしたが、危うくズボンがビチョぬれになるところです。



これもまた、へんてこな生き物・・・いったい何???
ママは遠慮したいところですが、お店の人がヒッキに握らせてくれました。
ギュッとつかむとお水がピューっと出ます。ここでヒッキのいたずら心に火がつきます。なんと、お店の人めがけて水鉄砲のように水を放射!油断も隙もありません。
でも、お店の人はいい人で、ヒッキにおしぼりを渡してくれたり、おまけに茹でたトウモロコシまでくれました。

※後で調べたところ、この得体の知れない生き物は「海ミミズ」というそうで、生でお刺身にして食べるそうです・・・


チャガルチ市場では、釜山ナビでも紹介された渡辺屋へ。
2階へ通じる中央階段を上がったところの天井に「渡辺屋」という看板がかかっていました。



注文したのは養殖魚の刺身(30000ウォン)というメニュでしたが、山盛りの刺身に、たくさんの副菜やサンマの塩焼きが付き、さらに最後はアラ汁とご飯が出てきて、ヒッキを含めた3人分の食事の合計料金が32000ウォン(2500円くらい)でした。日本に比べると、たしかに安いです。

「うま〜い!」とヒッキ。

←あら汁。

→窓からの景色(ヒッキ撮影)


地下鉄の改札。どうしてもやりたがり、ついにヒッキの分の切符も購入させられていました。






ロッテホテルはデパートが一緒になっているので、帰り道に買いものを。
知り合いに聞いていた、韓国で話題のおやつ。
それから飲み物を購入、トウモロコシ茶です。




表面はメロンパンのような生地でコーヒーだかメイプルの様な味。中はバターがとろけて甘い生地の中でほんのり塩味。
ヒッキが寝てからお夜食にいただきました。
興奮続きのヒッキは9時半頃まで寝ずにハイテンションでした。

コメント表示(0)
記事No.=1155000 [韓国旅行] [サブカテゴリなし]
09/08/17
 韓国旅行2009 プランニング

 ヒッキとパパの分を合わせて5万3千マイルほど貯まったJALのマイルの一部が、今年の秋に有効期限となるため、特典航空券として使うことにしようと考えたのが6月中旬。
 3人分の特典旅行として行ける範囲は、国内線で行ける範囲の沖縄(那覇)や、国際線の韓国(特典航空券に必要なマイルは一人1万5千マイル)。
夏の沖縄も魅力的でしたが、8月になると台風の心配が出てきたり、那覇から沖縄本島の中部や北部のリゾートエリアへの移動手段を考えると、どうしてもレンタカー代が余計にかかることになります。また、夏休みシーズンの沖縄のホテルは、料金も跳ね上がってしまい、いくら航空券が無料でも、結局高くついてしまう計算。(沖縄のホテルって、なんであんなにバカ高くなってしまうのでしょうね。)
 3人分全てを特典航空券にしなくても、たとえばパパとママの航空券を特典航空券にして、ヒッキの分は小児運賃の航空券を購入して、グアムや香港に行くという選択肢も考えられましたが、ヒッキに尋ねたところ、「韓国ならパパの大好きなキムチが食べられるし、ヒッキも韓国はまだ行ったことがないから、韓国がいいよ」という答えでした。
 そこで、旅行費用も安く済む韓国に行くことにしました。
 どうせ旅行するのなら、ソウルを単純往復するのではなく、ソウルと釜山を周遊して、5年前に開通した韓国の新幹線(KTX)に乗るようなコースも面白そうです。
 それにしても、JALのマイルは家族間で合算できるため、中途半端に貯まったマイルもうまく活用できるのがいいところです。

 さて、ソウルは都心に比較的近い金浦空港と、都内の羽田空港の間に定期路線があるため、これを利用すれば、仁川空港や成田空港を使うより便利です。
 JALの発着時刻表や特典航空券の空席状況を調べて、次のような旅程にすることにしました。

 8月17日 11時10分成田発 13:10分釜山着 JAL
 8月18日 12時00分釜山発 14:54分ソウル着 KTX
 8月19日 ロッテワールドで遊ぶ
 8月20日 11時50分ソウル金浦空港発 13:55分 羽田着 JAL

 釜山のホテルは地下鉄四面駅に直結しているロッテホテル、ソウルのホテルは3日目にヒッキを遊ばせるためのロッテワールドに直結しているロッテホテルワールドを、楽天トラベルから予約しました。(1泊1部屋1万2千円程度)

 KTX(韓国の新幹線)のチケットは、以前は韓国在住の人しか予約ができませんでしたが、2008年夏から、インターネットで海外からも予約ができるようになりました。
韓国鉄道公社ホームページから「English」を選択して、「Booking」ページに進むと、乗車する日にち、時刻、人数を入力し、空席のある列車を選択して、最後にクレジットカード情報を入力することで、列車の予約ができます。(KTXだけでなく、在来線のセマウル号、ムグンハ号の指定席も予約できます。)
予約の手順は、このページに詳しく載っています。
 予約の際、代表者のパスポート番号、氏名を入力する欄がありますが、これが予約番号として使用され、後日、予約のキャンセルをホームページから行ったり、駅の窓口でチケットを発券してもらう場合に使われます。
 また、パソコンのシステムによっては、予約操作に先立ち、画面に表示された韓国のセキュリティプログラムのインストールをする必要がありました。
 さて、実はこのKTXを予約する際、ちょっとしたトラブルが発生しました。
 乗車する日にち、時刻、人数、列車を選択し、最後のクレジットカード番号の入力まで進みましたが、何度操作しても、その後の予約確認の画面が表示されず、電話で係員に連絡して欲しい、というメッセージが表示される状態でした。
 仕方なく、ホームページに記載されていた問い合わせ先に英語のメールで問い合わせたところ、3時間ほどで返信があり、セキュリティソフトの影響があるかもしれない、ということでした。
 そこで、普段パソコンに常駐してあるウィルス対策ソフトの機能を停止して、再度予約操作を行ったところ、今度は、問題なく最後の予約確認の画面まで進むことができました。
 さて、調べてみると、KTXはソウルと釜山の間408kmを最高速度300kmで走る新幹線ですが、一般車両の座席は路線バスのように狭く、特室(1等車)は3列席で座席間隔も広くてゆったりしている、という評判でした。(その他、ソウルの龍山駅から光州方面に行く列車もあります。)
料金は、ソウル・釜山間の特室が約5100円で、日本の新幹線に比べると料金もかなり安いため、今回の旅行では特室のチケットを予約しました。

コメント表示(0)