[帰省(盛岡)]記事一覧


記事No.=1800400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
15/01/01
 元日スキー(盛岡2日目)


コメント表示(0)


記事No.=1799400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/12/31
 帰省(盛岡1日目)

大晦日からの帰省です。今日の東京駅は、今までで一番くらい混んでいました。お弁当を買うのも一苦労。
でも、旅の楽しみの1つ!ヒッキはお寿司系、ママは今半のすき焼き弁当。



小杉は穏やかな天気でしたが、途中からうっすら雪景色。今年は北国は大雪のようでニュースでも取り上げられていました。
盛岡駅に到着、覚悟していたより雪が少なく、ヒッキはスキーができるかどうかが気になって仕方ありません。


パパの実家につくと、ジィジが待ってましたと、ヒッキと一緒に神棚掃除。
お手伝いになるのかしら。




夏に帰省した時に、ジィジの誕生会をしたので、今回はバァバにプレゼント・・・・2月ですけどね。


コメント表示(0)


記事No.=1754900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/08/16
 盛岡4日目 帰京

午前中はのんびりと、ヒッキはジィジに、夏休みの宿題の詩の書き方を教えてもらっていました。いい詩を書くには、たくさんの詩を読みなさいって。そうすれば自然といい詩が書けるようになると。

お昼過ぎの新幹線で帰京。


車内おやつ用に買った、タルトタタンのチーズケーキ。
タルトタタンは盛岡で有名なケーキ屋さん。とても濃厚で美味しかったです。





駅弁もチーズケーキも食べ終わると睡魔が・・・。
ヒッキはパパを乗り越えて、どうしてもママのお膝で寝たい様子。
大きな赤ちゃんです。

コメント表示(0)


記事No.=1754600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/08/15
 盛岡3日目 手作り村とお誕生日会

今日は朝からかなりの雨。小岩井農場に行くのも無理そうだし、予定もいろいろ混み合っているので、比較的近い手作り村に行くことにしました。体調が優れないジィジは留守番すると言っていましが、ヒッキの「一緒に行こうよ」攻撃に、同行してくれることになりました。
前に行った時は吹雪の中だったので、がら空きでしたが、今回はみんな考えることは同じのようで、激混みでした。人気の南部煎餅体験などは長蛇の列。

とりあえず、お昼ご飯の確保のために盛岡冷麺体験を予約。それを待つ間、ヒッキはキャンドルとクレイ人形作りの体験を。可愛くできました。




その後、冷麺作り。みんなで粉からこねて、製麺機に入れ、切って、洗って、




トッピングして完成。美味しくいただきました。






帰宅後、和子バァバが遊びに来てくれて、百人一首やトランプをして遊びました。
その後はジィジのお誕生日会。本当は2日ですが、せっかくなので帰省に合わせて待ってもらいました。
帰り道に買った、ケーキに、8と2のローソクを立てて、おまけの花火ローソクも点火。


その後2階に移動して、ヒッキのピアノ伴奏に合わせて、ハッピーバースディを歌って、プレゼント贈呈。そして恒例の音当ゲームをして楽しみました。
ヒッキはピアノを習っているだけあって?百発百中でした。



今年は雨で花火はできなかったけど、ジィジも喜んでくれて、何よりでした。


コメント表示(0)


記事No.=1754300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/08/14
 盛岡2日目 遠野へ

盛岡2日目は、和子バァバのお宅へお邪魔して、おじさんのお仏壇にお参り。
ヒッキは珍しい黒電話に夢中。わざわざじぃじのおうちにかけていました。
そして盛岡名産のお菓子をたくさんご馳走になりました。中でも甘いお茶の「九重」が気に入って買って帰りたいと。


その後、ヒッキとパパとママと三人で、遠野観光へ。
途中、JR釜石線の橋梁、「めがね橋」に立ち寄りました。ここは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになったと言われています。夜だったらもっと雰囲気出たかも。

土日のみ運行されています。残念ながら日程があわず、乗れませんでした。






いよいよ遠野に到着。駐車場に停まっていた観光バス。
さて、かっぱは捕獲できるかな??




まずは腹ごしらえ。
伝承園定食。ひっつみ汁と、けいらんと呼ばれるお団子付き。中にこしあんが入っていました。




かっぱを捕るには、かっぱになってみました。






伝承園にて。
カイコ体験。さっき食べた「けいらん」に似ていますが・・・写真アップにすると、中のさなぎが見えます(ギャー)




語り部の昔話が聞こえてきたので、入ってみると・・・
お人形さんの横にスピーカー・・・・・。
本物の語り部さんのお話を聞くには、予約制で5000円必要です。以前来たときは、本物の方が無料で語ってくれていましたが・・・やはりお年なのと、語り部さんの人数も減っているのでしょう。


いよいよかっぱ淵へ。
かっぱさん、いるかなぁ〜。




二代目かっぱおじさん。本当は捕獲許可証がないと、捕っちゃいけないんだけど、「忘れた?忘れちゃったのね??」と何度も聞いてくれて、きゅうり付きの釣り竿を貸してくれました。この許可証は伝承園で購入できます。



昨日は現れたらしいですが、今日はどうかな???




帰宅して夕食後、おうちの近くの岩山という山に、星空を見に行きました。星空も綺麗でしたが、展望台に登ると眼下に盛岡市街の夜景が拡がっていて、とても綺麗でした。遠く、安比高原の花火もかすかに見えて、星とイルミネーションと花火という、贅沢な夜景を楽しみました。
ママは流れ星まで見られました。

コメント表示(0)


記事No.=1754000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/08/13
 盛岡帰省1日目 記念撮影

親子・・・。




今日から3泊4日で盛岡帰省です。
東京駅は激混みでしたが、今回は一度改札を出て、大丸の地下でお買いもの。
構内の混雑に比べたら、ゆっくりお弁当も選べました。



駅近くでレンタカーを借りて、パパの実家へ。
すぐにお墓参りに。
こちらの人は本当に、老いも若きも、茶髪のヤンキー兄ちゃんも、ちゃんとお墓参りに来ていて、偉いなぁと感心。
ヒッキも水桶を持ってお手伝い。



その後イオンモール内にあるスタジオアリスへ。
前回ヒッキが日吉店で写真を撮った時に、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に!という割引券をもらったので。




ついでにヒッキ一人の写真も。
いつまでポーズ付けて撮ってくれるかしら?




さて、おじいちゃん、おばあちゃん、喜んでくれたかしら??
撮った中で一枚、写真立てに入れてプレゼントしてくれます。
パパとママも入った家族写真をヒッキがセレクト。後日できあがります。


同じイオンモール内に、恐竜が!!
まだまだこれで喜ぶんだなぁ。







コメント表示(0)


記事No.=1680700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/01/02
 盛岡帰省4日目 帰京

盛岡最終日、今朝も寒い朝です。
午前中に和子バァバが遊びに来てくれました。
百人一首とトランプで遊びました。




いつもはお昼を挟む新幹線に乗りますが、今回は帰りも混んでいて夕方の新幹線です。
夕ご飯用の駅弁を、それぞれ好みの物を買い車内に。しかし、盛岡で連結する秋田からやってくるこまちが、雪のためか盛岡手前で止まって、なかなか出発できず。
結局30分遅れでようやく出ました。


ママの夕ご飯。平泉、うにとアワビ!
パパは岩手牛のステーキ、ヒッキはカニごはん。みんな少しずつおかずを取り替えて、美味しくいただきました。


パパと楽しそうにおしゃべりのヒッキ。
電気経路について、あーだこーだ話していました。
車内販売のアイスも買ってもらって大満足のヒッキです。

家に着いたのは7時過ぎ。お疲れ様でした。


そういえば、今回見つけた日本酒。
喜八ジィジにお供えしましょう。きっと喜ぶことでしょう。

コメント表示(0)


記事No.=1680400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
14/01/01
 盛岡帰省 3日目

あけましておめでとうございます。

目が覚めたら、一面雪景色。かまくらを作れるほどではありませんが、少しは雪国気分。

ヒッキの朝のお仕事。神さまにお雑煮をお供え。
仏壇にもちゃんと般若心経を唱え、新年早々、信心深いヒッキです。



今日は朝食後、近くの神社に初詣に行き、そのままヒッキの買い物に。
ジィジに「滑るから危ないよ」って。どんどん頼れるようになっています。


年末のスキー合宿に着せたウェアが、小さくなったのでサイズアップです。年長になる年の冬に120を買ったので、まぁ3年は着たかな。今回はなんと150を購入。20センチ調節できるので、ちょっと大きめだけど、長く着れるかな。
東京で買うより、盛岡の方が種類も豊富だし、何より安いのです。でも結局ジィジに買っていただくことになり・・・すみません・・・。

帰宅後、玄関前雪かきをパパがしていたら、気づいたヒッキ、一目散に出て行きました。そしてパパと雪だるま作り。
秀作がいくつもできました。


すいとん粉で作ったからか、皮がちょっと固め。やはり小麦粉か白玉粉の方がいいのかな。





パパにも手伝ってもらって玄関前に。
ライトアップすると、なんか恐いねって言うと、泥棒が来なくていいじゃーんて。







その頃バァバは・・・まめぶ汁を作ってくれていました。






そして今夜も、百人一首とトランプで遊びました。
百人一首は、年明けのヒッキの百人一首大会に向けて、特訓です。


初詣の際、ヒッキが引いたおみくじは中吉。ママは吉でした。

コメント表示(0)


記事No.=1679400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/12/31
 盛岡帰省 2日目

<日だまりに 孫と墨する 年の暮れ>



今日は大晦日ですが、朝からジィジにお願いして、書初めの練習。
学校では墨汁を使うので、墨はすりません。墨をするところから手ほどき。
いい音とにおい。ママは墨をするのが好きでした。
まさしく手取り足取り。


そして今日は和子バァバが来てくれました。
そして今日もお楽しみ会が開催されました。昨日とは違うゲームが用意されていました。



その後みんなで年越しの夕ご飯をいただき、百人一首をして楽しい時をすごしました。

今年の紅白は、ヒッキも大好きなあまちゃんが出るので、夜更かししてみていました。

ヒッキに言われてタオルを振り回すパパ・・・。

コメント表示(0)


記事No.=1679100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/12/30
 盛岡へ 帰省1日目

盛岡に向かいます。
なんとかあれこれ間にあいました。部屋の掃除はパパの仕事やヒッキの学校が始まってから、ゆっくりやります。




東京駅に早めに行き、新幹線内で食べるお昼を調達。
ママは先日テレビで見た、売り上げナンバー1という「イベリコ豚重」と、同じくテレビで見た、グランスタ限定の「ヒレカツとたまごのポケットサンド」を、どうしても食べてみたくなって、パパと半分こ。両方激うまです。

まだ少し時間があったので、お菓子ランドへ。揚げたてポテトチップ。こちらも期間限定ロイズのチョコがけ。




盛岡へははやてで向かいますが、今回は混んでいたので、いつもより時間がかかる、のんびりはやでです。ママは準急はやてと名づけましたが、仙台から先が各駅になります。いつもより30分多くかかります。
なので・・・ずっとしゃべっているヒッキに、お昼ねをしないと、夜遊ばないで8時に寝なさいって言うよと言ったら・・・あっけなく寝ました。やはり、スキー合宿明けで、疲れているのでしょう。
ママもパパものんびり昼寝ができました。


途中、福島過ぎはうっすら雪景色になりましたが、盛岡駅では雪なしで、ヒッキはガッカリしていました。
帰省中に降るといいね。




パパの実家に着くと、お正月の準備を手伝いました。







夜はジィジとバァバとパパとママを招待して、お楽しみ会。今夜はビンゴゲームとあみだくじが用意されていました。百均で買った景品も用意されていました。
企画、準備、買出し、司会進行・・・一生懸命考えているんだろうねぇ・・・大人たちは眠いけど、みんな頑張ってお付き合いしました。

コメント表示(0)


記事No.=1635800 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/08/19
 帰京 

今日は川崎に帰ります。
午前中、和子バァバが遊びに来てくれました。
ヒッキの宿題の、百人一首20首暗記のため、みんなでカルタ取り。
覚えさせるために、ヒッキが読み手です。たどたどしいけど・・・。



お昼過ぎ、E5系新幹線はやてに乗って帰京です。
ヒッキがかぶっているのは、バァバの手作りの帽子。ヒッキの好きなネコ模様。


百人一首を覚えたり遊んだり、パパにアイスをおねだりしたりして、無事に川崎に着きました。
夏休みもあと2日、自由研究は終わるのかなぁ・・・。

コメント表示(0)


記事No.=1635500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/08/18
 久慈〜三陸鉄道お座敷列車の旅

ホテルのバイキング朝食にも、まめぶ汁が出ました。
ヒッキが言うには、昨日のより甘かったって。




8の日は朝市が立つというので、のぞきに行きました。
新鮮なお魚や貝類、野菜などが安く売られていましたが、朝から買っても悪くなっちゃうかな〜。


今日は12時36分発、久慈から田野畑まで、陸鉄道お座敷列車、一時間の旅です。一ヶ月前に指定席が発売になり、同時にウニ丼など車内で食べるお昼も予約できます。アワビも入った丼もありましたが、やはりここはウニ丼でしょう。

午前中、暇なので駅近くを散策。海女レーヌや、観光協会のおじさんがこっそり教えてくれた、じぇじぇのはんこなどを買ったり、



駅などで記念撮影。





乗車時間が近づいたら、いつの間にかたくさんの人が!!
特別に4両編成になっていて、最後の青い列車がお座敷列車です。



パパ!早く早く!!って大興奮!





車内の様子。冬はこたつ列車です。
なんと、NHKの取材が!!「スッキリ」に続き全国デビュー?




発車ベルを押せる権利をじゃんけんで・・・あっさり負けましたが。
久慈駅の駅員さん、サービス満点です。たくさん手を振ってくれました。



少しすると・・・キター!!ウニ丼販売です。
チケットと同時に予約、車内で配られます。1つ1300円ですが、これだけ贅沢にウニが乗っていたら、大満足!お味もサイコーです。
ヒッキが満面の笑顔を向けているのは・・・


ビデオカメラ。ヒッキが笑顔で食べるところと、ママがウニ丼を開けて中身を見せているところところをズームアップして撮っていました。

ヒッキが聞いてきたことには、外国人向けに日本を紹介する番組らしいです。(世界デビューか!!)
もしかしたら、9月14日に放送するかもって・・・。


楽しく過ごす車内ですが、車窓から海岸を見ると・・・津波の被害で倒壊したままの防波堤がそのままです。


途中の堀内駅で2分の停車。
「アイドルになりたーーーーーい」

と、鉄男子たちが叫んでました。


そしてここは、夏ばっぱが大漁旗を振っていた海岸です。




1時間弱の短い旅でしたが、景色もサイコー、ウニ丼もサイコー!

田野畑駅に着き、ここからが長い盛岡までの帰路です。



田野畑からはまだ復旧していないので、まずは代替バスで小本まで。
バスの車窓から見えたのは・・・『平井賀川の水門』です。
三陸鉄道と同じデザインで塗装されています。震災で電車が取り残されていたのかと思いましたが。でもやはり津波はかぶったようで、あちこちが痛んでいました。



小本に到着。ここで1時間以上、接続待ちです。な〜んにもない駅ですが、探検していたヒッキが、図書館があるよって。
2階に、募金で作られた図書館が。ヒッキおとなしく絵本を読んでいてくれて助かりました。



有名漫画が集結して書き上げたという、名作漫画のキャラが勢ぞろいした、夢の三陸鉄道999も展示されていました。




小本から宮古までは、なんとかいけつゾロリ電車でした。
I君だったら喜ぶよね〜。



小一時間乗りますが、ヒッキはずっと運転手さんの横にへばり付いていました。
昨年行った宮古近く・・・まだ更地です。




ようやく宮古に到着。
久慈を出てから3時間強。ここから盛岡まで、JRで2時間です。



長い長い三陸の旅でしたが、旬の、思い出に残る旅でした。
一日も早い全線開通と復興を祈ります。
開通したら、また、乗りに来ようね。

コメント表示(0)


記事No.=1635200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/08/17
 久慈〜あまちゃんの旅

今日から一泊二日、パパとママとヒッキの三人で、三陸鉄道お座敷列車に乗りに行きます。
盛岡のおうちから15分くらい歩いてバスセンターに。そこから久慈まで2時間半のバスの旅です。
久慈は盛岡と同じ岩手県ですが、昨年行った宮古や田老よりもっと北です。久慈から三陸鉄道で宮古に向けて南下するのですが、途中、震災の津波のため、まだ全線での運行には至っていません。
大流行しているNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台になっている久慈・小袖海岸も津波の被害はありましたが、復興に向けて町おこしに力を入れています。

2時間半、バスに揺られて11時半近くに久慈到着。





バスの運転手さんが「小袖海岸に行くバスはあっちから出るよ」と教えてくれたので、時間が合えば行ってみようかと、まずバス停に向かいました。バス停は久地駅前。正面には見慣れた建物が!ヒロシ君が顔を出しそうです。

バス停はと見ると・・・すごい行列。大人気です。海岸線の道路が狭いため、30人乗りの小さいバスですが、いったい何台着たら全員乗れるのか・・・我々は2台目にかろうじて乗れました。ヒッキとママは補助席で、パパは一番前でたつことになりました。バスに揺られて30分、小袖海岸に到着です。

海女センター入り口。
そして・・・あの、灯台が見えてきました。




まずはちょっと腹ごしらえ、話題の「まめぶ汁」をいただきました。こちらのお店のは、もちもち感を出すために小麦粉にすいとん粉を混ぜて、一般向けするように甘みを控えめにしているそうです。

初まめぶ!
美味しゅうございました。


※煮干しと昆布の出し汁に、ゴボウやニンジン、焼き豆腐などを加え醤油で味を整えたあと、胡桃(クルミ)と黒砂糖を包んだ親指大の小麦団子を入れて煮込む料理で、この小麦団子を「まめぶ」といいます。岩手県久慈市山形町(旧山形村)発祥の郷土食です。  

クルミを包んだ団子が、『まり麩』に似ていることから『まめふ』と呼ばれ、なまって『まめぶ』と呼ばれるようになった説があります。
また、忠実忠実(まめまめ)しく健康で達者に暮らせるように、との願いが込められているともいわれています。    (久慈まめぶ部屋公式HPより)



海女の実演が行われるポイントに向かうと・・・人、人、人・・・。場所が狭いこともあるけれど、なかなか前に進めません。
この階段、テレビにも良く登場していました。
残念ながら、実演はこの日は一日に三回で、バスの時間に合わず見ることができませんでした。(近くで観るには500円が必要です)
ロケの様子が飾られていました。

この斜面を上がった方に、夏バッパの家や、監視小屋があります。
左の写真は、海女さんたちが「いつでも夢を」を歌いながら降りてくる坂です。


まめぶ汁しか食べていないので、小腹が空いてウニおにぎりをいただきました。
前の堤防の先には、あの、オープニングに登場する灯台です。
上には上れず、下までは行くことができますが、とても混んでいたのと暑いのと遠そうなのとで、写真だけ。


帰りのバスは早めにバス停に行ったので、3人とも座って帰れました。
パス邸では整理券が配られて、30人ずつ一列でバスに乗り込みました。
きっと、すごい混雑で、トラブルもあったんだろうなぁ。
帰りは女性の運転手さんで、おもしろい話や、景勝地を案内してくれました。

その中で「あのドラマがなけれは、一生訪れることがなかった土地でしょう」って言っていましたが、去年行った宮古や田老同様、まだまだ復興に支えが必要でしょう。ドラマを通して、街が活気づき、多くの人が心を寄せることができて、良かったなぁと思いました。

コメント表示(0)
記事No.=1635100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/08/17
 久慈〜琥珀の旅

バスで久慈駅まで戻り、今度はタクシーで久慈琥珀博物館へ向かいました。



琥珀とは、数千万年〜数億年前、地上に繁茂していた樹木の樹脂が土砂などに埋もれ化石化したもので、いわば「樹脂の化石」で、久慈の琥珀は約8500万年前の物です。
ここは日本で唯一の琥珀の博物館で、また、実際に採掘体験もできます。パパは小さいときにやったことがあるみたいで、ヒッキにもやらせたかったみたい。

博物館からマイクロバスで採掘場へ。長靴に履き替えて、シャベルとピックを借りて下におります。


スタッフの指導のもと、採掘開始。
残念ながら、べんさんはいませんでした。もっと山深いトンネルの中にいたのかもしれません。

体験は1時間、高校生以上1200円、小中学生800円、小学生未満は50円です。

もう終わりかけたころ、ヒッキが「これ、そうじゃないかな!!」とスタッフの方を呼び見てもらうと・・・「お〜そうだそうだ!」と!!
もちろんかけらだと思いますが、周辺の土を持ち帰り、一週間くらい外に干して、水につけると綺麗に出てくるとか。一週間後が楽しみです。

再び駅に戻り、おきまりの記念撮影。
そして駅近くに仮施設で再開した、もぐらんぴあへ。

もぐらんぴあも、震災によって、壊滅的な被害を受けました。テレビでおなじみのサカナ君や多くの人々の尽力により、久慈の駅近くの空き店舗を借りて、小規模で期限付きながらオープンしています。


街をプラプラ歩いて、土風館という道の駅へ。
そこで夕ご飯の投げ込み丼を食べました。




今日のお宿。インターネットで探しましたが、どこも満室で、ここだけかろうじて、二部屋に分かれてしまいますが取れました。琥珀博物館からの帰りのタクシーで運転手さんが教えてくれましたが、ここは久慈で一番いいホテルで、宮本信子やキョンキョンも泊まっていたそうです!
パパはシングル、ヒッキとママはツインでお休み。
でも・・・結局ヒッキはママのベッドに潜り込んできて、乗っかって寝ていたので、ツイン一部屋で良かったような・・・・・。

コメント表示(0)


記事No.=1634900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/08/16
 真剣  帰省2日目

朝、早起きしておばあちゃんに絵の具を使わせてもらっていました。




そして野菜ジュース作りのお手伝い。
おじいちゃんが育てたゴーヤ入り。一度は苦くて残したけど、頑張って飲み干しました。




今日は午前中、ヒッキの帰省に合わせて、太刀や槍のお手入れを、刀剣研師の阿部さんにお願いしています。
パパのお家は南部藩の藩士だったので、南北朝から伝わる太刀などが残っています。


まず脇差しから。よくテレビで見るような、打ち粉というものをポンポンたたきます。お手入れは、古い油を拭き取って新しい油を塗るのだそうです。
ヒッキ、持たせてもらいましたが、文字通り真剣な顔、というより、こわごわ・・・。


続いて、槍。
これは参勤交代などの時に使った物らしいです。
本当は長い柄に刺して使います。



いよいよ太刀です。
正式な拵(こしらえ)に入れて持たせてもらいました。
重た〜い!




お着物の着れば良かった〜!!ってわざわざお召し替え。浴衣ですが・・・。
最初の顔とだいぶ違います。キラキラニコニコです。
とてもお行儀良く、お話を聞けました。

今、残っているのはこの3本ですが、もともとはもっとあって、敗戦の時に進駐軍に供出したそうです。



お昼は駅前の盛楼閣というお店で冷麺をいただき、3人で和子バァバのお家へ。おじさんのお仏壇を拝んで、お墓参りも。



夕ご飯後、またまた恒例のヒッキのお楽しみ会。
今回は花火も後に控えているので、短めです。




カラーペンラリー・・・家中に隠したペンを探して、用紙に色を塗ります。誰が早く、多くできるか。





ママが10個全部見つけて1位でしたが、そのほかの人にもヒッキから肩たたきが受けられます。
ヒッキ作曲の「元気君の重音の曲」を披露。




お庭で花火を楽しみました。
近くでやっていた花火大会の大きな花火の、上の方だけ、お庭から見ることもできました。

コメント表示(0)


記事No.=1634600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/08/15
 盛岡帰省1日目

今日から盛岡へ帰省です。
Uターンラッシュが始まるみたいですが、東京発の新幹線は全席指定にもかかわらず、連結部だけでなく、号車内にも立っている人がいるほどでした。



いつものように東京駅でおいしいお弁当をそれぞれチョイスして、車内でいただきます。
その後ヒッキは残っている宿題のお勉強。
今年は夏休みの初めにたくさん遊んじゃったし、その後自由研究に時間を割いているため、ほかの宿題がはかどりません。
まぁそれでも、ヒッキなりにいやな顔もせず、こなしています。


宮古島の日記。
これも写真だけは家で貼っていて、文章は盛岡に着いてから書きました。
おうちについて、おやつをいただいてから、ママと始めて、夕方にお墓参りに行って、
夕ご飯前にパパに付き合ってもらって書いて・・・夕食後、ご馳走様って言ったと思ったら、一人で席を立って別室へ。様子を見に行くと、一人で黙々と書いていました。
早く終わらせて、明日の夜は買ってもらった花火をやりたい一心なんでしょう。
それでも、ほんと嫌がらず、えらいね。
遊びたいよね、本当は・・・。
感想文も書きたい、理科もやりたい、あれも・・・って、ひとつも強制していないけど、「やりたい」って気持ちを消さないよう、うまく導いてあげたいものです。

理科の実験の話を得意げにジィジとバァバに説明するヒッキ。
ジィジが後からママに、「ヒッキはやはり理科に進むのかな。おじいちゃんがヒッキのために残してある本は、必要ないかな」って・・・。
ジィジは国語学者さんです。小学校の校長先生も大学でも教えていたし、国語の教科書や国語辞書も作ったり。
そんなジィジはやはり、本当はヒッキに、国語に進んで欲しいのでしょうね。
実際はまだまだ、わかりませぬから、大切な貴重な蔵書、残して置いてくださいませ。

コメント表示(0)


記事No.=1561300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/01/04
 帰京

ホテルの窓から撮影。






朝ご飯も山盛り食べて




館内ギャラリーを見学。賢治の世界です。






ホテルから送迎バスで盛岡へ。お昼の新幹線で帰京です。

車内でお昼を食べたら・・・眠くなってきたのかママに甘え始め・・・




とうとうママに乗っかったまま寝てしまいました。珍しいこと。







楽しかったなぁ〜と思い出に浸るヒッキ。
今夜は鮭茶漬け。

コメント表示(0)


記事No.=1561000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/01/03
 そり遊び

盛岡に来た日にはほとんど無かった雪。昨日降り続け、お庭にもたくさん。
さっそく除雪お手伝い。





いいなー、パパ。ヒッキも早く除雪車やってみたいなぁ。





玄関側の雪を片付けて・・・





その後お庭に。金次郎さんの雪も払ってあげなくちゃ。






楽しみにしていた「そり台」を作り始めました。





うん、なかなかいいんじゃないかな。
ママもすべっていいよ〜という言葉に従ったのが運の尽き。



小山に登ったとたんに、両足がズボズボ埋まりました。
出ようにも、踏み込むとさらに埋まって・・・なんとか救出され、無事初滑り。


助けてくれたパパも、やっぱり埋まりました。



滑ってみたものの、重さで埋まりました。




おじいちゃんも〜!と孫に頼まれたら嫌とは言えないジィジ。無事成功。



その後も転がったり滑ったりして、午前中いっぱい遊びました。

コメント表示(0)
記事No.=1560900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/01/03
 温泉森の風 

午後、駅で和子バァバと待ち合わせて、鶯宿にある温泉森の風にお泊まりに。
さっそく浴衣に着替えてひとっ風呂。


夕ご飯はバイキング。
食べる、食べる、食べる・・・





「アイスもあるんだな!!」と嬉しそうなパパ。
アイス、全種類おかわりするヒッキ。




夕食会場を後にするとき、出口で見つけた獅子舞のおもちゃ。電気仕掛けで上下して踊ります。
ヒッキ、獅子舞に合わせてダンシング。
おもしろ〜い!!!


お部屋でトランプで遊んだ後で、ホテル内の縁日・お祭りに。




射的。
一人前の格好。
3等をゲット。




その後、お餅つきとビンゴ大会。
つきたい子〜って一番に飛び出していき、大人の番になるとママに行け行けと。ママが突いていると、横切るヒッキ。もっとやりたい子〜と呼ばれ、再び名乗りを上げていました。

ビンゴの時、知らないおじいちゃんの隣りに座っていましたが・・・二人で交流していました。
あの、人見知りのヒッキはどこに行ったのでしょうか・・・。
結局ビンゴは商品ゲットできず。残念。


しかし、最後にじゃんけん大会。勝ち進んだのは、ママ。
ジュース券、ゲットしてあげました。

よかったよかった。

(こんなことで運を使い果たしたくないなぁ・・・ママ)

コメント表示(0)


記事No.=1560700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/01/02
 盛岡手づくり村 その1

昨夜から降り出した雪で、朝にはすっかり銀世界。
もちろんヒッキは大喜びです。近くのファミリースキー場に電話で聞いてみましたが、営業は明日から・・・というので、今日は盛岡てづくり村というところに3人で行くことにしました。
ヒッキはおうちの雪かきをするのも楽しみにしていましたが、ジィジが、戻ってくるまでやらないで取っておくからと約束してくれたので、早めに出かけて遅くならないうちに帰ってくることにしました。

靴が埋もれるほど積もっています。バスセンターまで10分位歩いて、そこから駅前を通って、繋(つなぎ)温泉方面へ40分程です。

駅前もすっかり積もっています。



バスを降りて雪の中を歩いていくと・・・
見えてました。




2階の展示資料室では、チャグチャグ馬コや山車大絵巻が迎えてくれます。

そして裏手の、手づくり体験ゾーンでは、盛岡ゆかりの様々な物産の手作り体験ができます。



まず最初は、南部煎餅作り。
生地を見本くらいの大きさに伸ばします。
南部鉄器の中に挟んで・・・



30秒に一回ひっくり返すこと6回。
ホカホカのお煎餅のできあがりです。
焼きたては柔らかいです。



続いて、お正月企画という、おまんじゅう作り。
あんこと生地をもらって、まずあんこを包み込んでいきます。少し平たくして、絵をつけていきます。どれが誰の作品でしょう・・・。
30分ほど蒸してもらいます。


その間にも、遊び心のあるヒッキは、何かを見つけては楽しんでいました。

さてさて、おまんじゅうのできはどうかしら・・・。


つづく・・・

コメント表示(0)
記事No.=1560600 [きょうの日記2013] [帰省(盛岡)]
13/01/02
 盛岡手づくり村 その2

続いて、盛岡冷麺を粉から作りました。耳たぶくらいの柔らかさまでこねて、生地作り。




丸めた生地を、裁断機?に入れて、スイッチを入れると、おそば状に押し出されてきます。
包丁で穴と水平にカット、熱湯の中に落とします。



茹でて、水でさらして、トッピングです。







かんせ〜い!!
美味しくいただきました。

美味しいんだけど、真冬なので、ちょっとお腹から寒くなってきました。
エントランスで甘酒売ってたね〜ということで、デザートタイム。


甘酒で温まりながら、先ほどの蒸し上がったおまんじゅう。
どれが誰のでしょうか・・・。
ヒッキはパパのを見て、「パパ、つまんなそうだね」って。おまんじゅうの顔がです。
←ママのはヒッキのお顔です。似てるかしら。



もっとやりたいというので、竹細工のたこを。
完成している絵もありましたが、一から自分で書きたいと、DELTAの文字が。
仕上げの糸の調整、ものすごく真剣に見つめていました。

時間も過ぎてきたので、もう帰ろうかというと、南部鉄器の体験もしたいとヒッキ。でもそれはいいお値段だし、時間もかなりかかるし、お持ち帰りではなく、焼き上げてから郵送というので、ヒッキに訳を話して、遅くなると除雪のお手伝いができなくなるから、と諦めさせましたが、寂しそうなので・・・最後におまけの1つ。


手づくり村の建物をあとにして、外に出ると・・・すごい雪・・・。
実はこの先に、新年早々悲劇は待っていました。

行きもバスは一時間に一本。帰りのバスもちゃんと年末年始用の時刻表で調べて、やはり一時間に一本でした。2時34分のバスに乗ろうと少し早めにバス停へ。
しかし・・・いつまで経ってもバスは来ません。

除雪車がものすごい勢いで、雪をはき出しています。
10分、20分と経過して・・・30分経った頃、さすがに耐えられず、バス会社に電話してみました。
すると・・・待っていたバスは、2日までは運休で、3日からですって・・・。
ということは・・・次の3時34分のバスまで待つしかありません。
前のバスに早めに来ていたのと、次のバスは雪のためか遅れ・・・たっぷり一時間半は、雪の中に立ち続けました。
大人でも辛いところを、ヒッキはまだ〜とは言いながらも、ぐずったり文句言ったりせず、ママと遊びながら待ってくれました。途中で、今日はもう雪かきできないねと、自分で言いだし、それでも明日やれるかな〜って。

ようやく乗ったバスも、ショッピングモールや駅前の渋滞で、かなりノロノロ。バスセンターででんでん虫という循環パスに乗り換え、なんとかおうちにたどり着きました。


大変だったけど、ふと見るとヒッキ、除雪車を作っていました。
ほんと、朗らかな子で助かります。

コメント表示(0)


記事No.=1560400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
13/01/01
 あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

早起きヒッキは、初日の出を見ると言って6時前に起きましたが、盛岡のおうちは普通に住宅街なので、見られないんじゃないかなー。
神棚にご馳走をお供えして、今年もお守り下さい。
パパはまだお寝坊なので、パパの弟の敬おじちゃんと。

パパ、起きてこないかなー。
大人は忙しいので、一人でコツコツプラレールとレゴを合体させて遊んでいました。

盛岡のお雑煮。
いくらとアワビと、数の子も入っています。


みんなで元朝参りにお出かけ。

ヒッキ、何を嬉しそうにしているかというと・・・



神社に行く途中で、パパと雪合戦が始まりました。



大人げないパパ、ヒッキ顔面直撃です。
まぁ、それも楽し。



おばぁちゃん、助けて〜。
はた迷惑な・・・。



おとなしく、ちゃんと拝んで・・・
今年も大吉でした!!
「春の盛りの楽しいように、上吉の運に向かいます」ですって。
欲張らず、健康で、穏やかに過ごせますように。



今夜もまたご馳走。
大間のマグロ!
バァバが年末、青森の市場まで買いに行ってくれました。



そして今夜もまた、ヒロキコンサートが・・・
お絵かき大会と・・・




指揮者大会・・・

おつきあい、ご苦労様です。

コメント表示(0)


記事No.=1559400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/12/31
 盛岡帰省一日目

今日から盛岡へ帰省です。
相変わらず東京駅は激混みです。





車内ではパパと無線のお勉強。
頑張って免許とるんだって。

アイス買ってもらったよ〜。ママもね。




福島を過ぎても雪景色にならず・・・盛岡の雪も駅に着いたときはほとんどなくて・・・残念。
でも夕方からしんしんと降り始めました。
盛岡のおうちに着くと、神棚のお飾りやお正月準備のお手伝い。


百人一首をしたり・・・




夜には和子バァバもいらして、みんなでお食事。
盛岡のおうちでは大晦日にもご馳走です。神様をお迎えだからね。



そして今年もヒロキコンサートが開催されました。




パパとピアノを弾いたり・・・飛び入りでジィジがハーモニカを演奏してくれました。



雪、ふれ〜と騒いでいたヒッキの願いが届いたようで、夜中に随分降り積もりました。

コメント表示(0)


記事No.=1516700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/08/22
 盛岡5日目 帰京

今日は家に戻ります。朝、荷造りをしていると・・・ピンポーンとお客様。和子ばぁぱでした。今日のお昼を一緒に食べましょうっ言ってくださったそうですが、午前中に帰ってしまうので・・・。
ヒッキは、「和子バァバも駅まで一緒に行こうよ。だって和子バァバを乗せるために、大きな車借りたのに」なんて言うもんだから、和子バァバ、喜んだだろうなぁ。

駅に行くと、9月のお祭りのための山車が展示されていました。
義経です。




そして、ホームで新幹線を待っていたら・・・入線してきたのは、なんと、はやぶさ車両!!




喜ぶヒッキ。
先頭車両まで走っていって写真撮りました。



危ないから、もう乗りなさいって。
じゃあ、またね〜。




お弁当食べて、デザートのアイスを食べて・・・
東京駅に着くと・・・




楽しい車両が。
どこに行くのかしら。



「だれかのために」というお水。
駅の売店で購入した物ですが、これは岩手の高校生が、自分たちにもできることはないかと考えて、販売にこぎつけた物だそうです。売り上げの一部が被災した方々に寄付されるそうです。


今回の帰省、被災地を歩いたヒッキに、何かしら残る物があるといいなと思います。

コメント表示(0)


記事No.=1516400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/08/21
 盛岡4日目 ご法事

今日はヒッキの曾おばあちゃん、パパのおばあちゃんの十三回忌のご法要です。

みんながバタバタ忙しく用意をしているので、お暇なヒッキは・・・ママの帽子をかぶって見せに来ました。キャディさんみたいね。





お寺について、ヒッキも法要の準備を手伝ってくれました。
パパと一緒にお焼香もきちんとできました。
が、立ち上がってお客さんに一礼するのにこちら側を向いたヒッキ。ふと見ると、ズボンのベルト通しのおへそのあたりに、扇子を横一文字に乗せていました。(ベルト通しの所に引っかけて、横に渡す感じ・・・)ママ、目が点で、吹き出しそうになりました。

お墓にも南無南無・・・





おじいちゃんのお姉さんや妹さんが集まり、みんなで会食。
また、皆さんから「お盆玉」をいただき申し訳ないです。
チヤホヤされ、ハイテンションのヒッキ。


ひたすらうるさくて、夜にはママに叱られて、持参したコラショやピアノの練習を言い渡され、泣きべそでやっていました。

コメント表示(0)


記事No.=1516100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/08/20
 盛岡3日目 恒例ヒッキコンサート

昨日は遠出をしたからか、明け方起きたのでトイレに行かせて二度寝させたからか、ゆっくりお目覚め。
ジィジと一緒に朝のお勤め。



朝、ヒッキはお庭でジャガイモ掘り。





パパも手伝わされて・・・大収穫。





バッタもいたよ。






明日のご法事のために、お買い物や、お墓に行ってお掃除をしました。ヒッキが率先してお手伝いしてくれるので、ジィジも助かると言ってくれました。





夜は和子バァバも誘って河童すしに行きました。
あれこれうるさいので、ママに叱られます。落ち着いて食べられない・・・。
お味噌汁と茶碗蒸しも食べ、7皿も食べました。



和子バァバを送り届け、家に戻ると、恒例になったヒッキコンサートが始まりました。出かける前に一人で用意をしていました。重たいソファを動かしたり、プログラムを考えて、メモに書いて、ピアノの練習もして・・・


みんな、眠さとの戦い中。
それでもパパもバァバも、おつきあい・・・
またまたヒッキの楽しい夜は更けていきました。

コメント表示(0)


記事No.=1515800 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/08/19
 盛岡2日目 被災地宮古・田老へ

今日は津波の被災地である宮古・田老地区へ行きました。
震災から一年半近く経とうとしているのに、まだまだ被災地に津波の爪あとは残されています。

コメント表示(0)


記事No.=1515500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/08/18
 盛岡へ

今日から盛岡に帰省です。
普通はお盆に帰りますが、今年はパパが合宿だったので、日をずらして。

お昼前の東京駅。お弁当を駅地下で購入。





盛岡駅にて。
家に行く前に、まずはお墓参り。
ヒッキも重い桶を一生懸命に運びます。
パパの弟さんにも可愛がってもらってます。



さっそくお手伝い。
広いお庭に水やりです。





夕ご飯。何でも美味しそうに食べて、喜ばれるヒッキでした。

コメント表示(0)


記事No.=1441000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/01/03
 帰省4日目 帰京

盛岡最終日。
新幹線の時間まで荷造りやおやつを食べてのんびり。





はやてとこまちが連結して、出発です。
ばいばーい!!またくるね〜!!!!



東京まで2時間半。
少しも寝てくれないヒッキは、パパの膝に乗っかって、ママにもべたべた。
赤ちゃんの頃の、おっぱい飲んでねんねしてくれていた頃の方が楽だったなぁ〜。
それでも、DSとか、ゲームはまだ与えたくないからね。

コメント表示(0)


記事No.=1440700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/01/02
 帰省3日目 初詣

今日は午前中、のんびりと初詣に出かけました。
昨日降った新雪に、足跡をつけていきます。




行く道々、積もった雪に大はしゃぎのヒッキ。ジィジやバァバに雪をぶつけて一人で喜んでいました。


まずは「桜山神社」お参りして、熊手を買って、おみくじもしました。
ヒッキは大吉。ママは吉。いい一年になるかな。



でも、その後お参りに行った盛岡八幡様で、1円玉が浮かんだら幸福になるというのにチャレンジしましたが、残念ながらヒッキの1円玉は沈んでしまいました。勢いつけすぎなのが敗因です。


ここでの一番の楽しみは、お参りより、わたあめを買うこと。毎年ここでジィジに買ってもらっています。
今年はジィジも自分の分を購入。ヒッキはトミカの袋、ジィジはAKBです。


帰宅後、玄関前の雪かきのお手伝い。例年と違って雪の量が少なくて、除雪機を出すほどではないので、男子三人で力仕事。汗びっちょりになっちゃったよ〜。

「お手伝い大作戦」の宿題。じぃじに雪かきのコメントを書いてもらいました。




夜はみんなで百人一首。去年よりヒッキはたくさん取れるようになっていて、ヒッキとパパチームが三連勝しました。

コメント表示(0)


記事No.=1440400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
12/01/01
 かみさまへ感謝状

あけましておめでとうございます。
お正月最初のお手伝いは、神様にご馳走をお供えすること。男子のお仕事です。



数日前、ヒッキは神様にお手紙を書いていました。ママにも中身は内緒。
神棚にお供えしていました。


「かみさまえ もりおかはひがし日本大しんさいがあったとき ひじょうにゆれがはげしかった中で 生のこったのでこれをさしあげます これからもよろしくおねがいします」
言葉は拙いけど、盛岡のジィジやバァバ、おうちが無事だったことに、感謝している気持ちは伝わります。

仏様にもきちんと手を合わせ、ジィジと一緒に般若心経を唱えていました。





今日はお出かけもせず、おうちでまったり。すべてヒッキのペースで進みました。
午前中、ヒッキの特別コンサート。

体操をやらされたり、お絵かきタイムがあったり・・・





午後からはバァバがお相手。葉っぱに墨を塗って押し絵。ついでに書初めも。



今年は雪が少ないのですが、午後からしんしんと降り始めました。




夕食後、またまた夜の部のコンサート開始。(しつこい)
午前中のお絵かきタイムで一番上手だったジィジの表彰式。ヒッキが表彰の曲を奏でています。


最後にパパが虹の彼方にを弾き、ヒッキが聖者の行進を弾き、幕となりました。お付き合いご苦労様。


お休みタイム。ママにべたべたしている所を、パパに撮られました。

コメント表示(0)


記事No.=1439400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/12/31
 帰省1日目 ファミリーコンサート

今日から盛岡に帰省です。東京駅は激混み。よくヒッキがはぐれなかったと思うほど。
新幹線ホームに行くと、乗車する「はやて」に「つなげよう、日本。」の文字が。向かいのホームの「とき」には「がんばろう日本、がんばろう東北」の文字。
まだまだ・・・いろいろな思いを抱えて帰省する人たちもたくさんいることでしょうね。

盛岡駅到着。はやぶさに乗りたかったなぁ。




盛岡のおうちに着くなり、ヒッキは大切にもってきた(ママに持たせてきた)バックをバァバに渡していました。中身は先日学校でつくったプレゼント、お花とお手紙です。
「おばぁちゃんへ。よくおじいちゃんおばぁちゃんちにいくときに、ごはんをつくってくれたりしてくれてありがとう。こ年もよろしくおねがいします。」


それから、盛岡のおうちに飾ってもらっている、ヒッキの夏休みの理科の作品をジィジと鑑賞。
どんなに大変だったかの説明。


その後、和子バァバもやってきて、みんなでお年越し。ヒッキも盛り付けのお手伝い。きんとんを絞っています。




和子バァバからのおせち料理、バァバがわざわざ青森の「八食センター」という市場まで買出しに行ってくれたお刺身三昧。
盛岡から八食センターへのバスツアーに参加したそうです。なんと2011年にちなんで2011円だったそうです。もちろんそれはバス代金で、センターでのお買い物はもちろん別なので大変な贅沢です。

そして食後はヒッキオンステージ。これまたママに持たせてきたヴィオリン。習った曲を片っ端から弾いていました。
続いてヒッキ先生の体験教室。





こうして、おいしくて楽しい年越しの夜は更けていきました。みんながヒッキの喜ぶ顔をみたくて楽しみにしてくれています。そしてヒッキの笑顔を見て幸せを感じてくれています。
そのことに感謝するとともに、こうしている間も、仮設住宅で過ごす方々がたくさんいること、一緒に過ごすはずの家族を失ってしまった、悲しみに沈んでいる人が多くいることを忘れるわけにはいけません。感謝と祈りをこめて・・・つなげよう、つながろう、日本。


コメント表示(0)


記事No.=1395500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/08/18
 帰京

ぐっすりお休み中。
朝ご飯中、「あ〜!!!!無くなった〜!!!」と大騒ぎ。何かと思ったら・・・ぐらぐらしていた下の前歯が無くなっていました。起きてきたときにはあったんだって。朝ご飯と一緒に食べちゃったみたい。だから夕べ抜こうって言ったのに・・・。まぁ、カルシウムとして吸収されて、また骨になるでしょう。


パパとママがお帰りの支度で忙しいので、バァバと小さなうちわを作っていました。




大雨の影響で駅は珍しく混雑ぎみ。
はやてとこまちの連結。
ジィジと記念撮影。また9月にね〜。


車中、お昼ご飯。パパとママの駅弁は平泉の世界遺産登録記念弁当。うにとアワビが入っています!ヒッキはいくらとうに三昧の小わっぱ飯。


2時間半、一睡もせず(できず)、元気に帰京。

大きなイベントもすべて終了。夏休みもあと5日です。

コメント表示(0)


記事No.=1395200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/08/17
 初青森 蕪嶋 そして「おぼんだま」 

昨日作ったキュウリとお茄子の馬(あざらし?)と牛をお仏壇にお供え。
仏様もビックリして帰りそびれるのでは??



今日は雨模様の中、高速を飛ばして八戸へ向かいました。ヒッキもママも初青森です。
八戸水産科学館を見学。


小規模ですが、変わったお魚がいました。
風船魚や、ミッキーの形の黒い模様がしっぽにあるお魚。


そして、こわ〜いお顔のオオカミ魚。





海猫で有名な蕪嶋が近いので・・・。





今日八戸に来たのは、パパの弟さん、ヒッキにとってはオジサンに会いに来たのでした。歩き始めた頃に一度会っていますが、記憶が残っていないようです。お仕事が忙しいので、なかなか予定が合いませんでしたが、やっと再会。

お仕事を抜けてきてくれたオジサン。ヒッキにとって美味しい言葉を教えてくれました。「おぼんだま」・・・お年玉と同じように、お盆に帰省した孫にお小遣いをくれることみたい。都会では聞いたことがない言葉です。
お盆玉をくれたオジサンにサービスで肩たたきをしているヒッキ。

昔の人見知りがウソのように、すぐに自分のペースに。オジサンを引っ張っていってアンケートを書かせたり、自分の傘を当たり前のように持たせています。

蕪嶋神社。
残念ながら海猫は八月半ばまでには北海道に移動しちゃったみたい。



残っているのは、遅く産まれた子ども達なんですって。
走り出した車の上に!!タクシーみたい。


この当たりは、大震災の時に津波に飲まれた地域だそうで、所々にこんな風に倒壊した建物が残っていました。
幸い住宅地ではなかったので、良かったですが、オジサンが海岸線を通ったすぐ後に津波が襲ってきたそうです。


少し走って「八食センター」という市場に。
めったに食べられない、美味しいお刺身を夕ご飯に手巻き寿司でいただきました。



オジサンに負けじと!ジィジからも「お盆玉」をいただきました。
感謝の肩たたき。

コメント表示(0)


記事No.=1394900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/08/16
 お買い物ディ

昨夜、なかなか寝なかったので、すごい寝相でお寝坊です。
ジィジと一緒に朝のお勤め。





ジィジの家庭菜園で採れたキュウリと茄子。
お盆なので、馬と牛を作りましたが・・・巨大キュウリのため、「オットセイみたーい」って・・・。



本日は盛岡のジィジとバァバのお供で、ご近所のお買い物です。
ジィジは数年前から免許を返上して運転をやめているので、パパが帰省してレンタカーがある時に、重たい肥料や大きなものをお買い物して運びます。

ヒッキも自分のお小遣いでお買い物を楽しんでいます。と言っても、ヒッキが見る売り場は文房具・・・。100均でスタンプ台やチョークを買っていました。
その後またお小遣いを得るために、チビッコポーターさんとなり、みんなの荷物を率先して運んでいました。

でも・・・本当はちょっとつまらなかったみたいで・・・どこから遊びに行ったり楽しいことをするのではなく、ずっと近所のホームセンターや電気やさんを回っていて、自分が欲しいものを買ってもらえるわけでもなく・・・珍しく、「お家に帰りたい」って。そして、いつものプラレールで遊び始めました。


でも夜は、和子バァバも呼んで、送り火代わりに、みんなで花火大会。




機嫌もなおって、花火を楽しみました。


翌朝書いた一行日記には「かいものにつきあわされて・・・」とありました(笑)

コメント表示(0)


記事No.=1394600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/08/15
 はやぶさ乗車

今日から3泊4日で盛岡に帰省です。

震災後異例のスピードで復旧した東北新幹線、楽しみにしていたはやぶさに初乗車です。
本来は少し早くなるみたいですが、これまた震災の影響でスピードを落としているので、今までのはやてと変わらないようです。


車内販売で、はやぶさの記念グッズが売られていました。ママはキーホルダーを買ってあげようかと思ったら・・・ヒッキが選択してのは扇子・・・。面白い趣味です。



東京駅では、はやぶさの先端が長すぎて、写真に入り切りませんでしたが、盛岡で、青森に向かう後ろ姿をパチリ!

駅前でレンタカーを借りて、ジィジたちのおうちに向かいます。


家に着くとヒッキは、今夜はヒッキコンサートを開催する、と言い出し、パパを誘って準備とリハーサルに余念がありません。




途中お墓参りとお買い物に。
お墓ではお寺の方に大きな声でご挨拶もでき、お参りもきちんとできて、とってもよい子でした。



夕ご飯後、ジィジ、バァバ、ママを招待してくれました。
パパは出演者のようです。



ヒッキのピアノも聴けて、ジィジとバァバは大喜びです。



何故か体操をやらされるジィジとバァバ・・・。

興奮してかなかなか眠らず・・・鼻水が早く治るといいんだけど。

コメント表示(0)


記事No.=1321000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/01/03
 帰京 盛岡5日目

今日で盛岡最終日。帰りの準備で忙しいパパとママ、ジィジとヒッキはなにやら仲良くやっていました。




盛岡駅にて。バァバだけのお見送り。ジィジはやはり具合が悪いのでお留守番。
また来るねー。



新幹線の中でも元気いっぱいのヒッキ・・・疲れないのかしら。
夕ご飯はヒッキのリクエストで焼き鳥。そしていただいてきたカニ!ヒッキの食欲は大変なもので、絶対パパやママよりたくさん食べました。


ジィジはその後、熱がもっと上がり休日診療へ。なんと、インフルエンザB型だと判明!!!風邪を引いていたヒッキやパパが風邪を移しちゃったのかと思いましたが・・・。潜伏期間は2〜3日だそうで・・・我々が発症するのも時間の問題か?昨日の夕方からジィジにべったりだったヒッキ・・・ジィジの快復と、ヒッキの無事を祈ります。


ジィジとヒッキが何をしていたかというと・・・今回の盛岡滞在中、何が楽しかったかランキング!


1位 ざうおで鯛やヒラメを釣ったこと。




2位 岩山でスキーをしたこと。




3位 八幡様で綿アメを買って食べたこと。



4位 庭でソリ滑り台を作ったこと。




5位 百人一首をしたこと。
6位 トランプで数字あわせをしたこと。



7位 桜山神社でお飾りを買ったこと。




8位 二階で劇の発表会をしたこと。



9位 お正月でおせち料理を食べたこと。




10位 ヒッキが神棚を綺麗にしたこと。





盛りだくさんで、いろいろな経験をさせてもらって良かったね。

コメント表示(0)


記事No.=1320700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/01/02
 岩山初すべり 盛岡4日目

今日は家から車で10分くらいの近さにある、岩山にスキーに行きました。夏場はゴルフ場で、冬季だけスキー場になるそうです。岩山は遊園地や動物園があるので、ヒッキも小さいころに遊びに行きましたが、ここでのスキーは初めてです。


幼稚園の体操教室のスキー合宿には行かせていますが、パパやママとすべるのも初めてです。ジィジに前に買ってもらったおもちゃのスキーじゃやりにくそうなので・・・


パパもママも一緒にスキーを借りてみました。
パパは盛岡出身ですが・・・スキーはあまり・・・(スキーをやる年頃に、ジィジの転勤で盛岡にいなかったらしいので)


ほとんど初心者の、10数年ぶりのママがスパルタで教えます。
腰を持たせてすべられてみたり・・・。


ファミリーゲレンデ1本をやっと・・・。
そりすべりで一息。




お昼を食べてから、もう一本。なんとなく様になってきたでしょ?




ママのところから、転ばずに滑ってます。



乗り気じゃなかったパパも楽しそう?
←この写真は笑ってますが、、疲れてきたようで何度も転んで、「もう無理」と弱音を吐き始め、涙が出てきちゃったよぉ〜って言うのでレッスン修了。

最後にそり滑りを楽しみました。



これは転んでも楽しいみたい。
リフトに乗りたいと生意気なことを言いますが、練習して上手になれたらいいね。でもママはファミリーゲレンデで教えるくらいで精一杯ですけど・・・。


帰宅後ママはおみやげのお買い物に、バァバとお出かけ。パパは夕方寝、かわいそうなジィジはヒッキのお相手に選ばれ、トランプや将棋につきあわされていました。
でも実はこのとき、ジィジも具合が悪くなっていたそうです。

夜は、前沢牛のすき焼き!!!!
ほんとにヒッキは、活き作りに、エビに、カニに、牛に・・・幸せ者です。



夜はまた百人一首。
今夜は昨日よりおまけが少なかったのに、なんとヒッキは50枚とりました。
始める前に並べた札を、よく見て場所を覚えておくようにってパパに言われたそうです。それにしてもすごいねって言うと、パパが「一度みると(場所を)覚えちゃうみたいだよ」って。それだってすごいけど・・・。

コメント表示(0)


記事No.=1320400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
11/01/01
 新年 雪おろしと元朝参り 盛岡3日目

あけましておめでとうございます。大雪の盛岡で新年を迎えています。お正月のお料理を神様にお供えするので、盛り付けのお手伝い。




昨夜もまた雪が降り積もり・・・屋根から雪がはみ出しています。たくさん積もった雪が、暖かさでずり落ちてきている感じ。つららも斜めになっています。



危ないし、重みで玄関の戸が開かないので雪下ろし。
こんなことでもヒッキにとっては楽しくて大はしゃぎ。



午後からのんびりと、近くの神社に元朝参り。




タクシーで大きな八幡様に移動。ここはとっても混むので、お参りは断念だけど、たくさん出る屋台で、ジィジはヒッキに綿あめを買ってあげるのを楽しみにしていてくれたようです。


綿あめだけ買って帰ろうとすると、ヒッキが「ここは自分の生まれた年の別々にお参りする所がある神社?」と聞きます。そのとおりで、「一代守護神」という、自分の干支の神様をお参りすることができます。来たのは1年前なのに、よく覚えていること・・・。ヒッキとジィジは仲良く猿をお参りしていました。


帰り道、家の近くまで来たところで、一台の車が雪で立ち往生していました。タイヤを雪にとられて、動けなくなったようです。
ママが「大丈夫かしら」とつぶやくと、雪道を走り出したヒッキ、車の近くまで行って「大丈夫ですかー」って大声で・・・。
「大丈夫だよ」と運転していた男の人は言いましたが、どう見ても大丈夫そうではありません。横を通る時にママが「押しましょうか」と声をかけると「押してもらったらありがたい」と言うので、押してあげることにしました・・・パパが。
何度か押したりふかしたりしているうちになんとか脱出。
なんどもお礼を言われました。元日早々、よい行いができて、きっとよい一年のスタートです。

買ってもらった綿あめをいただき、夜には百人一首を楽しみました。
ヒッキはやっていくうちに、下の句を理解したようで、読み手のママが下の句を読むと、すごい勢いで探し始め、みんなにおまけしてもらいながらも、ヒッキの一人がちでした。「たのしーねー」と、百人一首好きにさせる第一歩はクリアしました。

コメント表示(2)


記事No.=1319400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/12/31
 そりあそびとヒッキコンサート 盛岡2日目

昨夜から降り始めた雪は、朝には辺り一面を銀世界に包み込んでいました。
ヒッキに忍び寄る黒い影・・・バァバです。

朝からジィジのお手伝いで雪かきをしたり、





雪をそりに乗せて運んだり・・・すでに大はしゃぎのヒッキ。




パパが頑張って、お庭にそり滑り台を作ってくれました。





ヒッキが楽しそうなので、パパもママも便乗してみました。



例年にない大雪のようですが、庭でこんなに遊べるなんて有難き幸せです。




午後はヒッキはお留守番で、パパとママはお出かけしました。駅の近くに、チーズケーキで有名な「チロル」という喫茶店があるので、そこにお買い物に出かけました。その近くに新しくできた「クロステラス盛岡」というショッピングビルにも立ち寄ってみました。1階にある「賢治の大地館」という物産店がいい感じでした。
お目当てのチロルはなんと、お休み・・・。大雪の中来たのに、かなりがっくりしましたが、代わりに小岩井農場のチーズケーキを買ってもらったのでよしとしましょう。

おうちに帰ると、和子バァバが来てくれていて、ヒッキと遊んでいてくれました。
とってもおいしいお節のセットを注文してくれていて、みんなでおいしくいただきました。(盛岡のおうちは元日より大晦日に「お年越し」としてご馳走をいただくようです)


夕食後は、ヒッキが入念に練習していた、そしてパパにも練習させていた、「ヒッキコンサート」の始まりです。招待客に飴を配ってお出迎え。



オープニングはヒッキの「誕生日ありがとう」の独唱です。
とってもしっかり歌えました。


続いて特別ゲスト、パパの登場で「お正月」のパフォーマンス。ヒッキがソファの後ろに隠れて、歌を歌っています。その歌詞にあわせて、パパが凧を揚げたりコマをまわしたりするジェスチャーをしていました。バァバは涙を流して喜んで(大笑い)いました。


次はパパが隠れて、ヒッキが「おばけなんてないさ」を熱唱。




パパのピアノにあわせて「あわてんぼうのサンタクロース」と「聖者の行進」を歌い、お客さんにもマイクを向けたりして、楽しいコンサートは終わりの時間です。バァバが「ママの大地讃頌を聞きたい」という無茶振りをするので、ヒッキが、ボレロのときに歌った「草原で」を一緒に歌ってあげると助け舟を出してくれて、アンコール曲となりました。
今宵もまた、楽しい夜が更けていきます。

今夜は大晦日・・・今年お世話になったすべての方に感謝します。来年もみんなが笑顔ですごせますように・・・。世界中の人たちがもう少しずつ優しくなって、子ども達の笑顔がもっともっと輝くこと祈りつつ・・・よいお年を。

コメント表示(2)


記事No.=1319100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/12/30
 ざうお!! 盛岡1日目

今日から盛岡へ帰省です。横須賀線の最寄り駅で電車を待っていると、通過電車の案内が。なんと貨物列車がやってきて、「こんなに近くで見たの初めて〜」と大喜びでした。



今日は帰省のピークらしく、東京駅はめちゃ混みでした。なんとかホームにたどり着くとヒッキの好きな新幹線が停車していてこれまた大喜び。東北新幹線も新青森まで延びました。

無事盛岡へ。駅前の「はやぶさ」前で記念撮影。
次に来る時はこれに乗れるかしら。




今日の盛岡は快晴でしたが、昨日まではたくさん降っていたらしく・・・玄関のつららの見事なこと。
お庭の金次郎さんも雪の中。



まずはお正月の準備、神棚のお掃除と用意。
続いてジィジに小倉百人一首を教えてもらいました。小学校で覚えるらしく、今から触れておけば身近だからね。


本日のメインはこちら。お魚料理の「ざうお」に連れて行ってもらいました。綱島にもあるチェーン店ですが、パパと3人では食べきれないし、みんなで行ったら楽しいのでお願いしました。盛岡のおうちから歩いていけるほどの近さです。
雪の夜道を歩いていくと・・・トトロが迎えてくれました。



このお店は店内に大きな釣り船をイメージした客席があって、その周りに巨大生けすが。そこに釣り糸をたらして、新鮮なお魚を釣り、その場で好きな料理に調理してくれるという、つり好き魚好きお子様にはぴったりのお店です。
ただし、釣るのは1匹だけとか、言い含めておかないと大変なことになります。ただ、お持ち帰りもできる調理法もあるようなので、いろいろ楽しめるかと思います。



生けすの一角にある、ひっかけ釣りコーナーでアジをゲット。



さっそくお刺身にしてもらいました。




続いて生けすで鯛釣りに挑戦。見事にヒッキ一人で釣り上げました。



これまたお造りと、あら汁に。




ひらめも活きづくり。お刺身にしたのに、まだピクピクしていて、ヒッキびっくり。
しかしながら、ヒッキの大満足なお顔。



こうして盛岡初日の夜は大騒ぎで更けていきました。


コメント表示(0)


記事No.=1276700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/08/22
 帰京 盛岡5日目

今日は盛岡最終日、6時半頃に起きだしました。
ママもパパも帰り支度で忙しいので、ヒッキはバァバを誘ってまたまた朝から将棋をつき合わせていました。
その後ジィジと、般若心経を読んだり。ヒッキなりに双方に気を遣っているのかしら??

盛岡駅にて。




ジィジ達にバイバーイ!
将棋、覚えておいてね〜。



車内でお弁当を食べたり、パパとしりとりをしたりして過ごしました。「早くお家に帰りたいなぁ〜」って何度も言っていました。
そして、小杉駅到着、まるっこ公園まで来たとき、ヒッキが「早く将棋やりたいなぁ」ってパパに・・・。
帰宅するなり、将棋の駒を並べ出しました。
ママは洗濯機だけ回して、買い物&マッサージへ。
帰宅すると、まだやっていました。そして、またまたヒッキの勝ちだったそうです。
ほんの一ヶ月足らずで、メキメキ腕を上げているみたい。I君パパに一勝負つけてもらおうかな。

なんだかんだと、夏休みもあと9日。10日を切っています。
スイミングやバイオリンもあるので、あっという間に過ぎそう。楽しく、有意義に過ごしたいね。

コメント表示(2)


記事No.=1276400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/08/21
 龍泉洞へ 盛岡4日目  しあわせはどこに?

さすがのヒッキも今朝は8時までお寝坊。まぁゆっくり疲れをとってくれたほうがいいし、ママたちも少しのんびりできるのでありがたし。



今日は盛岡から車で90分くらいの岩泉町にある、日本三大鍾乳洞のひとつ、「龍泉洞」に行きました。




外気は23.5℃ですが、中は16.7℃(実際には外はもっと暑かったけど、山の中で緑が多いから涼しいのかな・・・)
「あそこ見て!」と大騒ぎ。こうもりがいたってホントかな。実際珍しい種類のこうもりがいるのですが、見えたのかは疑問。


洞内でもひたすら「どうしてこんな形なの?」「何でできているの?」とパパを質問攻めに。

暗くて狭い洞窟内で「階段がありまーす」「細いので気をつけてくださーい」などと、ヒッキの声が響いていました。まぁジィジ孝行なんだけどね。


お昼は近くの案内所で。パパは岩魚すしの定食などを食べていましたが・・・ヒッキはこれ、「流しそば」
ただ流れてくるおそばを食べるだけの気もしますが・・・。



帰り道に寄った道の駅。
平成10年まで学校だった建物を改造したそうです。ちょっと雰囲気があっていい感じ。


テーブルや椅子も再利用。
さっそくおもちゃで遊んでいました。積み木で「おしろ」を作成。



朝、10時前に出かけて、帰宅したのは5時ころ。ジィジもバァバも、運転のパパも、まぁママも、みんなお疲れなのに、一人元気なヒッキ。
またまた将棋、やろうよ〜と対戦相手募集、ジィジが犠牲になっていました。
写真は、椅子などを並べて飛行機を作った(見立てた)ヒッキ。ヒッキにかかると、あらゆるものが乗り物になります。

食後、ママと一局、その後パパとも一戦。ママには負けたけど、なんとヒッキ、パパには勝ったそうです。大喜びでママを呼びに来ました。
覚えた当初は、勝ち負けにはほとんどこだわらず、駒を多く取るとか(とっても使わずにコレクションにしちゃってましたが)、反対に相手に駒をどんどん「とって、とって」って言ったり。やっと勝ち負けがわかってきたようです。
何より、パパに勝てたことで大喜びで、盛岡の最終日の夜は、楽しい気分で眠りにつきました。





出かける車の中で、歌を歌ったりしりとりをしてすごしましたが、今日は「上を向いてあるこう」をヒッキが歌いたいと言い出しました。ママがこの歌が好きで何度か歌っているうちに覚えたようです。

上を向いて 歩こう  涙が こぼれないように
思い出す 春の日   一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう   にじんだ 星をかぞえて
思い出す 夏の日   一人ぽっちの夜

幸せは 空の上に   幸せは・・・・

ここまで歌って、最後の「雲の上に」がみんな忘れちゃって出てきません。実際には・・・
「幸せは 雲の上に   幸せは 空の上に」なので、順番を間違えていることもあり・・・結局わからずじまいで、あとで調べてみようってことになりましたが、ヒッキは


ヒッキはね、幸せは心の中に・・・じゃないかと思うよ


って。

まだ6歳になったばかりのヒッキ・・・幸せは心の中にって発想、すごすぎます。
「ヒッキ、この歌を歌うと、ほんとに涙がこぼれそうになるんだよね・・・」って。





「上を向いて 歩こう」

上を向いて 歩こう
涙が こぼれないように
思い出す 春の日
 一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ 星をかぞえて
思い出す 夏の日
 一人ぽっちの夜

幸せは 雲の上に
幸せは 空の上に

上を向いて 歩こう
涙が こぼれないように
泣きながら 歩く
 一人ぽっちの夜


思い出す秋の日 
 一人ぽっちの夜

悲しみは 星のかげに
悲しみは 月のかげに

上を向いて 歩こう
涙が こぼれないように
泣きながら歩く
一人ぽっちの夜

一人ぽっちの夜

コメント表示(0)


記事No.=1276100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/08/20
 岩手ヤクルト工場見学 盛岡3日目午前の部

今日は盛岡のお隣、北上市にある岩手ヤクルト工場の見学に行きました。ヒッキは毎朝ヤクルトを飲んでいるし、先日キッザニアでヤクルトの研究を体験して、興味を持っているようでした。夏休みに盛岡に帰省す時期に合わせて、事前に予約を入れておきました。

盛岡のおうちから高速を通って、1時間もしないで工場に到着。10時半からの予約です。




入り口で一本ずつ、ヤクルト400の試飲。
そして記念撮影。



2階待合室での展示、きれいな飾りはヤクルト製品のパッケージでできています。
世界のヤクルト。


ご自由に記念撮影をどうぞって置いてあったのは、ヤクルトスワローズのユニホーム。
そういえば、そうでしたね・・・。



最初に工場の説明と、ヤクルト菌についてのアニメビデオを見ます。

ヤクルトには一般的な乳酸菌より強化培養された「乳酸菌シロタ株」という強い乳酸菌が含まれています。この菌がおなかの中の悪い菌をやっつけてくれて強いおなかを作ることができます。


この「シロタ株」というのは、ヤクルトの父と呼ばれる代田稔博士の名前に由来します。



アニメに登場するヤックン(ヤクルト菌)とビッフィー(Bブルーベヤクルト株)。悪い菌と戦って、強い胃腸を作ってくれます。



ここから生産工程の見学に入りますが、撮影禁止なので・・・

成形室(容器を作る)→充填室(液を詰めてふたをする)→包装室→パレタイザー(積み上げ)
というような工程を見学。ヒッキはいつも飲んでいる身近なヤクルトのできる工程を見れて大満足のようでした。

大人用・子供用のお土産。
盛岡に戻って、ピザが食べたいとうヒッキの強いリクエストで、近くのガストへ。しかし、メニューを見てヒッキが注文したのは・・・アンパンマンのパンケーキセット。ピザはどこへ行ったのでしょう・・・。



コメント表示(0)
記事No.=1276000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/08/20
 盛岡子ども科学館 盛岡3日目午後の部

午後、用事があるというバァバを途中で降ろして、盛岡市内の「子ども科学館」に行ってみました。ここは・・・「21世紀を担う子ども達に、科学技術に興味と関心を持ち、楽しみながら理解を深め、「科学する心」を養うことを願って建設されました。展示物は「科学の旅」になぞらえて、「出発の空間」「発見の空間」「情報の空間」で構成されています。プラネタリウムは、デジタルの最新鋭機種を導入し、平成16年7月にリニューアルオープンしました。」という、こじんまりとしながらも、なかなか楽しい施設です。

まずはロボット君のお出迎えです。
それぞれの名前を呼ぶと、近寄ってきてくれます。挨拶したりじゃんけんをしたり。


いろいろな実験を、次々に興味を示して・・・



ジィジを持ち上げています。




途中プラネタリウムなども見て、また実験。




最後は科学おもちゃのコーナーで、長いことピタゴラスイッチの装置を作っていました。
もっと遊びたかったみたいですが、今夜は和子バァバが遊びに来てくれるのでもう帰らないと・・・もう先に来ちゃってるかもしれません・・・。


ママの予想通り、和子バァバの方が先に家に到着。さっそく強引に将棋を教えて遊んでもらっていました。本当にみなさんご迷惑ですみません。


せっかくなので少しだけお庭で花火を。(遅くなっちゃったから)
花火をやり終えてしまったヒッキは「キャンプファイヤーやりまーす」と張り切りだして・・・自ら火の神様に志願して、その場を仕切っていました。
パパが和子バァバを送っていく車に同乗して、帰り道、なんとヒッキ、不覚にも寝てしまったそうです。急いでお風呂に入れて、さっさとお布団に連れて行きました。毎日スペシャルディで疲れが出てきたかな。


明日は、龍泉洞まで行く予定です。

コメント表示(0)


記事No.=1275800 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/08/19
 県立博物館へ 盛岡2日目

7時過ぎ、今朝はジィジが朝から将棋に付き合わされていました。と言っても、ジィジはまったく将棋を知らないのに、無理に付き合わされて本当にお気の毒です。でも、ジィジの年になって新しいことを覚えるのも、頭の体操になってよいかもしれません。今度ヒッキが来るまでに、ジィジとバァバで練習しておいてくれるそうです。

まずはお墓参り。そして和子バァバのお宅へ、おじさんにお線香をあげに行きました。和子バァバは小学校の先生だったので、ピアノがとっても上手。お部屋においてあるのを見つけて、さっそく弾かせてもらい、ほめられていい気になっていました。


午後は県立博物館へ。
ここは岩手の地質時代から現代にいたる地質・考古・歴史・民俗・生物などの資料が展示され、岩手県の自然と文化が理解できるようになっている博物館です。

1978年に岩手県東部の岩泉町茂師(もし)から、日本初の恐竜化石が発見されました。

入り口を入ると、恐竜の頭蓋骨やカスモサウルス・マメンチサウルスの骨がお出迎えです。

様々な展示品の中で、ヒッキはやはり恐竜や水・陸・空の生き物の興味を示して、大人たちよりもじっくりと、パパにあれこれと質問をしながら見て歩いていました。


これは体験コーナーに置かれていた機織機です。やってみたいと言い出して、学芸員のお姉さんに自分で言いに行って、動かさせてもらいました。

普通なら、疲れたり飽きたりしそうですが、ヒッキは最後の最後に「もう一度恐竜のところを見たい」と言い出して、パパの手を引いて走るようにそのコーナーに戻っていきました。ジィジもバァバもママも、館内を歩きつかれて入り口のベンチでぐったり。
疲れ知らずと言うか、好奇心旺盛というか・・・。



帰宅後はお庭の畑で野菜採り。
大きくなったな?




こんな大きなきゅうり。
そして枝豆を抜いています。「大きなカブみた〜い」と大はりきり。



夕ご飯はヒッキのリクエストで焼肉。リクエストしただけあって、食欲旺盛、もりもり食べました。



今回の滞在中は、いつもの1階ではなく、2階でおもちゃを広げています。
ご飯を食べ終わると「2階で遊んできていい?」と聞いて、トコトコと2階へ。
一人遊びもだいぶできるようになったなぁと思っていた矢先、「出発の時刻で〜す、乗る人は来てくださ〜い」って呼ばれました。かわいそうなので行って見ると、相変わらずプラレールの線路をつなげて、手で電車を走らせていました。
どうして、電池で動くのに、手で動かしたいのでしょう・・・なぞです。

デザートのスイカにかぶりつき。

明日はヤクルト工場の見学予定です。

コメント表示(0)


記事No.=1275500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/08/18
 将棋の先生 盛岡1日目

今日から22日まで、盛岡に帰省します。いつもはお盆にあわせて行きますが、今年はパパのお仕事の都合で、一週間ずれた帰省です。
そしていつもはお昼ご飯をはさんで新幹線に乗るようにしていますが(時間つぶしのため)、今回はいつもより早い10時前のはやてに乗車します。

そのために小杉駅から9時前の横須賀線に乗りました。電車を待っていると、珍しい電車がやってきました。(ヒッキとパパは知っていましたが、ママには名前がわからないので後で確かめてみます)

そんなことより、早い時間に乗ったので、横須賀線もまだ通勤客で混み合っていて、ヒッキを連れて、荷物を持って、と最初から大変なことになりました。それでも品川を出て、新橋を越えるとすきましたが、東京まではあと一駅残すのみ。やはり9時を超えないと、子連れでは大変かもしれません。

東京駅で売っていたお弁当。「MAXランチボックス」・・・朝、軽くつまんだだけなので、食べるものを買って乗車しましたが、ヒッキはこれを選ぶかと思ったら、明太子といくらのおにぎりを1つずつ。


東京駅ホームにて。
つばさとマックスの連結。そしてヒッキが乗るはやて・こまち号。



車内で大きなおにぎりをぺろりと平らげて、パパのパソコンでビデオを堪能して、車内販売のアイスを食べているうちに、盛岡に到着しました。
今度は切り離しを見ています。


駅からはレンタカーを借りて、まずイオンの大型ショッピングセンターへ。目的は将棋板。

家に到着するや否や、「おじぃちゃん、おばぁちゃん、将棋やろう!!」って。




でもなんと、おばぁちゃんはともかく、おじぃちゃんも、将棋を一度もやったことがないと判明。ヒッキが先生になって、二人にそれぞれ教えていました。
本当にいい災難です。
でも、「孫に将棋を教わる」なんて題で、短歌や俳句が作れそうですね。



9時過ぎまで将棋を指していたヒッキ、急いでお風呂に入ってお布団へ。
あっという間に寝付いていました。

コメント表示(0)


記事No.=1214300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/02/14
 帰京 盛岡四日目

今日で盛岡滞在最終日、お昼前の新幹線で帰京します。
名残惜しいジィジは昆虫図鑑をヒッキに見せてくれています。バァバも平仮名のお勉強に付き合っていました。


盛岡駅にて。
「またきてね」と筆談。


ママは発熱で絶不調でしたが、ヒッキも比較的よい子にしていてくれて、なんとか東京駅までたどり着きました。2時間半、寝たかったけれど、1分ごとにヒッキに起こされ断念。仕方ないよね。

東京駅で撮影。
東京駅からは横須賀線で新川崎まで。
3/13には新駅が開業するので、今度は新しい駅が利用できるね。
帰りも座らず、新駅の工事を見逃さないよう、ドアの所に立ってカメラを構えていました。


新川崎で。パパが車で向かえに来てくれます。
あ〜疲れた。無事に帰れて何よりでした。



昨夜届いた葵ちゃんからのチョコ!
飛行機型で大喜びです。ヒッキ、パパよりモテモテです。

帰宅後、お買いものごっこをするためにおもちゃをドンドン並べだし、パパもママもお買いものに付き合わされました。
まったくタフです。まぁ移動だけじゃ疲れないよね・・・。

雪を満喫できて、温泉にも入れて、楽しい4日間を過ごせました。ジィジ・バァバありがとう

コメント表示(0)


記事No.=1214000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/02/13
 いろいろ・・・盛岡三日目

ヒッキ撮影、ホテルの窓から。
一面の雪景色です。7時前に起きて、ママと一緒に朝風呂へ。



朝食会場へ。
今朝も元気モリモリ食べました。
納豆のパックも賢治さん。





ホテルから盛岡駅まで、無料シャトルバスで行き、そこから「でんでんむし」という循環バスで帰宅。
午後からノンビリと、お勉強したり、ピアノを弾いたり・・・。

突如、雪遊びをすると言いだし・・・、玄関前から雪を集めて運んでいます。ジィジが手伝おうかと言っても自分でやるからと。また、お庭の畑の所から雪を取ったら楽だよと言っても、敢えて玄関前から運んでいました。


そして、お正月にパパが作ってくれたかまくらを修復しています。直してソリが滑れるような滑り台にしたかったみたい。
道具が大きすぎて、なかなかはかどりません。居間で見ていたバァバは可哀想だからと、手伝いに行こうとしましたが、ママは、試行錯誤して自分でやり遂げる方が大事だから、助けを呼ぶまでは手出ししないほうがいいです、と断りました。


ヒッキなりに考えて、なんとか雪を下ろせました。そして意気揚々とまた新しい雪を集めに行きました。残念ながらソリ台は完成しなかったけれど、頑張ってね、ヒッキ。

夕方は和子バァバが遊びに来てくれました。というか、ヒッキがホテルから電話して、日曜日には帰っちゃうから、明日来てねってお誘いしたので。
昨日ゲットしたバスを見せています。「それではここに、ヒッキちゃんを乗せましょう」と、紙にヒッキの絵を描いて運転席にテープでぺたり。「じゃぁ、ママも乗せて!」と、どんどんお客さんが増えていきました。和子バァバは小学校の先生だったので、さすがです。

今度はお手玉。
ヒッキはうまくできないので、和子バァバがやっているのを邪魔しにかかります。いたずらばっかり。


次に出てきたのは、おはじき!
昔遊び満載です。




食後には、バイオリンのレッスン。
「指は、きつねさんにして弓を持つんだよ!」なんて生意気に教えていました。




夜には、パパとスカイプでおしゃべり。
「明日向かえに来てね」「ママはお風邪だから、優しくしてあげてね」


コメント表示(0)


記事No.=1213700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/02/12
 小岩井雪祭り 盛岡二日目

今日はメインイベント、小岩井農場で催されている「いわて雪祭り」に出かけます。そのまま温泉に一泊するので、大きな荷物に。ヒッキは自前のソリに乗せて15分程離れたバスセンタ[まで、運んでくれました。
バスセンターから大型バスに乗ったのは一番前列に陣取った、ジィジとバァバとヒッキとママの4人だけ。いくら平日だからと言って「なんだか悪いわね」と言い合っていましたが・・・次のバス停「盛岡駅」に着くと、長蛇の列。ドンドン奥に奥にと入っていきますが、補助イスどころではなくて、席に座りきれない人は、立ったまま小岩井まで。運転手さんもヒッキに「早く乗ってて良かったね」って言っていました。
ヒッキは、後の方から乗り込んできた子どもを見て、「ああいう子どもが座ったらいいんだよね」と、つぶやいていました。自分は座れているけれど、同じくらいの子どもが立ったままなのが気になったようです。ママも一瞬、変わってあげようかと思いましたが・・・小岩井までどれくらいで行くのかもわからず、そうこうしているうちに、その子も、ドンドン後ろに行ってしまったので、機を逸してしまいました。
とにかく、運転席の横や乗車口の階段にまで立っているほど。事故など何事もなく到着して何よりでした。

2/5〜14日までの期間、入場無料で雪祭りを楽しめます。





やはり岩手らしく、こちらでも賢治さんの「山猫軒」や「ゴーシュ」がお出迎え。そして新幹線も。




お昼前だったので、まずは何より、ヒッキが楽しみにしていた「かまくら」でのお昼。
食券を購入して、セルフサービスで指定されたかまくらの中へ。
こたつはあれど、電源無し。「食事は1時間以内でお願いします」とありましたが、それ以上は冷えてきていられません。


牛カルビセット。お肉とひっつみ汁・ご飯のセットです。
火が油に燃え移ったりして、大騒ぎでした。
お肉も美味しく、ひっつみもあったかく、かまくら満喫のヒッキ。
なぜゴーグルをしているかというと、油がはねるから、だそうです。



午後からはソリ滑りを楽しみました。最初だけ一緒に滑ってあげると、あとは一人でドンドン滑りに行っていました。


数回滑った後、ちょうど始まったソリ大会に出場。5人1組で滑り降ります。ヒッキは5コース。本人よりバァバがやる気満々?結果は5人中ビリ。降りてきたバァバは、「1コースの方がコブが無くて有利だったわ!5コースはこぶばっかりで止まっちゃうのよ!」と何度も言っていました(笑)

その後も何度も、登っては滑り降りて、楽しんでいました。




さすがに疲れたようで、バァバにソリを引いてもらって、寝たふり。
そして、期間限定のレアチーズケーキでティタイム。しかし、これはヒッキの口に合わなかったみたいで、「もういらない、二度と食べない!!」と、かなり強固に言っていました。美味しかったのになぁ〜。ママの口に1個半入りました。

売店でママがおみやげを買っていると、ヒッキもスキー教室の時を思い出したようで、自分も買いたいと。自分のお財布から200円出して、バァバにチーズを買ってあげていました。



雪像を見ながら移動。




赤ちゃんが生まれたばかりの羊館へ。




途中、雪馬車がありましたが・・・




ヒッキの興味はこっち。
スノートレインです。



ものすごいスピードで雪の上を滑走します。数年前、ヒッキにねだられて乗ったバァバが具合が悪くなったほど。今回はママと・・・しかも2連チャン。
ゲレンデにヒッキの笑い声・叫び声が響き渡りました。

温泉編に続く・・・

コメント表示(0)
記事No.=1213600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/02/12
 ホテル森の風 温泉へ 盛岡二日目

「温泉に行きた〜い」というヒッキのために、この日は小岩井農場近くの鶯宿温泉に直行することになりました。もともとは一度盛岡駅に戻って、そこから直行バスに乗り換えて、戻ってくるという行き方しか無かったようですが、ここの宿はバァバがよく利用する温泉らしく(日帰りもあり)、宿の人に問い合わせ、事情を話したら、特別に、直接小岩井農場に向かえに来てくれることになりました。

3時半にまきば園入り口に向かえに来てくれて、そこからワゴン車でホテルへ。途中、近くの観光案内もしてくださり、至れり尽くせり。車中、大はしゃぎのヒッキ。向かえに来てくれた方は、多分偉い方だと思いますが、フレンドリーにヒッキに話しかけてくれて、ヒッキもヒッキで、大変馴れ馴れしくおしゃべりしていました。

「今日の夕ご飯はご馳走だからたくさん食べてね」と言われると「食べ放題でしょー??いーーっぱい食べちゃうよ〜」と答えたり。

ホテルについて、ジィジは休息、バァバとヒッキとママは、まずは一風呂浴びました。

そして、お話の通りのご馳走〜!!バイキングで、焼きたてのステーキや、その場で握ってくれるおすし、自分で好きな具をセットする豆乳鍋・・・などなど。「わぁ〜、パパも来たら良かったのにねぇ〜」と、しきりにパパも一緒だったら良かったのにって、パパを気遣っていました。ヒッキ一番のお気に入りは、チョコフォンジュ。バナナやマシュマロにチョコに付けて食べます。

お腹いっぱいになって、お部屋に引き上げ、今度はトランプ遊び。
ヒッキとパパが考えた「大人のトランプ」とやらを、二人に教えていました。口調がパパそっくりってバァバが。




その後、「お祭り広場」で催しがあるというので、行ってみました。お餅つきがあるというので楽しみにしていたヒッキですが、最初は民謡が歌われたり、太鼓の演奏があったりで、飽きてきて・・・それよりもずっと「ビンボーゲームやりたい」って言い続けていて・・・ビンボー??・・・ビンゴの事でした。300円でビンゴのカードを買って、ホワイトボードにランダムに書いてある数字で穴を開けていきますが・・・残念賞。光る腕輪をもらいました。

まだ何かやりたいというので、最後だよってママと約束して、射的をやってみました。3発の玉で、もちろんあたらず、最後の1発はママと一緒に売ってみましたが、外れ。またまた残念賞。飴を一つ、もらいました。

おもちゃを選べないヒッキ・・・名残惜しそう。あちこち見て「お金、使わないでやれるものはないの?」ってつぶやいていました。ちょっと可哀想になって「まだやりたいの?」と聞くと「ヒッキのお金ではできない?」って。ヒッキのお財布には200円しかありません。ヒッキがやりたいくじは300円です。お金をあげるのは簡単だけど、最後ねって約束させちゃったしなぁ・・・と迷っていると・・・ジィジが特別に(笑)、お小遣いをくれることになりました。バァバが小銭入れから100円玉を5枚だして、「500円ね」とヒッキに渡そうとすると、お財布の中を覗いていたヒッキ、「ううん、そうしたらおじいちゃん、100円玉が無くなっちゃうから、300円でいい」と、200円をジィジのお財布に戻していました。本当に欲の無い子です。

さっそく、やりたかったくじの所へ!
すると・・・!!なんと!!!3等賞を当てました。



たいした景品も無かったのですが、一台だけ、ヒッキの喜びそうなバスのおもちゃが混じっていました。
ヒッキの嬉しそうな顔!!
最後の最後に良かった良かった・・・と大人の方が胸をなで下ろしました。
やっぱり神様はちゃんと見ていて、ヒッキの欲のなさに感心して、バスのおもちゃを与えてくれたのではないかと思います。

ちなみに、最終日、「何が一番楽しかった?」という質問に、迷い無く「バスがもらえたこと!」と即答。大人の思惑とは違う世界で生きているヒッキでした。かまくらやソリ滑りを揚げるかと思ったのにね。

この後、寝る前にジィジとお風呂へ。ヒッキはジィジが怒らないのをいいことに、シャワーを振り回し、周りの人にもお湯をかけていたとのこと。さすがのジィジも叱ったらしいですが・・・。ママがいたら絶対やらないいたずらです。まったく・・・。

コメント表示(0)


記事No.=1213400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/02/11
 雪あかり 盛岡一日目 

今日は幼稚園の作品展を見た後、新川崎の駅から東京に出て、盛岡に向かいました。
明日は作品展の代休で休みになるので、ヒッキは四連休、ちょうど14日の日曜日まで、盛岡の近くの小岩井農場で雪祭りが開催されているからです。残念ながらパパはお仕事なので、ママと二人です。

新川崎から次の停車駅西大井、その間に、3月13日に新しく開業する横須賀線の新駅、武蔵小杉駅の工事が見られて、ヒッキも興味津々でした。




新幹線に乗ってすぐに、「お勉強しよう」と、東京駅で購入した雑誌のもじ・数字のお勉強を始めました。




大宮近くになり、「飽きたからそろそろお昼ご飯にしよう」と、新川崎駅で購入した紀陽軒の春弁当を食べました。

食後はまた続きをやって、次はパパが貸してくれたノートパソコンで、ヤマトを少し、そしてトトロ見て、あと30分というところでアイスを食べて、今回は比較的おとなしく、叱られずに盛岡に到着しました。
駅にはジィジとバァバが、首を長くして待っていてくれました。

盛岡駅前には、かまくらと、小さな雪の滑り台ができていて、さっそく雪の感触を味わったヒッキでした。



さっそく、ジィジ相手にプラレールをつなげて遊んでいましたが、少しするとジィジがヒッキにひらがなを教えてくれました。ジィジは、国語学者さんで、公文の辞書や教材の監修なんかも手がけ、小学校の国語指導法の本なんかもたくさん書いています。
その、国語のプロに教えて頂くなんて、ありがたいことです。
ヒッキも集中してやっていました。

夕ご飯後、盛岡城跡まで、「雪あかり」を見に行きました。
ライトアップされた雪のあかり、とってもきれいでした。
(後でパパが教えてくれましたが、この日の夜7時のニュースの終わり後に、この「雪あかり」の様子が映し出されたとか。ちょうど7時に切り上げたので、残念でした)



盛岡と言えば、やっぱり賢治さんの「銀河鉄道の夜」





ヒッキはここにもあった、雪の滑り台に夢中でしたが。





何より、雪の夜の外出、というだけで、大興奮。寒くないかというジィジたちの心配をよそに、大いにはしゃいでいました。




帰宅後はパパが作ってくれた、やまばんコンサートのDVDをみんなで見て、(ヒッキのうるさい解説つき)、盛岡の夜は更けていきました。

明日は小岩井の雪祭り、そして温泉におとまりです。

コメント表示(0)


記事No.=1201300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/01/04
 盛岡六日目 帰京 新駅通過

今日は川崎へ帰ります。
雪だるまさんともさようなら。



盛岡駅に着くと、売店で発見!ジィジ監修の岩手弁カルタです。
当然ジィジからワンセット頂いてきました。





ホームにて。はやて号とこまち号の連結を見物。





右2枚はヒッキの撮影です。





行きの新幹線内でヒッキがいい子だったとパパに聞きましたが、確かに、前回までと比べたら多少は落ち着いていたかも知れません。以前は前の席の人にいたずらしたり、後ろの席の人に「ばぁ〜」ってやったり・・・。今回はずっと喋っていたものの、回りへのいたずらは無かった気がします。


東京駅に着くと、500系とマックスが止まっていました。
反対のホームには昔の東北新幹線の姿が。



体調不良のままのパパが珍しく「新川崎からタクシーで帰ろうか」と提案。ヒッキもママも大賛成。小杉にできる横須賀線の新駅を通過します。

新駅は3月13日開業なので、東京駅に出るのも、ヒッキの幼稚園がある新川崎に行くのも大変便利になり、ありがたいです。ネックスも全車両止まるそうなので、それも海外旅行好きなパパにとってはこの上ないありがたさです。

行き同様、新川崎でお約束の記念撮影。

コメント表示(2)


記事No.=1200700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/01/02
 盛岡四日目 初詣

今日は初詣に。盛岡(東北?)では初詣を元朝参りと言いますが、元日のお参りはものすごい人出なので、ヒッキが行くようになってからは二日の朝にお参りに。

巡回バスに乗って盛岡城跡まで行き、桜山神社へ。ヒッキは公園の雪に大喜びで跳ねまわっていました。
そして「ここ来たこと有るね」と去年も来たことを覚えていたようです。
神様に参りをして、バァバに学業成就のお守りを買って頂きました。

その後、駅向こうにあるイオンまで、ヒッキのスキーウェアを買いにお買い物に。
川崎で買うよりも雪国で買う方が安いし、種類も多いので。でも、いざお店に行ってみると、結構いいお値段。「ヒッキこれがいい〜!」と選んだものも予定の倍くらいするお値段。どうしたものか・・・もっと安いのがありそうな西松屋とかは、またタクシーに乗ったりして余計なお金がかかるし・・・と思っていると、ヒッキがバァバになにやら耳打ちされて、ジィジの所に走っていきました。そして大きな声で「おじぃちゃん!お洋服、買って〜」と最高の笑顔でにっこり。ジィジ「うん、いいよ」って・・・結局買ってもらっちゃいました。毎度すみません。

フードコートでランチをして、帰宅。風邪気味のパパは休憩。
ヒッキとジィジとお庭で遊んでいました。



夜もお部屋で爆弾ゲーム大会。今夜も大はしゃぎのヒッキでした。

コメント表示(3)


記事No.=1200400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
10/01/01
 盛岡三日目   

新年あけましておめでとうございます。


盛岡の元日の朝の様子。
神棚にお料理をお供えします。

みんなでいただきます。


ママは東京駅で時間をつぶして、7時前のはやて号で盛岡へ。車中のんびり寝ることができて、いつもはヒッキがうるさくて長く感じる2時間半もあっという間。
駅までパパが迎えに来てくれました。お留守番していたヒッキは、ママが到着すると玄関に飛び出てきて、ディープキスでお迎えしてくれました。


今日は、昨夜から降り出した雪が、庭一面真っ白に覆っていたのでヒッキは大喜び。一息ついてから、ジィジ、パパ、ヒッキとママ一緒に雪かき&かまくら作りです。



玄関前からも雪を運んで、庭にかまくらを作ります。
ソリを二つつなげて、雪を運んでいました。




時折、吹雪くように降り始めましたが、パパは熱いと言って、(みんなの反対を聞かずに)コートを脱いでいます。そしてこの後、風邪をひくことになります。


かまくら作りを手伝ったり、ジィジの雪だるま作りを手伝ったり。





そうこうしているうちに、かまくら完成!!





中でくつろぐより、上から滑り降りたいヒッキ。
上にあげてもらおうとしますが、なかなかうまくいかず・・・転がされていました。


それでは、ソリを!と、パパに押してもらいました。




さすがに疲れたのか、夕方は静かにお手紙を書いてノンビリしていました。


コメント表示(0)


記事No.=1199400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/12/31
 盛岡二日目

盛岡でも、朝起きたときから元気いっぱい、パワー全開のヒッキ。


持参のデジカメをテーブルの上に置き、ビデオモードに切り替えて、自作自演のビデオ撮影。(このデジカメにビデオモードがあるとは、パパも知りませんでした。)
320*240サイズ(2分40秒)


夕方は、かずこバァバも来てくれてお年越し。
トランプゲームを一緒に楽しみました。



年越料理を、おじいちゃんと一緒に神棚にお供え。



そして、みんなで夕食。

コメント表示(0)


記事No.=1199100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/12/30
 盛岡一日目 パパと盛岡へ


今日ヒッキはパパと二人で盛岡へ出発します。ママは31日にご用があるので、後から遅れて盛岡へ。ママの運転で新川崎まで二人を送っていきました。



新川崎の駅で記念撮影。





新川崎のホームに立つと、操車場に止まっている電気機関車の「桃太郎」がたくさん見えたり、反対ホームを「踊り子」が通過したりして、ヒッキは大喜び。
東京へ向かう横須賀線の車内も空いていて、先頭車の運転席の後ろに陣取り、窓の景色を楽しんでいました。
電車は、完成に近づいてきた建設中の武蔵小杉新駅のホームを通過し、さらに西大井の駅手前では、新型NEXとすれ違ったりして、ヒッキは歓声をあげていました。

東京駅のホームで、ヒッキ撮影のMAX新幹線。
カメラは、ずっと前にママが一時期使っていたオリンパスの安いデジカメ(FE-220 700万画素)ですが、シャッターを押してから実際撮影されるまでのタイムラグが大きすぎて、とても使いにくいため、ママが使わなくなったものを、今回ヒッキが持参して撮影していました。(デジカメは使わないまま長期間放置しておくと、バッテリーが劣化して結局使用不能になってしまうため、ヒッキに使ってもらう程度でちょうどいい感じです。)



東京駅で新幹線に乗り込むと、すぐに「お腹が空いたー」とママが作ってくれたおぎにりを食べ始めたヒッキ。
大宮を過ぎたあたりでランチタイムが終わり、その後は、ビデオタイム。
小さい頃、よく見ていた「あいちゃん」(しつけハウツーシリーズ)を2本見ました。
福島を通過した付近で、通りかかった車内販売でおやつのアイスを買い、おやつタイム。
やがて、列車は仙台に到着しました。
今回の新幹線は盛岡行きの「はやて」だったため、東京を出発するときは車内も満席でしたが、仙台で多くの人が降りると、空席が多くなり、のんびりムードの列車になりました。
ヒッキも、空いた隣の3人掛けのイスのところに行き、ごろごろと寝転がってくつろいでいました。


盛岡が近づいてきた頃、新幹線車内で通路を歩いてきた車掌さんに向かって「写真撮ってあげる」とカメラを向けたヒッキ。車掌さんも「なんか照れるなー」と言いながら応じてくれました。


おじいちゃんの家の床の間に飾られていた鏡餅。(ヒッキ撮影)




そして、床の間に飾られている刀に興味を持ったヒッキは、おじいちゃんに頼んで刀を持たせてもらいました。気分はシンケンジャー???



夕方、かずこバァバがおみやげのゲームを買ってきてくれました。
早速、かずこバァバと楽しく遊ぶヒッキでした。

コメント表示(0)


記事No.=1154600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/08/15
 盛岡4日目〜帰京

今日で帰ってしまうヒッキに、ジィジもバァバもかまいっぱなし。
ジィジはヒッキとクイズをするために、なぞなぞの本を買ったりしていたとか。
ヒッキをお腹に乗せて・・・生後9日目のヒッキは大泣きだったね。



1時半過ぎのはやて、なんとポケモン新幹線でした!!!
ヒッキはそれほどポケモンにはまっているわけではないけれど、それでもやっぱり嬉しいみたい。




「おばーちゃーん、ばぃばーい!!!」
「また来てねー」




いつもはお昼ご飯の時間に充てて新幹線に乗車しますが、今回はネット割引で臨時便が安かったとか・・・。お弁当でも食べないと、時間を持て余すので、お絵かきタイム。この旅行で印象に残っている物・・・お城跡にかかっていた「鍾馗さま」
なんか、赤いポケモンみたい・・・。

大宮駅手前で鉄道博物館が見えます。
東京駅に着いたら、向かいのホームにポケモンのマックスが。
お盆休みに頻発しているのでしょう。


帰り道、市ノ坪の交差点からマンションまで、キャリアーを運んでくれました。優しいなぁヒッキ。普通の子なら、疲れてぐずる時間帯なのにね。



帰宅も遅かったし、明後日からまた旅行に出るので、外食と買い物にでました。
駅の向こうがわにできた「焼き鳥工房」・・・原則土日祝日・・・今回はお盆期間、串物が半額です。
ママ友達から美味しいと情報を聞いたので、行ってみました。
ヒッキはパパやママと同じくらいの本数、バクバク食べました。

明日はゆっくり過ごそうね、明後日から韓国です。

コメント表示(0)


記事No.=1154300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/08/14
 盛岡3日目〜城址へ

今日は昨日とうってかわっていいお天気。そんな中、高速を飛ばして秋田まで出かけました。ジィジが元気なうちにぜひヒッキに、ご先祖様のお城の跡を見せたいと、今回の帰省のメインイベントです。

目的地は秋田県美郷町。「秋田県の南部、仙北平野南東部に位置し、東は奥羽山脈を境に岩手県、南は横手市、北・西は大仙市にそれぞれ接しています」(三郷町HPより)  
着ている配色が似ていたからか、カモメ君に親近感→


9時過ぎに盛岡を出発、お昼前に美郷町に到着。お城跡を探す前に腹ごしらえ。
お店があるのかも不安でしたが・・・。



名物だという「三郷まんま」と「三郷たぬ中」を注文。
ママが頼んだ三郷まんまは、けんちん汁のご飯バージョンみたいでした。でも牛肉が美味しかったです。みんなが頼んだ「たぬ中」はたぬきそばラーメン版。ちょっと油っぽかったみたい。


さて・・・今回の秋田行きは、ヒッキのご先祖様のお城跡を訪ねるものですが・・・、ヒッキのおうちの歴史は鎌倉時代にさかのぼります。


 「本堂氏は清和源氏を称し、源頼朝の末孫を称する。鎌倉時代前半に陸奥国和賀郡に土着し、南北朝時代に出羽国山本郡(現在の仙北郡)に進出した和賀氏の庶流と考えられる氏族である。和賀氏は源頼朝の三男源忠朝の子孫と称しているが、忠朝の存在が疑わしいため正確な出自は不明である。
 当初、角館を本拠とする戸沢氏と姻戚関係を結んだものの、安東氏や小野寺氏、戸沢氏の諸勢力に組み入れられることなく、山城の元本堂城(美郷町)を本拠とし、義親 - 頼親 - 朝親 - 忠親と続いた。『寛政重修諸家譜』によれば、義親は戸沢氏と戦って鴬野(大仙市)で、頼親も金沢城主(横手市・美郷町)との戦いで、朝親もまた同じく戦死している。
 戦国時代後半には一帯を支配する小大名に成長し、元本堂城から本堂城(美郷町)に移ったのは天文年間(1532年 - 1555年)と考えられる。1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原攻めに参陣、同年9月、上杉景勝の家臣藤田信吉による検地に協力している。同年12月19日、これらにより、本堂忠親は秀吉から元本堂、黒沢などの中郡(現在の仙北郡南東部)11か村、8983石余の知行地が本領安堵された(『本堂宛秀吉知行朱印状』)。なお、忠親は秀吉の朝鮮出兵にあたって肥前名護屋におもむき、文禄2年(1593年)の牧使城(晋州)攻撃の派兵が計画された際には秋田実季などとともに名前があがっており、兵25人の軍役が割り当てられている(『浅野家文書』)。
 忠親の跡を継いだ本堂茂親は、関ヶ原合戦で徳川方につき、戦後、常陸志筑8500石に移封される。子孫は代々、江戸幕府の旗本(交代寄合)として存続した。戊辰戦争時の当主親久は新政府に与し、その功によって1万110石の諸侯に列せられた。明治17年(1884年)、男爵を授けられた。」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
 
世が世なら、ヒッキもお殿様だったのかも知れませんが、「兵どもが夢の跡」・・・です。


町内を少し走ると「本堂城回会館」なる多目的ホールがありました。

近くのおうちの方に道を尋ねると、親切に外に出て教えてくださいました。


農道を少し入っていくと・・・発見!!
「本堂城跡」の看板です。秋田県の史跡に指定されています。


「西門址」から大きなケヤキの木を目指して入っていきます。





近づくと、木に大きな人型が!!
これは疫病を防ぎ安寧を祈る鬼神、鍾馗(しょうき)様です。毎年新藁で衣替えがなされるそうです。




「記念碑」






ヒッキはバッタを捕まえたり、草を摘んだりして、のんきにはしゃいでいました。
大きくなったら、ここにお城を建ててくれるそうです。楽しみだなぁ〜。



「東門址」





更に進んで行くと・・・先ほどのお城は平地にありましたが(平城)、もともとは山の上に作られていたそうです(山城・・・元本堂城)。平和な時代になって平地に作ったとか・・・。山の入り口に鳥居が見えます。


「熊野神社」です。この鳥居のすぐ下に住んでいらっしゃるお宅にも、ジィジは訪ねてみたかったようです。何故かというと、ジィジのお父さんが以前この地を訪れた時に随分親切にしていただいたそうです。その時のご主人はもう亡くなっていましたが、ご家族の方々が覚えていてくださり、今回もヒッキにジュースを下さったり、良くしてくださりました。ありがたいことです。



まさか・・・と思いましたが、やっぱり登らないとね。
ヒッキが一番でした。



頂上には小さな社がありました。明日15日にはお祭りがあるとか。
みんなでお参りをして、お城跡を後にしました。
ミンミンゼミの声が響いていて、涼しい風が通っていました。


つづく・・・

コメント表示(0)
記事No.=1154200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/08/14
 郷土資料館へ

その後、町内の「美郷町郷土資料館」へ。三郷町の歴史と昔の生活を伝える農機具や生活道具が展示されています。
本堂家の資料も。



家紋と家宝。





「本堂城とその一族」の本も。
城跡から出土した柵の木。




ここにも鍾馗様が展示されていました。
さっきのお城跡では全然平気だったのに、今度はヒッキは「恐い恐い」と近づけません。パパに抱っこされて通り過ぎました。
不意にいたからかな。



また、わら細工約200点を展示したわら細工館もありました。
大明神や、農作業中に赤ちゃんを入れておくかご、縄のそろばん。




遊び道具です。
カペロ、カモリチャコ、シャボン玉です。

昔のシャボン玉はわらでやっていたんですね。



ソリや車いすも展示されていました。
ヒッキは機嫌も治って、昔の道具に興味津々でした。




帰り道に、ヒッキが遊べそうな遊園地を探してありましたが、遅くなってしまうので、一路盛岡へ。
高速道路はお盆割引で片道1000円也。
帰りにカッパ寿司へ。


疲れているだろうと思うのに、今夜も残った花火を楽しんだヒッキでした。

コメント表示(0)


記事No.=1154000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/08/13
 盛岡2日目〜雨のお墓参り

朝、ジィジと一緒にお仏壇と神棚に手を合わせ、お供え物をするお手伝いも。




ジィジが、お正月に来た時より、どれくらい大きくなっているか、柱にチェック。

こっちは、パパと・・・スタートレックのエンタープライズ号だそうです・・・→


昨夜からの雨が朝には本降りに。地方は東京都と違ってお墓参りは家族総出で、老若男女問わず、土砂降りの雨の中、お供えする花束を抱えてお寺さんに向かいます。

我が家もみんなで傘をさして、ヒッキはレインコートを着込んで意気揚々と雨にも負けず歩いていきます。


お寺さんに着いて和尚さんやお寺の方々に元気にご挨拶、ジィジも目を細めてニコニコ。ご本尊に手を合わせて、お位牌にも手を合わせて、再び雨の中お墓へ。
お水をかけるのはヒッキのお得意です。レインコートを着て、小さい手で拝んでいました。

続いて和子バァバのお家のお墓もお隣なので、おじさんのお墓参りをする予定でしたが、ヒッキは雨に濡れて寒くて疲れちゃったというので、一足先に近くのスーパーに行って休むことにさせてもらいました。
お店の休憩所でホットココアを飲んで冷えと疲労を回復して、またすぐ元気に戻りました。

おうちで一休みして、ヒッキはプラレールで一遊びして・・・午後からはイオンにお買い物に。何を買うかと言うと・・・ヒッキがカタログを見て欲しいと言っていた「ジェットファルコン」です。



イオンには遊べる施設も有りますが、ヒッキは「早くお家に帰ろうよぉ」と。だって早く遊びたいもんね。
家に帰るとちょうど和子バァバがヒッキに会いに来てくれました。和子ばぁばはヒッキと遊ぶために、トランプやカルタを持参していましたが、ヒッキは今買ってもらった「ジェットファルコン」に夢中です。和子バァバにも一生懸命説明していました。お気の毒・・・。なんとか言い含めてババ抜きやカルタで遊びました。


その後お庭に出て、ジィジの菜園を見学。サヤエンドウ、オクラ、キュウリです。



今夜は初物のサンマです。なので張り切って炭火で焼くことにしましたが、前日の雨のためか、なかなか炭に火がつかず、煙ばかり出るので、途中で断念・・・。



夕ご飯後は恒例の花火大会。えばりん坊のヒッキはあれこれと指示をしてうるさいったら・・・。



最後に、みんなで迎え火の上を3回ずつまたぎます。その年に風邪をひかないという言い伝えです。


みんなでスイカを食べて、ヒッキはパパと一緒に和子バァバを車で送ってあげました。
9時過ぎに戻ってきて急いでお風呂に入ってばたんキューでした。
後で聞くと、ヒッキは和子バァバのおうちにお邪魔して、オジサンのお仏壇に手を合わせて「初めまして、ヒッキです」とちゃんとご挨拶してきたそうです。赤ちゃんの時に会っているので、初めましてでは無いけれどね、きっとオジサンも喜んでくれたと思います。


明日はご先祖様のお城(城址)を見るために、秋田までドライブです。

コメント表示(0)


記事No.=1153700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/08/12
 盛岡一日目

お昼前の新幹線で盛岡へ向かいます。
ママは腰痛なので、重たいキャリアーをパパと一緒に駅までひっぱってくれました。




大混雑の東京駅で、なんとか新幹線型のお弁当を買い込み、乗車。
ご満悦のランチタイムです。



車中では元気全開でうるさくって仕方ありませんでしたが、前後が子供連れだったので、大変助かりました。
迷路のようなワークをやっているときだけ、少々静か・・・。
トイレに行くために通路を歩いてみると、ヒッキより大きなお兄ちゃんやお姉ちゃんがたくさんお昼寝中。どうしてヒッキはまったく寝ないのでしょう・・・。

盛岡駅に着くとジィジとバァバが迎えに来てくれていました。
今回は遠出の予定があるので、駅前でレンタカーを借りることになっていました。ヒッキはジィジたちはもちろん、レンタカーやさんにまで「パパは運転上手なんだよー」と自慢げに言っていました。

家に着くやいなや、プラレールをリビング中に広げて遊び始めました。
夕ご飯にはイクラが。これはヒッキが昨日の朝、わざわざジィジに電話をして「イクラ毎日食べたいから」とおねだりをしていたからです。ジィジはイクラを探して買っておいてくれたそうです。

その後みんなでイオンやホームセンターにお買い物。ヒッキは花火を買ってもらって大喜びです。イオンには小さい子が乗るカートがありますが、すかさずトーマスのカートを探して乗車していました。もうかなり無理が有ると思うけど・・・。
まぁ乗ってもらった方がおとなしいからいっか。


家に着いて花火をやろうと思った途端、雨が落ちてきました。でもやる気満々のヒッキ、仕方がないので軒下で数本だけ練習でやることにして、本番は明日、と納得してもらいました。明日は和子バァバも誘ったしね。

お風呂に入るに当たって、ヒッキはバァバをご指名。立ったまま頭を洗えるようになったことを見せたいのでしょう。


そんなこんなで今夜はく九時を回ってから就寝ですが、興奮してなかなか寝られません。明日は何時に起きることやら・・・。

明日はお墓参りです。

コメント表示(0)


記事No.=1081000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/01/03
 盛岡5日目 帰京

昨夜のヒッキは泣き疲れたのか、よく寝ていたようですが、ママ達が寝る頃にお布団に行くと・・・なんと顔中血だらけに・・・新年初鼻血です。抱き起こしても起きないほどの爆睡でしたが顔を温かいタオルで拭いたり、鼻にティッシュを入れて血をぬぐったりしていると、さすがに起きて「何するのよぉ」と一言。
またすぐ眠りに入りましたが、しばらくすると目を開けて「鼻血・・・」と、今度は反対側から出血。ということは指をつっこんで傷つけての鼻血ではなくて、のぼせたか何か別の要因のようです。はしゃぎ過ぎと思われます。夜中に起きたのにもかかわらず早起き。ママが起き出す時には目を覚ましていました。(ママは連夜寝不足です・・・)

朝ご飯を食べながら、ジィジがヒッキに「今回の盛岡で、何が一番楽しかった?」と聞くと「和子バァバが遊びに来てくれたこと」と即答でした。「どうして?」と聞くと「トランプして楽しかったから」だそうです。和子バァバはお子さんがいなくて、パパが小さいときにとっても可愛がってくれたそうです。だからヒッキのことも可愛くて仕方がないようで、5日間滞在のうち3日も遊びに来てくれました。

朝食後、荷物の整理や荷造りに忙しいパパとママのために、ジィジがヒッキの相手をしてトランプで遊んでくれました。ヒッキは「神経衰弱」をやりたがりましたが、ジィジは「疲れちゃうからパパ抜きにしよう」と。二人仲良く日だまりの中でババ抜きに興じていました。
ジィジは「ヒッキ、トランプしよう」と誘っていたので、「和子バァバとトランプしたのが楽しかった」と言われて、ちょっと悔しかったのかもしれません(笑)

ママも混じってババ抜きを。ヒッキはどうしてかババが好きで、「ヒッキにババちょうだいね」と言ったり、手元にババが来ると大喜びをしていました。
続いて神経衰弱、まだ人のめくる札をじっと見て、覚えておくという集中力はありませんが、なかなか上手に札を取っていました。
川崎に戻ったら、「トランプ、トランプ」とうるさいことでしょう。

お昼の新幹線なので、11時頃におうちを出発して盛岡駅へ。お昼の駅弁を買うのも楽しみの一つです。




車両に乗り込み、座席から手を振るヒッキ。ジィジもバァバも、窓から中をのぞき込むようにしてヒッキにバイバイ、名残を惜しんでいました。
ヒッキはお弁当をバクバク食べすぎて「気持ち悪い」と言い出し、「眠い」と言い出し、ママの膝枕でダラダラ。甘えん坊全開です。先が思いやられます・・・。


今夜は胃を休めるためにおうどんにしました。
ノンビリ入浴。いつもより30分遅く寝ましたが、なかなか寝付かず・・・疲れすぎているのかもしれません。ぐっすりと、夜泣きせず鼻血を出さず、ゆっくり寝て(寝かせて)ね。

コメント表示(0)


記事No.=1080700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/01/02
 盛岡四日目 鬼の手形と初雷 

今朝もまたご機嫌なお目覚めのヒッキ。パパと少々お寝坊して、おめめすっきりで起きてきました。おばぁちゃんが「夜中に泣いてたね」と言うと「あぁ、ちょっとぐずってたよね」ですって。他人事みたいに・・・。
今日は午前中に、「鬼の手形」を見に行って、午後は和子バァバが遊びに来てくれる予定です。

朝食後、まず「ピアノの練習しなくちゃ」と、パパとママを相手に。
もちろん弾くマネですが・・・。


そのうちパパに弾いてもらって「ママはお客さんね」と、「おばけなんてないさ」を熱演中。「♪寝ぼけた人が 見る間違えたのさ」の踊りです。よく即興で踊れるものです・・・。


「鬼の手形」を見に行く途中、中津川に白鳥がきていました。去年はパンを上げられましたが、今年は鳥インフルエンザが恐いのと、生態系が崩れるということで、えづけ禁止になってしまいました。
小さい鳥は鴨です。白い白鳥に混じって灰色の鳥が・・・子供の白鳥です。「みにくいアヒルの子」のお話をちょうど和子バァバから聞いていたヒッキは、興味深く見ていました。


いよいよ「三ッ石神社」に到着です。
神社の境内に三つの大きな岩が立っています。鬼の手形はその岩の上の方に・・・それらしき手形がなんとなく見ることができます。

盛岡に伝わる昔話では・・・
「昔、この地に悪行を尽くした鬼がいて村人が三石の神様に祈った所、鬼はこの大きな三つの石に縛り上げられてしまい、これに懲りた鬼は「もう悪さをしません」と誓った証拠に岩に手形を押しました。これが「岩手」の名の由来になりました。良く見るとそれらしいのを見る事が出来ます。
「もう二度とこの地に来ない」という事から盛岡を別名「不来方」(こずかた)とも言います」

ヒッキは恐い物見たさからか、「鬼の手形」を見るのを楽しみにしていましたが、近くに来ると「恐い」と言い出しました。でも鬼は今はいないとおじぃちゃんやおばぁちゃんが話をしてくれたので一安心。それでも恐々岩を見上げていました。ヒッキは「鬼の手形は、穴が開いてるのかと思った」と言っていて、もっとくっきり岩に穴が開くほどのものと思っていたようで、なんどもそんなことを言っていました。

神社でお参りをして「鬼さーん、出てこないでねー」と叫んでいましたが、残念なことに、夜になって鬼より恐いママの雷がヒッキに落雷することになります・・・が、それは後のお話。

三ッ石神社はおジィちゃんのお家のお寺さんのそばなので、帰りにお参りもしました。そして帰りがけにスーパーに寄り、そこで簡単なお昼を済ませて帰宅。ヒッキは相変わらずメロンパンをチョイスしていました。

帰り道、おばぁちゃんとおしゃべりしていたヒッキ、何の話からか「悪い人が増えて来たよねぇ」と言い出しました。おばぁちゃんが「じゃあヒッキ、政治家になって世の中をよくしてね。いい世の中を作ってね」と言うと、しばらく考えたヒッキは「でも、ヒッキはママのお家を造ってあげるからダメだよ」と。でも「いい世の中を作って、そこにママのお家を造ってあげる!」と、新年早々優しいお言葉。楽しみにしているね、ヒッキ。

家に戻って、和子バァバを待つ間、ピアノで遊び、お庭でスキーをして、おしりが濡れたのでお風呂に。おやつを食べて、トランプでババ抜きと神経衰弱をして遊びました。難しくて嫌がるかと思ったら自分から「全部並べて、同じのめくるのをやりたい」と。やはり今の子は物覚えがいいんだなーと感心しました。
そうこうしていると、ようやく和子バァバが遊びに来てくれました。ヒッキのはしゃぎぶりはたいそうなもので、玄関に飛び出していくほど。
バァバも混ざって、トランプ、カルタをやりましたが、疲れて眠くなってきたヒッキは、わがままを言い始め、ダラダラグズグズになっていきました。かと思えばはしゃぎ過ぎたり。ママの堪忍袋は沸々とゆるみ始めました
そしてとうとう、夕ご飯を食べる時に爆発、初雷が落ちました。

よく「義父母の前だと、調子に乗る子供を叱れなくて困る、叱られないとわかっていてどんどん図に乗るし・・・」ということを聞きますが、ママは後からグチグチ叱ったり、回りの目を気にして叱れないというのは間違っていると思うので、おじぃちゃんやおばぁちゃん、和子バァバの前であろうと無かろうと、どう思われようと、叱るべき時は叱ります。だって他の誰も叱ってくれないから、悪く思われようと、それがママのつとめだと思っています。

大泣きしたヒッキ、みんなに甘やかされながら機嫌が戻って、笑顔で夕ご飯をいただき、和子バァバが買ってきてくれたメロンをいただき、ひとしきり和子バァバに遊んでもらって、盛岡最後の夜は更けていきました。

コメント表示(0)


記事No.=1080400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
09/01/01
 盛岡三日目 新春&ファミリーゲレンデ

あけましておめでとうございます。盛岡は穏やかな新春を迎えました。(ママはヒッキの夜泣きで元旦早々寝不足・・・)
元気に飛び起きたヒッキ、ママとお布団の上で「あけましておめでとう」の練習をし、おじぃちゃんとおばぁちゃんにも上手に言えました。

朝食後は、昨夜よっぽど楽しかったようで、誰かを捕まえては「スタンプやろうよ」(トランプの間違い)と誘っていました。パパとおじいちゃんとババ抜きを、その後ママも参加して「神経衰弱」をやらせてみました。全部ではカードが多いので半分(黒カードだけ)でやってみましたが、すぐに理解したので、次におばぁちゃんも加わって、全カードでやってみました。全部のカードだと、ヒッキだけでなく、大人もみんな札の場所を覚えられず、大変でした。そのうちヒッキの記憶力に抜かされることでしょう。

その後、近くの駐車場までたこ揚げに。なかなかうまく上がらず、パパとおじぃちゃんは一苦労でした。駐車場では風がないので、近くの河原まで行こうとパパが提案しましたが、ちっとも上がらないたこ揚げに飽き始めたヒッキは「お庭でスキーやりたい」と言うので、あえなく退散です。

おうちに戻ってお庭でスキー。今日は歩く練習をしていました。庭を何往復かした後、またまたソリを使って、今日は車ごっこをしたそうです。寒い中ヒッキに付き合わされるおじぃちゃんとパパはご苦労様です。(ママは途中退場)


午後は盛岡城跡の「桜山神社」に初詣に行きました。この辺では八幡様が有名ですが、人出も大変なのでヒッキ連れで寒い中並ぶのは無理なので断念。でもヒッキは十分楽しんでいましたが・・・。

列に並んでちゃんと順番を待って、まじめにお参り。ヒッキのお願いは何かな・・・?
お札やくまでを発見!一番大きくて高価な物を購入希望。もちろんおじぃちゃんは買ってくれました。


ご機嫌で写真撮影。
(写真編集は川崎に戻ってからします)



混んでいるのは覚悟で八幡様に行ってみましたが、とても並べるような列の長さでは有りませんでした。なので引き返すことになりましたが、納得いかないヒッキにパパが綿飴を買ってくれました。



夜は手巻き寿司。ヒッキの好物ばかりが並びます。良かったね、ヒッキ。
明日は午後和子バァバがまた遊びに来てくれます。午前中はおじぃちゃんに教えられた「鬼の手形」を見に行く予定です。

コメント表示(0)


記事No.=1079400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/12/31
 盛岡二日目 初めてのスキー・初めてのトランプ

ぐっすり寝て、朝7時半頃に元気に起きたヒッキ。
1日、プラレールや雪だるまを作って遊びたいところでしたが、ママがどうしてもユニクロで買い物をしたいというので、さっと行ってヒッキにも何かいいものを買ってくれて、さっと帰ってくるという約束で、お出かけに同意。


行きはバスを乗り継いで、約1時間ほどかけてイーオンの近くにあるユニクロに行きました。そして、ユニクロで買い物をした後、イーオンに寄り、おじいちゃんから「何か好きなものを買ってあげるよ」と言われ、プラレール売り場でさんざん迷ったあげく、国鉄時代の塗装をしたL特急車両を買ってもらいました。


さらに、庭で雪遊びをするためのソリと子供用スキーも買ってもらい、ご機嫌のヒッキ。
イーオンのフードコートでランチを食べた後、タクシーで帰ってきて、買ってきたプラレールの車両を広げた後、庭に出て、少し残っていた雪の上で、初めてのスキーに挑戦。



足がツルツルと滑ってしまう感覚を楽しみながら、自分からわざと雪の上に転んだりして喜んでいました。




転ぶたびにゲラゲラ笑って、「スキーって難しいねぇ、でもおもしろいねぇ」と大喜びです。事実初めてにしては覚えが良く、けっこうセンスいいかもしれません。残念ながらパパはスキーはできないそうで、代わりにおじぃちゃんがスキーを持ち出してきましたが・・・。「すってんころりんだねぇ」と、これにもヒッキは大喜び。

しかし、やはり、最後はソリを2つつないで、おじいちゃんやパパに引っ張ってもらいながら電車ごっこ。

午後4時過ぎに和子ぱぁばが訪れ、一緒に楽しく年越しをしました。
パパの実家では、大晦日、男の人の食事はお年越しの神様にお供えしてから頂きます。
関東の、大晦日は大掃除の後、年越しそば、元日におせち料理というのとはだいぶ違います。
大晦日から年明け15日まではお仏壇は閉めておくそうですが、心優しいヒッキは「お仏様にもごちそうあげようよ」と言って、ナムナムと拝んでしいました。

夕食の後は、和子ばぁばが持ってきたトランプでババ抜きゲーム。
トランプ遊びも、ヒッキは初めてでしたが、最初の2回はヒッキが一番に勝ちました。
ヒッキは誰がババを引くか大興奮で、おおはしゃぎのトランプゲームでした。
そして、和子ばぁばが帰った後、紅白歌合戦の「ポニョ」の歌を見て寝たのでした。



今朝起きたヒッキは「鬼の夢見たよ。みんなで遊んだの」と言うので「恐くなかった?」と聞くと「だって鬼も優しいんでしょ。でもどうして恐い鬼もいるの?」と。昨日和子ばぁばが「泣いた赤鬼」のお話をしてくれたのを思い出したようです。
「普段は優しいけど、悪いことをしたらこらぁって恐くなるんだよ」とママが言うと「そっか、ママと同じだね」「・・・そうだね


興奮さめやらぬヒッキはお布団に入ってもなかなか寝付きません。ようやく寝たのは9時過ぎ。しかし・・・11時半過ぎ頃から、何度も「ぎゃーっ!!」と叫んで起きました。「恐いよぉ」と泣いたり「ダメ!」と言ったり何か夢を見ていたようです。そして「からっぽになっちゃったよぉ」とも泣いていました。
今日イーオンでお昼を食べたときに、ママがヒッキの注文したお盆とママのお盆の二つを両手に持ってテーブルまで運んできました。ママの席に移動していてたヒッキに「早く自分の席に戻って」と注意しながら自分のお盆をテーブルに置こうとしたとき、ウーロン茶の入ったコップがひっくり返って、ヒッキのズボンが濡れてしまいました。「濡れちゃったよぉ」と泣き出すヒッキ。そして「空っぽになっちゃった〜」とも。
多分、そのときの夢も見たのでしょう。よほど悲しかったのかな・・・。

コメント表示(0)


記事No.=1079100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/12/30
 盛岡へ

今日から盛岡へ帰省。
ヒッキは、楽しみにしていた盛岡で、朝からハイテンション。
新幹線の中でも、大声を出して陽気にしていたかと思うと、プラレールの本を読んでいて気持ち悪くなってしまい、グダグダとママの膝に寝ころんだりしながら、なんとか盛岡に着きました。

写真は「こまち号」の中で。後ろにマックスが写っています。
それから東京駅でヒッキが見つけた「新幹線弁当」です。新幹線なのに何故か汽車のおまけが付いていました。


おじいちゃんの家に着くと、ヒッキはお正月準備のお手伝い。





しばらくして、和子ばぁばが訪れて、福笑いのゲームをしたりカルタ取りや、コリントゲームをしたり、楽しく過ごしました。




和子ばあぁばも一緒に夕食を食べましたが、今夜の献立は、ヒッキの大好きなカレーライス。ヒッキはお代わりをして、お腹いっぱい食べました。

明日の大晦日も和子ばぁばが来てくれることになり、楽しみなヒッキです。

今年の盛岡は温かく、ヒッキが楽しみにしていた雪は積もっていませんでした。明日以降のお楽しみです。

コメント表示(0)


記事No.=1036100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/08/20
 盛岡6日目〜帰京

今日で盛岡滞在は最終日。前日はぐっすりだったヒッキですが、また昨夜は泣いていました。朝になって聞くと「夢見てたんダァ。新幹線のおばけの夢。みんなでエィエィってふんずけてやっつけたんだぁ」と。「ふんずけてやっつける」のは多分、昨日「ポランの広場」でヤマネコを踏んづけてやっつけたイメージなのでしょう。

最終日も、ちゃんとじぃじのお手伝い。
仏様と神様にお水をあげて、手をあわせていました。ヒッキは口が回らず「おとけさま」と言っていましたが。

盛岡のおうちを後にする前に、遊んでいたおもちゃを片づけました。じぃじに買ってもらったプラレールの「ウィン350」は「持って帰ったら?」とばぁばが言ってくれましたが、「ヒッキのおうちはおもちゃたくさんあって、パパが買っちゃダメって言ってたの。だからこれは盛岡に来た時に遊ぶ物なんだよ」と、おもちゃ箱にしまっていました。子供なら、新しいおもちゃは魅力的で、自分の手元に置きたいと思うものだろうに・・・。

ハヤテマン。盛岡駅にて。新幹線のおばけってこれ??

名残を惜しんで・・・。



帰り道も、仙台の車両基地を狙ってビデオを撮りましたが・・・ファスティックはお出かけのようで、はやてとか、こまちのみ。



帰宅後、一休みしてから、いつもの耳鼻科へ。中耳炎が完治しているか診てもらうためです。ヒッキはなぜか耳鼻科に行くのを喜んでいて、「お土産買いたい」とまで。なので盛岡駅でクッキーを購入。待合室から診察室に入るときも自分で大事そうに抱えて「これ、みんなでオヤツに食べてね」と看護士さんに渡していました。
中耳炎も風邪も完治。明日のプールも週末のグアムもOKが出ました。明日明後日は少しノンビリして、グアムに備えましょう。

コメント表示(0)


記事No.=1035800 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/08/19
 盛岡5日目 童話村&かっぱディナー 

昨夜は夜中に一度も目を覚まさなかったヒッキは、朝の5時半から起き出して、ママとさっそく朝風呂に行きました。(部屋にいるとうるさくしてパパが寝られないからです)

朝食はバイキングです。朝からご機嫌なヒッキ、テーブルの陰に隠れて、ママを脅かそうとしましたが、ママと間違えて、先にテーブルの角を曲がってきた、知らないおばぁさんに「バァ〜!!」と大きな声とともに飛び出して脅かしていました。まったく・・・。

今日は残念ながら雨模様なので、花巻の宮沢賢治の童話館へ。お昼は「山猫軒」、賢治の童話の「注文の多い料理店」を模したお店で食べることにしました。着く前にヒッキに「これから行くお店は山猫に人間が食べられちゃうレストランなんだよ〜」と言うと、お得意の「どうして」攻撃が始まりました。車中、おばぁちゃんがヒッキに童話の内容を話して聞かせてくれましたが、「怖いから行かない」と言い出しました。

パパに抱っこしてもらって入店。お店に置いてあった絵本を、始めママが内容を簡単にして読み聞かせすると、次にパパに「ちゃんと読んで」とリクエスト。はしょらないで、ちゃんと読んで欲しかったようです。恐いけどちょっと興味津々でもあり・・・。


郷土料理のひっつみと焼きおにぎりの定食。

帰る頃にはこんな余裕も。


お店を出ると雨が止んでいたので、南斜花壇、ポランの広場を見学。
賢治の設計した日時計を説明してくれたじぃじと、ヒッキの生意気な後ろ姿。
ヤマネコのモザイクをじぃじと二人で踏んでやっつけました。


サルビアの蜜をなめさせてみると「あっま〜い!!」と。
「パパも舐めてみて!!」と誘っていました。




童話村へ。自ら「ママ、写真撮って」と記念撮影。すると隣で撮っていた男の子が、パパさんのカメラでヒッキのことを「撮ってあげる」と話しかけてきました。でもヒッキは「いいよ」と、そっけない態度。みんなで「撮ってくれるって」と言っても「いいって言ってるでしょ!」と、その場を後にしました。恥ずかしいという気持ちが芽生えているのかな。


童話村内の「賢治の学校」にて。
「大地の部屋」には布製の巨大な昆虫が。以前来たときは平気だったのに、今回は「パパ、抱っこして〜」とすっかり甘えん坊。


「賢治の教室」も見学して、その後、野外のステージを発見したヒッキは、「ショーを始めまーす」と大張り切りで躍っていました。じぃじも誘って・・・。


帰り際に、門の外に置かれているSLを発見。もう車に乗り込もうというのに、走っていって運転手さんに。じぃじとばぁばを無理矢理誘って発車オーライ。

帰りにスーパーでお買物をして、近くのカッパ寿司へ。
ここは何と、新幹線が注文の品を運んできてくれるお店でした。(ヒッキの家の近くの店舗は計画倒れ)普通にカッパに寄れただけでも喜んでいたヒッキですが、更に拍車がかかったのは言うまでもありません。

そしてここで、ヒートアップしたヒッキは、何を思ったのか突然「ママの方がおバァちゃんより優しいよ」と言いだしました。アタフタするママ・・・(笑)
こんな風に憎まれ口?を言いだすようになっていくんだなぁ。最近、自分の思うようにならないと、いじけて「もう言わないよ」とか「もう、やらない」とすねたりいじけたりもするようになりました。

帰り道、再び雨が激しくなってきました。車のワイパーが忙しく行ったり来たり。それを見ていたヒッキ、「反対だったらいいのに。そしたら、パパの邪魔にならないよね」と。
何のこと??と思いましたが、ワイパーが左下から右に動くのを見て、反対に右下から左に動いた方が、運転している人に邪魔にならないのでは?と疑問を持ったようです。実際はどうかわかりませんが、いろんなコトを考えているんだなぁと感心しました。

コメント表示(3)


記事No.=1035500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/08/18
 盛岡4日目 つなぎ温泉へ

今日は、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に、盛岡のつなぎ温泉に1泊の旅行。
家から来る途中、イーオンで買い物をした後、小岩井農場へ。



気持ちの良い広場にシートを広げてみんなでランチタイムを楽しんだ後、ヒッキはおじいちゃんを誘って、園内を一周するモーモートレインに乗りました。


それから、ポニーに一人で乗り、羊ショーを見たり・・・




ヒツジと触れあったり・・・






アスレチック遊具で遊んだり・・・





牛の乳搾りの体験をしたり・・・。
右の写真、よく見ると、ちゃんとミルクが出ています。
ヒッキは「オッパイあったかかったよ。気持ちよかった」と感想を述べていました。また説明の際に「子牛はお母さんのオッパイは飲めません」とお姉さんが言うと、しきりに「どうして?」を繰り返していました。お母さん牛のオッパイは牛乳や乳製品を作るのに使われてしまうからです。オッパイ好きなヒッキにとって、衝撃だったようです。


そうは言っても、小岩井のソフトは外せません。新鮮なミルクで作ったソフトも食べて、農場の1日を大いに楽しんでいました。
ただ、せっかく昆虫採取の網を持ってきたのに、虫がほとんどいなかったのは残念。盛岡はすっかり秋の様相で、原っぱにも昆虫の姿がほとんど見えませんでした。


<左>大好きなひまわりの花と。
<中>いつか泊まりたいSLホテル
<右>お兄ちゃん達と意気投合して遊んでいました。



夕方、小岩井農場から車で20分ほどで「愛真館」ホテルへ到着。
チェックインを済ませると、ヒッキはさっそくママとおばあちゃんを誘ってお風呂に入りに行きました。
そして、豪華な夕食。ヒッキも、子供料理をお腹いっぱい食べました。
夕食の後、今度はパパとおじいちゃんを誘ってお風呂に入り、上がるとさっさ自分から寝る用意をして布団に潜り込んだのでした。

コメント表示(0)


記事No.=1035200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/08/17
 盛岡3日目 お買い物

昨日ヒッキは、内容は忘れたけれど、とってもいい夢を見たと言っていました。今朝は4時頃に「違う、違うってば」と寝ぼけてバタバタ暴れたヒッキ、今日の夢は覚えていないそうですが、あまりいい夢ではないのかも。疲れすぎ?

朝ご飯を食べながら、またふざけていて、ママに「ちょっと!」と言われたヒッキ、「また、怒られなければ・・・」とつぶやいていました。怒られる自覚はあるみたいです。

朝ご飯後・・・「和子ばぁばからもらった、アンパンマンと食パンマンの貯金箱にお金を入れたいからお金ちょうだい」とヒッキ。パパもママもばぁばも適当に流していましたが、じぃじにおねだりすると、あっさり「あぁ、いいよ」とお小遣いをくれました。


その後ヒッキのお手伝いで「モチモチパン」を焼きました。家でもやったことがあるので、ヒッキはばぁばに「こうやるんだよ」などと教えてあげていました。混ぜて焼くだけの簡単なものなのに、みんなに、特にじぃじに大好評でした。良かったね、ヒッキ。



今日から駅でレンタカーを借りたので、みんなで大型スーパーに買い物に行きました。というのも、じぃじのお誕生日プレゼントをヒッが選ぶ約束をしていたからです。

じぃじに好みを聞くと「白の長袖」「チャックが楽」というので、ヒッキが選んできたのは・・・似合う??


じぃじのシャツを選び終わると、さっさとトーマス号に乗り込み(もう小さいってば)、プラレールのジオラマを見学。「孫カード」を使いたかったじぃじは、ヒッキにプラレールを一つ買ってくれました。初め、何か買ってもらいたかったヒッキは、ママに欲しそうなそぶりをしていました。「パパに聞かないとね」と言うと「ママが聞いて」と消極的なヒッキ。そこへじぃじがやってきて「何か欲しいのある?」と声をかけられると、俄然積極的に選び始めたのでした。

その後、普段車がなくて買いに行けないようなじぃじたちのお買い物に行きました。ヒッキは本当は早く買ってもらったプラレールで遊びたいのに、「もう一件いいかな」と言うと「うん、いいよ」とおとなしくつきあってくれました。

家に一度帰って、おやつタイム、プラレールタイムを取った後、ヒッキのリクエストで、家から見える「岩山」に虫を捕りに行きました。



でも残念なことに、山頂付近は既に秋の風が吹き、虫の鳴き声さえしていませんでした。それでも展望台に登って盛岡を一望、すっかりご機嫌のヒッキでした。



コメント表示(0)


記事No.=1034900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/08/16
 盛岡2日目 お墓参り

盛岡2日目。

早起きヒッキはじぃじと一緒に朝のお勤め。
じぃじがお経を唱える横に、おとなしくちょこんと座っていました。




今日は午前中、お墓参りに行きました。
ヒッキの足で15分ほどの場所にあるお寺までお墓参りに行くと、お墓でちょうどお参りに来ていた和子ばぁばとばったり。
お昼は、家に来てもらい、和子ばぁばも一緒にご飯を食べることにしました。

お墓参りの後、お寺の本堂に入り、襖に描かれた地獄絵を怖そうに見るヒッキ。悪い人は、閻魔様のところに行き、こんな風に地獄に行ってしまい、いい人はお釈迦様のいる極楽に行くんだよ、と説明すると、「もう見なくていいから早く行きましょう・・・」と、怖い絵の場所を早く立ち去ろうとしていました。



お昼は、盛岡の老舗洋食レストラン「みずの」からデリバリーしたランチを、和子ばぁばと一緒に食べました。




そして、和子ばぁばとコリントゲームを楽しんだり、ヒッキが自ら「演奏会を始めますのでみんな集まってくださーい」とみんなを居間に集めて、独演会を行ったりして、大はしゃぎの午後を過ごしました。











夜は、夕食後、昨日に続いて花火。
今日は噴水花火も買ってきて楽しみ、夜8時前には、さっさと布団に入ったのでした。
  

コメント表示(0)


記事No.=1034600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/08/15
 盛岡へ帰省

今日は盛岡へ帰省。
ヒッキは、ずっと以前から「今度はいつ盛岡に行くのか」と、とても楽しみにしていたため、朝からハイテンション。出発予定の1時間前からリュックを背負って準備完了でした。
新幹線の中でも、大きな声ではしゃぐこともあり、周囲にちょっと迷惑をかけてしまいました。小さい頃は「オッパイ飲んでネンネして」だったので、かえって楽だった気がします。



仙台をすぎると車両基地が見えてきました。新型新幹線ファスティックです。




駅で、迎えに来てくれていたおじいちゃん、おばあちゃんと会い、タクシーで家に向かいました。
家に着くなり、のどが乾いていたようで、「みんなでお茶を飲みましょう」と、おじいちゃん、おばあちゃんを呼んで、リビングでティータイム。でも、一人でゴクゴク冷たい麦茶を飲み終えると、さっさとプラレールの箱を開けてレールをつなぎ、いつもの通り、プラレール遊びに興じていました。

おばあちゃんとママが買い物に出かけるときも「いってらっしゃーい」と送り出して、おじいちゃんと、お相撲ごっこをしたり、庭の畑でプチトマトやナス、巨大キュウリを収穫して過ごしました。

夕食はヒッキの以前からのリクエストで、手巻き寿司。なんといってもネタが新鮮かつおいしいので、ヒッキは何度も「おいしいねぇ」と顔をほころばせていました。



そして、夕食後、空が暗くなってきた頃に、庭で花火大会。ヒッキは夕食の片付けをしているおばぁちゃんに「せっかく一緒にやろうと思ったのに」と声をかけたり、みんなに花火を配ったりして、とっても世話焼きさんでした。途中花火を敷石に向けてやっているときがあり、注意されると「だって草さん、かわいそうだから」と、芝生にまで気を遣っていました。


おじいちゃん、おばあちゃん、パパ、ママのみんなで、花火を楽しみ、盛岡の1日目が終わりました。

コメント表示(0)


記事No.=0961000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/01/03
 盛岡五日目〜帰京

今日は「はやて」に乗って東京に戻ります。
朝6時前にまた「お腹痛い」と言ってゴロゴロしていました。しばらくお腹をさすりながらダラダラして、「トイレ行ってみようか」と誘うと「うん、出そうな気がする」と。ウンチが出たら「あーすっきりした」とお腹の痛みも取れるようです。消化不良か張っているのか?

帰る時間まで、ピアノを弾いたり、ジィジや約束通り遊びに来てくれた和子バァバと遊んで過ごしました。



朝ご飯を食べている時に、ジィジから「入園のお祝い」をいただきました。プラス「交通費の足しに」と、二つの封筒をパパに。するとそれ見ていたヒッキは「ママには?」と何度も聞くので「ママは等々力のバァバがくれたからいいのよ」と言うと納得した様子でした。その後、盛岡駅でお昼の駅弁を買おうとしていたママに、ジィジが「お弁当代に」とお小遣いをくれました。すると今度はヒッキは「おじいちゃん、ママにあげてくれてありがとう」と言うのです。ヒッキは観察力がスルドイので、どうしてママにはあげないのかなと思って、心配してくれていたのかもしれません。ありがとうね、ヒッキ。

帰りの車内もおとなしくできましたが、時折ママに甘えて膝によじ登って眠そうにしていました。お腹の具合でも悪くないか心配しましたが(車内で漏らしたら最悪)そうではないらしく、甘えモードだったようです。ヒッキなりに気を遣ったり、はしゃいで疲れていたのかな。



帰宅後、軽くおうどんを食べて、パパのお膝でアンパンマンを見て、早めに就寝のヒッキでした。

コメント表示(0)


記事No.=0960700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/01/02
 盛岡四日目〜ウンチマンヒッキ

昨夜はぐっすり寝てくれたヒッキ、7時過ぎにお目覚めです。
でも朝から「お腹痛い」と言い、「このへん・・・」と胃のあたりを押さえています。食べ過ぎか?昨夜夕ご飯後に煮干しをボリボリ食べていたっけ・・・。
それなのに朝から「お腹空いた」と食パン1枚半プラスサラダも食べていました。

午前中はママがジィジとお出かけ、ヒッキはバァバとパパとお留守番。というのも、自分から「ヒッキはお家にいる、お家で遊んでいたい」というのです。
やっぱり疲れが出ているのかなぁ。ジィジに、コマや「おさるのジョージ」の絵本などを買ってもらっている間、ヒッキはパパとパズル遊びをしたり、お庭で雪遊びをしていたそうです。



お昼には、和子バァバが再び遊びに来てくれました。ヒッキは大喜び。和子バァバは小学校の先生をしていたからか、子供の相手がとっても上手でヒッキの心をすっかりつかんでいます。
一昨日夜に帰る時も、タクシーに乗り込む和子バァバに「明日も来てくれる?」なんて喜ぶことを言っていました。でもそれはお世辞ではないようで、昨日は「和子バァバ来なかったね」と残念そうに言っていたほどです。

和子バァバやジィジが子供の頃に遊んだ「コリント」というピンボールのようなゲーム台がほこりまみれで押入から出てきました。なんとも歴史を感じます。
ヒッキも挑戦、みごと数字の穴にボールを入れていました。



和子バァバを見送りに玄関先まで出ると、お向かいさんがヒッキに竹とんぼをくれました。
お庭で飛ばしてみると結構飛ぶのでヒッキは大喜び。ジィジとパパと何度もやらされていました。



夜、テレビで「ガンコちゃんスペシャル」と「アンパンマン」がやるので、それまでに急いでお風呂に入り夕ご飯を済ませました。ガンコちゃんを見て、さぁアンパンマンが始まる・・・という時にヒッキがなんだかモゾモゾ、そして「ウンチ」と弱々しくつぶやきました。
今日は朝食前、朝食後、昼食後とすでに三回もウンチが出ています。消化不良かしら・・・と急いでトイレに行くと・・・なんと、トーマスのお気に入りのパンツにウ○チが。
「まだ出る」というので便器に座らせると、ウンウンと苦しそうです。四回もウンチが出て、その上昨日に続いて漏らすとは!!!!かなりショックなママ・・・これも「運がついた」と言えるのか???
普段と食生活も生活のペースも違うので、ヒッキのお腹も戸惑っているのかもしれません・・・と思うことにします(涙)

残りのアンパンマンを見て、早めにお布団へ。いつもはパパと寝ますが、「ママも」と言うので三人で絵本を読んでごろごろしていると寝てしまいました。
やはり疲れているのかな?一日中ハイテンションで、はしゃぎすぎなのでしょう。

明日は帰京です。上りのラッシュは明日がピークらしいので、またまた大変だと思いますが、なんとか新幹線内、よい子でいられますように。
ヒッキのお腹の調子も元に戻りますように

夕方また和子バァバから電話があって、明日午前中、家の方にさよならを言いに来てくれるそうです。すっかりヒッキがかわいくて仕方ないのでしょう。和子バァバはパパのことをとってもかわいがってくれたそうですから。
盛岡のジィジやバァバ、等々力のバァバ、葵ちゃん一家、そして和子バァバのように、心からヒッキをかわいがってくれる人たちが多くいることはとってもありがたいことだと思います。人から愛された経験、記憶のある子供は、人を愛することができる人に成長できるそうですから。
みんなの愛情をたくさん頂いて、ヒッキも人を大切に、思いやれる人に成長してね

コメント表示(0)


記事No.=0960400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
08/01/01
 盛岡三日目〜かまくら再び

あけましておめでとうございます。

昨夜は何度も寝返りを打っては、ママがいない〜と泣いていました。疲れすぎたのか??
明け方に「うん、うん」とうなっているので、またかぁ〜と思っていたら「うんち」と小さい声でつぶやきました。慌てて飛び起きてトイレに。急いでパジャマとオヤスミマンを下ろすと・・・ポロリ・・・と何かが落ちました。まっまさか・・・ヒッキを便器に座らせてから見ると、やはりそれは紛れもない・・・
「出ちゃったの?」と聞くと「うん」と平気顔。お正月早々・・・と後でパパに言うと「良かったね、運がついて」と他人事みたいに。

時計を見るとまだ6時少し前。「どうする?」と聞くと「まだ寝る」と言うので、二人でお布団で30分くらいヌクヌクして起床。

昨夜も雪が降り積もったので、昨日せっかく作ったかまくらも半分押しつぶされていました。ヒッキは起きてきてパパに「もう一個作ってね」とおねだりしていました。

お正月なので神棚にお供えもの、お仏壇にお経を唱えるジィジにくっついてお手伝い?していました。
各部屋(トイレやお風呂場にも)写真右のような「としな(年神様)」を飾ります。


午前中に、こちらでは「元朝参り」という初詣に行きました。
バスを降りてから神社までの間、雪が降り積もっている所をわざわざ選んでは、ズボズボ埋まりながら歩いていました。
朝が早起きだったから大あくびのヒッキ。



午後からまたパパがお庭でかまくら作り。ヒッキもお手伝いです。
つぶれかかっているところに雪を足して、また穴を開けて・・・。汗びっしょりになって修復していました。
完成したかまくらの中で、ミカンを食べ、お灯明を灯したりしました。

これは2年前、1歳7ヶ月の時のヒッキです。
ヒッキにとって初めての雪でした。




ソリの滑り台も新たに作って、ヒッキもジィジもソリ滑りに興じていました。

なかなか経験できないことなので、ありがたいことです。



お風呂で温まってテレビを見ているとヒッキが「お腹すいた」と言い出してバァバを焦らせました。5時10分くらい前です。小さいおにぎりを作って先に一口食べさせて待っている間に、すき焼きの夕ご飯!!となりました。

ご飯前、パパはソファでうたた寝、ヒッキも食後プラレールを走らせて、ぼんやり眺めていたので、早めだけどお布団に誘うと「うん、いいよ」と承諾。やはり疲れているのでしょう。こんやはたっぷりぐっすり寝てくれるといいなぁ。

そうそう、食後パパとプラレールを走らせていて、楽しかったのか「おしっこ!」と今までになく慌ててトイレに駆け込みました。パパも後からついて行ってくれましたが、なんだかのんびりムード。ママは「やばいな」と予感があり、トイレを覗くとやはりそこには泣きべそのヒッキが。「出ちゃったよぉ」と。
疲れているのと、寒いのと、楽しかったのと、いろいろ重なって元旦そうそう失敗です。まぁ仕方ないね。
今年ものんびり成長していこうね。

これは庭の植木にできていた氷柱?です。(拡大して見てください)

コメント表示(0)


記事No.=0959400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/12/31
 盛岡二日目〜かまくら作り

朝6時過ぎにモゾモゾ起き始めたヒッキ、なんとか半までお布団の中で過ごしましたが、「もう起きようよ」とガバッと起きあがりました。「夕べおじいちゃんとお約束したこと覚えている?」と聞くと「早く起きてもみんなを起こさない」とちゃんと覚えていました。しかし、覚えていることと実行できることは別のようで、まずパパのお寝坊をカメラにパチン。続いておじいちゃんの寝ている部屋に向かいました。でもお部屋のドアが堅くて開かなかったようで「開かないよぉ」と泣きながら戻ってきました。何も泣かなくていいのに・・・。一緒に行って隙間を開けてあげると、またまたカメラを向けて隠し撮り。フラッシュにおじいちゃんも起きてしまいました。

おばぁちゃんが「お庭を見てごらん」と言うので急いで見ると、なんと雪・雪・雪!!
昨日盛岡に着いた時は残念ながら残っていなかった雪ですが、一晩で一面銀世界に。というか、吹雪いてますけど・・・。もちろんヒッキは大喜び(犬か?)ご飯も食べていないのに、お外に行きたくて仕方有りません。まだ寝ているパパを起こして朝ご飯をせかしていました。ジィジがヒッキの大好物のメロンパンをたくさん買っていてくれました。どれ食べようかな。

朝から絶好調のヒッキ、朝ご飯ではいい気になってママに叱られ、そしてお出かけ前にいつものように、ズボンをはいては逃げ、靴下をはいては脱走・・・を繰り返したので、「自分一人で着替えるか、出かけないかにしなさい」とママに雷を落とされ激泣きに
雪遊びをするにはスノーパンツを買って来なくてはならないので、お買い物に行けないと困るヒッキ、泣きながら懇願していました。
玄関前もすごい積雪です。
出かけるときに帽子をかぶったジィジを見て「おじぃちゃん、すてき、ドングリみたい」だって・・・。失礼な。(でも言い当ててる??)

買い物先のイオンでさっそくトーマスのスノーパンツを1500円でゲット。
その後ママのお買い物中、キッズコーナーで一遊び、トミカで二遊び。いつもなら長時間遊び続けるヒッキですが、「帰って雪だるま作ろう」というパパの一声でさっさと終了。

帰宅後、さらに降り続く雪のため、玄関前が大変なことになっていたので、パパが雪かきを始めるとお手伝いを。ジィジの除雪機もやりたくてやりたくて。
一度おうどんランチ休憩をとり、再び雪世界へ出て行きました。

パパがお庭にかまくらを作ってくれました。ジィジも雪だるまを。ヒッキもせっせと雪を積み上げていました。去年は足下もおぼつかないヒッキでしたが、今年はなんとかお手伝いになっているようでした。


雪をバケツに入れて運んだりしていましたが、そのうちに、本領発揮。雪かき用のショベルに乗っかったり、かまくらの山から転がり落ちて遊び始めました。
バァバは「危ない」を連発していましたが、ママは横で「おもしろ〜い、もう一回!」を連発して呆れられました。


かまくらの横にソリ用の斜面も作られ、ジィジもパパもヒッキも三代で滑っていました。ジィジはソリに腰掛けた途端後ろにひっくり返り雪まみれに。バァバも大笑い。お庭でこんな風に遊べるなんて、本当に贅沢で、幸せだなぁと思いました。



肝心のかまくらですが・・・パパが吹雪り中汗だくになって雪を積み、穴を掘り、ようやく完成しました。ヒッキとジィジの雪だるまも完成です。パパもジィジも寒い中、ご苦労様でした。

ゆっくりお風呂に入っていると、和子バァバが訪ねてきてくれました。
お洋服と、そしてさいころの箱に入ったお菓子をプレゼントしてくれました。そのさいころを使って、手作りの双六も作ってきてヒッキと一緒に遊んでくれました。
ヒッキもなんとか理解したようで、楽しくはしゃいで遊んでいました。



「お年越し」の食事です。関東では大晦日には年越しそばを食べて、元日におせち料理を食べますが、盛岡では大晦日の夜ご飯がご馳走です。




その後もパパとピアノを弾いて歌ったり、ノンタンのビデオをみたり、今日はヒッキにとって楽しいことだらけの一日でした。
お風呂上がりに「楽しかったなぁ、雪だるまも作れたし、プラレールもできたし、なんだか大好きだよ」と嬉しい気持ちを表していました。

明日も雪は降るようで、今日完成したかまくらで、みんなで甘酒でも飲んで見たいものです。

来年はいよいよ幼稚園生になるヒッキ、どんな新しい生活が待っているのかな。
ママべったりだったヒッキが一人で新しい世界に飛び込んでいきます。
楽しみであり不安でもあり・・・。ヒッキの笑顔が曇ることのない様に、楽しい毎日が待っているといいね。

みなさん、よいお年を。
来年もヒッキとヒッキ一家をどうぞ宜しく。

コメント表示(0)


記事No.=0959100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/12/30
 盛岡一日目

今日から四泊五日で盛岡です。
年末の帰省ラッシュは今日がピークだというので、東京駅の混雑はどれくらいか??

朝ベッドで「ママ〜」と呼ぶので行ってみると「お腹空いちゃったんだよね」とフニャフニャ。昨夜あんなにハヤシライスを食べたのに。

「今日ははやてに乗って盛岡に行く日だよ」と言うと「急がなきゃ!遅れちゃう!」と飛び起き、パパのことも「パパ!盛岡に遅れちゃうよ!」と起こしていました。

朝ご飯を簡単に済ませて、バタバタと支度をしていると、ヒッキもさっさと着替えて、リュックに自分のおもちゃやお菓子を詰め込み、「ヒッキもう準備できたよ、じゃあしゅっぱーつ!」と勝手なことを言います。普段はダラダラするくせに・・・。でもそれだけ楽しみにしていたということでしょう。
リュックの中に、昨日買った「カイト」まで入れようとするので、「盛岡で凧を用意してくれてるかもしれないから、電話して聞いてみよう」と言うことになり、ヒッキとなんて言うか練習。「凧買ってくれた?食べるたこじゃなくてあげる凧だよ」と。しかし第一声、電話に出たジィジに向かって「食べるたこじゃないよ!」と言ってびっくりされました。もちろん、ジィジは用意してくれていました。

準備OKになって、さぁ出発という時になって、テーブルにおいたスーツケースの鍵が見あたりません。
昨日事前に盛岡に送ったスーツケースです。それがないと開けられないので、かなり焦ってあちこち探したけれど無いのでパパに「鍵しまった?」と聞いても「イヤ」という返事。「ここに置いておいたのに」とさらに探していると、突然ヒッキが「ヒッキさっきいじってたけど」と自己申告。「どこにおいたの?」と聞いても「どこだっけなぁ」と頼りない返事。パパと一緒に探すとヒッキのおままごと用のキッチンの中にあったそうです。まったく人騒がせな・・・。
おかげで出るのが遅くなり、小杉の駅まで焦って早歩きとなりました。

いつものように目黒線〜大井町線〜京浜東北線と乗り継いで東京駅へ。京浜東北のホームでは人出はさほど感じませんでしたが、新幹線乗り場に行くと大変な人・人・人。
お弁当を買うのも一苦労、なのに「ヒッキはイクラご飯ねー」と脳天気な人が約一名。

なんとかお弁当もゲットして(売り切れ続出)「はやて」のホームへ。
そこには「マックス」、そして「あさま」さらに「つばさ」まで見られてお目目きらきらのヒッキでした。
「はやて」は全席指定なので、混雑も感じず盛岡へ向けて出発となりました。



「お弁当をたいらげ、残りの時間は、葵ちゃんからもらったシールブックをやったり、パパのパソコンで「アンパンマン」を見たりして比較的おとなしく過ごしました。
前回パパと一緒に帰省したときは、なんだかとっても疲れた記憶がありましたが(ひたすら動き回って、座席によじ登って後ろの人に「ばぁ」ってやったり、シートをバンバンたたいたり)今回は少し落ち着いて来たのかな、とパパとも話していました。

盛岡に到着して「切り離しは見るの?」と聞くと「だっておじぃちゃんとおばぁちゃんが来てるからいいよ」と改札へ向かいました。感激の対面を果たし、そしてさっさと「タクシーで行く?」とタクシー乗り場の方へ曲がっていました。

お家につくとすぐに「たこ揚げしよう」とジィジとパパと一緒に裏の駐車場へ。
でも風もなく、なかなかうまくあがりません。ヒッキも凧を持って走って・・・結局3人の中で一番ヒッキが上手でした。



走り回ったので自ら「あー疲れた。もうお家に帰りましょう」と。帰り道「あー楽しかったなぁ」と何度もつぶやいていました。

お家に入って、今度はさっそくプラレール。マンションからトーマス持参です。

ジィジにもバァバにもパパにも遊んでもらって、楽しい盛岡の第一夜でした。

コメント表示(0)


記事No.=0924900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/09/16
 帰京

三泊四日の盛岡滞在もあっという間に最終日。ジィジもバァバも朝から寂しそうです。ヒッキは一人元気でジィジに「おじーちゃん、ヒッキのこと駅までお迎えしてね」と、とんちんかんな事を頼んでいました。もちろん「お見送り」の間違い。
なのに、出発の時、車内からカーテンを閉めたり開けたりして意地悪なヒッキでした。


帰りは行きよりもよい子に過ごせたように思います。
公文の「おってみよう」というドリルを何枚もやっていました。中でも気に入ったのがロボット。折ったものを広げるとロボットが壊れてしまう絵柄になります。ママが「トントン、ビョーン、壊れちゃったー」とやってあげたのが楽しかったようで、何度もビョーーンと遊んでいました。こんなので時間をつぶせて大助かり。

あとは絵本を読んだりして過ごせました。前の座席の男の子が途中グズリ始めたので、ヒッキに絵本を一冊貸してあげようかと言うと「これどーぞ、あとで返してね」と差し出していました。
東京駅まではパパが迎えに来てくれます。新幹線の改札でパパを見付けるなり、「パパー!!」と走り寄って飛びついていました。帰り道もパパにベタベタ甘えん坊。
途中寝てしまうかなーと思いましたが、頑張って小杉の駅からも、ぐずらずに歩き通せました。

更に・・・帰宅後、靴も脱がずに「お掃除しないと!」と玄関先のお掃除を始めました。本当に疲れ知らずです。
その後も結局お昼寝なしで(パパがいるのに寝てなんかいられません)、お風呂、夕ご飯を済ませ、パパと遊びまくって、9時前にようやくベッドへ。朝までぐっすり寝てくれますように!!


「座布団3枚!」
盛岡駅に向かうタクシーの中、ラジオから「村の鍛冶や」の歌が流れてきました。ジィジが「ヒッキ、この歌知ってる?」と聞くと「何ていう歌?」とヒッキ。「かじやさんの歌だよ」とジィジが答えると、しばらく考えたヒッキ、「消防車の歌?」と。タクシーの運転手さんが思わず「座布団3枚!!」と笑っていました。「鍛冶や」なんて都会ではもちろん、盛岡でもなかなか見かけないとのこと。ヒッキが「火事」と思っても仕方ないよね。


コメント表示(1)


記事No.=0924600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/09/15
 絵本展へ

「ぐりとぐらのともだちあつまれ!『こどものとも』絵本の世界展」が駅向こうの市民文化ホール(マリオス)展示ホールで開催されていると新聞で知り、ぜひ行きたいとリクエスト。
「ばばばあちゃん」や「はじめてのおつかい」など、福音館書店の絵本が数多く、紹介されていました。


これは、ぐりとぐらのお家。二人(二匹?)は今森へ出かけています。
ヒッキは興味津々に家の中をのぞき込んでいました。









「ぐりとぐら」にでて来るたまごの車です。子ども達に大人気。みんな帽子を借りて記念写真。

図書コーナーも設けられていて、自由に絵本を読むことができました。ヒッキは「トイレ特急」が気に入って何度も繰り返し読んでいました。(「トイレ特急」:ねぼけまなこで、おしっこをしに行ったら、トイレが遠足にいっちゃった! どうしよう、男の子はトイレを駅まで追いかけますが、トイレは「トイレえんそくごう」にのって、出発してしまいます。楽しい絵で描かれた愉快な絵本。)

売店で「ぐりとぐら」を買っていると、ヒッキが「これも買って欲しい」と持ってきたものは・・・「ぐるんぱのようちえん」のぐるんぱのぬいぐるみ。どうしても欲しいと食い下がるのでママの根負けで購入・・・というか、レジ直前で持ってくるとは確信犯かもしれません。でも、小さい頃から読んでいた象のぐるんぱに愛着があったのかもしれません。
ママがレジでお金を払おうとするとKバァバが出して下さいました。

駅ビルの回転寿司でランチ。回転寿司と言っても、こちらの○○円均一とは違い、一番高いお皿で550円なり。新鮮な魚貝をふんだんに使った、ほっぺが落ちそうな、目が飛び出そうなお寿司でした。
その後、再び「マリオス」に戻り、子育てサポートの広場へ。ヒッキよりちょっと小さい子むけだけど、広々としていて綺麗で、土日も開いているという、素晴らしい環境でした。

帰宅後、お昼寝して、また夜の山車行列の見物に。
岩手公園から次々に出発する山車を四つ角に座って悠々と見物できました。
9台の山車がすべて通るのには、かなり時間がかかりますがヒッキは「9台見る」と言って頑張りました。昼間見る山車とはまた違って、ライトアップされていて、とても綺麗でした。ヒッキはかけ声の「ヤーレ、ヤーレ」が気に入って、一緒に声をあげていました。そしてお囃子の太鼓も・・・いつの間にかジィジと約束したそうで、買ってもらいました。帰るとさっそく太鼓を胸から下げて、家の中を行進していました。大人達がクタクタの中、相変わらず元気いっぱいのヒッキです。
眠くて大変なジィジを無理矢理誘ってお風呂に入っていました。

コメント表示(3)


記事No.=0924300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/09/14
 盛岡八幡宮祭り

朝からジィジとお庭の畑でお野菜をとっています。ヒッキの顔より長ーいナス。




ヒッキはちゃんとお仏壇や神棚に手をあわせることが出来ます。今朝もジィジの般若心経を隣でおとなしく座って聞いていました。
しかし、そのあと、お線香の火が手首にちょこっとついてしまい、火傷に。「あつい〜!!」と大泣き。

さて、今回の盛岡行きは、盛岡八幡宮で催される「稚児行列」に参加することが目的です。

 「盛岡の秋祭りでもある八幡宮例大祭は、13日の前夜祭からはじまり、14日の神輿渡御、15日の例祭、16日の神事流鏑馬(やぶさめ)と4日3晩、盛岡の街全体が賑わいます。このほか、献茶祭、稚児社参など、さまざまな催しがあります。約10万人の参拝者が訪れます。 初めての祭典は、八幡宮が完成した翌年の延宝9年(1681)、旧暦の8月14日から3日間、盛大に行われたと伝えられています」
 「お稚児(ちご)さん参りは、例祭期間中の9月15日に行っている行事です。毎年2歳から小学校3、4年生くらいまでの男女約150名前後が参加します。きらびやかな冠(かんむり)と装束で着飾った子どもたちが八幡宮までの沿道を練り歩きます。神前でおはらいを受け、これまでの成長に感謝するとともにこれからの健やかな成長を祈ります」  (盛岡八幡宮HPより)

上のHPでは15日になっていますが、今年は?14日。お稚児さん申し込みの締め切りは9月初めでした。ヒッキにHPや写真を見せて聞いたところ「やってみたい」という返事だったので、心配ながらも申し込みをジィジたちにお願いしました。
新幹線の車内も、稚児行列の間も、ちゃんと良い子に出来るというお約束が果たして守られるのかどうか・・・。

いよいよ着付けが始まりました。係りの人がしてくれますが、ヒッキはきちんと立ってしっかり着付けてもらえました。中にはこの時点で「着ない!!」と激泣きの子も。


着付けの前に記念写真の申し込みがありました。もちろん自由ですが、ヒッキに「ちゃんとできる?」と聞くと「うん、撮る」と言うので、七五三代わりに。
これまた心配しましたが、ちゃんと撮り終えました。
なかなか様になっています。


写真後ですが、お化粧をしてみました。

ジィジ・バァバと記念写真。

コメント表示(4)
記事No.=0924200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/09/14
 稚児行列出発

11時に集合して、行列は1時に出発です。その間に本殿に参拝してお祓いを受けます。子ども達はすでにこの辺で飽き気味。ヒッキも参道で既に着崩れ始めました。女の子も冠も落ちてしまう子が続出。


行列がなかなか出発せず、暑い中立ちっぱなしで待たされて、ぐずったり、泣き出したりする子がいる中、ヒッキは「まだー?何してんのかなー」と文句を言いながらも頑張っていました。(パパが不在で、ママがヒッキの手を引きながら、ビデオ&カメラ係りだったので、行列全体の写真がなくて残念です)


烏帽子はすぐに取れやすくて、きつく結ぶと首が絞まってしまい可哀想で外しました。
なかなか進まないので、脱走中。振り返って、バァバをちゃんと見ながら逃げています。
疲れたーとママに抱っこしてもらっていながら、全然元気です。まぁ、立ちっぱなしは大人でも辛いよね。

途中、KバァバやYおばさんもヒッキを一目見ようと探してくれました。
Yおばさんはヒッキに「おまつりのお小遣いに」と500円一つと100円五つ入ったぽち袋を下さいました。パパも小さい時、細かいお金の方が喜んだそうです。


神輿や山車は町中を進みますが、子ども達は途中まで。午後3時くらいまでに衣装を返せばいいそうですが、裃も取れてしまって、神主さんみたいな出で立ちのヒッキ、とにかく着替えに戻ることに。山車の横をすり抜けながら、境内に入ると、ヒッキは狙いをつけていたお店に直行。ママも「ちゃんと行列するお約束だっだてしょう。そのあとなら見てあげる」と約束していたので、お店を覗くと・・・お目当てのおもちゃを「これ!!」と譲らず。頑張ったヒッキに買ってあげることにしました。下のコンテナ車がヒッキの戦利品です。

今夜は夜のお祭りも見に行きたいとヒッキが言うので(境内で見た「かがり火」に興味を持って、火がついている所を見たいと・・・)、お昼寝をすることに。
でも帰宅後「さぁ、お昼寝!」と言うと「違うよ!ブロックで山車を作るって約束だよ」と言います。出かける前にジィジと「帰ったら山車を作るからちゃんと見ておくように」と約束したそうです。これが二人で作っていた「山車」です。

お昼寝から起きたらさっそく戦利品の「コンテナ車」で遊ぶヒッキ。中にプラレールを入れています。「コンテナのドアが閉まらないよ」と声をかけると「こうやって開けておけばいいよ」と。なるほど、開けたままでも後ろのコンテナで落ちないようになります。「でも一番うしろは出てきちゃうんじゃない?」と聞くと「こうやって後ろ向きに積めば大丈夫」・・・確実にヒッキの方がママより賢いです。(写真を拡大して見てください)

夜のお祭りに行く途中、山車の前で記念写真。

夜のお祭りは往復2時間近くかけて、歩いて行ってきました。帰りにさすがに抱っこ〜とせがむヒッキでしたが、「じゃあ、休んでいこう!」と、道路の横の階段に座って少し休憩。その後は汽車ポッポやアンパンマン、散歩などの歌を歌って、頑張って家まで歩き通せました。エライぞヒッキ!


朝晩、ヒッキはお庭のお水巻きのお手伝い。ジィジと一緒に巻いていますが、ジィジが「ヒッキの語彙はすごいなー」と感心。「シャワーの出方を変えて、直線的な強いお水の時は『固いお水』、シャワーだと『軟らかいお水』、そしてチョボチョボ出るのは『汚いお水』と、同じ水でも区別しているよ」と。「何で汚いの?」と、ちょっと想像つくけど一応聞いてみたら「だって、おしっこみたいでしょ?」・・・やっぱりね。

コメント表示(2)


記事No.=0924000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/09/13
 盛岡へ いってきまーす

今日から盛岡へ。
出がけにカブトムシ君に「行ってくるねー、元気で待っててねー!」とご挨拶。
帰るまで元気でいてくれるかなー。


先日ラゾーナで買ったリュック。中身はオムツと水筒だけだけど、リュックが歩いているよう。でもすぐに小さくなっちゃうんだろうなー。
車内では、トミカお出かけシリーズで、おとなしく?遊んでいました。
随分前に買って置いたのですが、今回初なので、バス停にシールを貼ったり、いろいろ時間稼ぎが出来て助かりました。


盛岡駅に到着するとホームから「ヒッキのおじーちゃーん!おばーちゃーん!!」と叫びながら走っています。
でも、「こまち」と「はやて」の切り離し場所に来ると、釘付けになっていました。


駅前広場の噴水で一遊び。
いつ家にたどり着けるやら・・・。



夜は和子バァバも遊びに来てくれて、楽しく過ごしました。

明日はメインイベント、稚児行列です。

コメント表示(0)


記事No.=0915200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/08/17
 帰京

昨夜遅かったにもかかわらず、7時過ぎには起き出したヒッキ。朝ご飯もたくさん食べました。そして今朝もまたお庭の水まき。今日はジィジとお庭に出ていましたが、パパもママも帰りの荷造りで目を離していました。するとヒッキはシャワーを家の壁に向けてまいていました。家の方には向けないように注意をしましたが、その後もやっていたようで、網戸の所から廊下と、畳みも少し濡れてしまいました。ヒッキに「ダメって言ったでしょ」とママが叱ると、バァバが「おジィちゃんがついていたんだから、おジィちゃんが悪いのよ」とかばってくれました。するとヒッキは「おジィちゃんじゃ無いよ、ヒッキがやったんだよ」と、なんとジィジをかばったのでした。これにはジィジもバァバも感激です。本当にどうして3歳児なのに、そんな発言が出来るのでしょう。いえ、3歳児だからかもしれませんね。

濡れた服を着替えて、昨日のメダカを川に返しに行きました。暑さで水がお湯のようになっていて、4匹中2匹が死んでしまいました。嫌がっていましたが、このまま飼っていても(ヒッキも帰ってしまうし)死んでしまうと可哀想と説明すると戻すことに同意して、自分で川に流してあげました。

川に行く途中、前のお家が庭木の伐採をしていました。行きに栗の木を伐採していて、落ちていた緑色のイガをもらいました。帰りには桐の木を切っていて、大きな葉っぱをもらいました。傘のようでしょ?

家を出発するまで名残を惜しんでジィジ、バァバとブロックで遊んでいました。昨日の舟っこ流しが印象的だったのか、「火がつきました、屋根が壊れてしまいました」などと言う声が聞こえてきました。あまりに遊びに熱中して、「オシッコ」と立ち上がった途端、「出ちゃった・・・」と。パパが抱き上げると足を伝って絨毯に・・・!!今回の旅行で一度もオムツもパンツも濡らさなかったので残念。

パンツも履き替えて「おジィちゃんもおバァちゃんも駅に行こう!駅でバイバイしようよ」と誘っていました。もちろん、わざわざ誘わなくても、ちゃんと来てくれるよ、ヒッキ。
But、新幹線に乗り込みバイバイすると、ジィジ達はまだホームで窓越しに手を振ってくれているのに、「お弁当食べようよ」と別れより食い気??まぁ12時半を過ぎているから仕方ないね。

帰りの新幹線もまた一睡もせず。
3時過ぎに東京駅に着き、その後京浜東北線、大井町線、目黒線と乗り継いで帰りますが、いつも大井町線あたりでグズグズ言いだします。お昼寝をしなくなった今、もう少し新幹線の時間を早めて、グズリ出す前に家にたどり着くようにした方がいいかもしれません。
それでも頑張って家まで自分で歩いてたどり着きました。


Sちゃんちに預かってもらっていたカブ君たち。ずっと土に潜りっぱなしだったようで心配をかけましたが、パパが掘り返してみると、二匹ともモゾモゾうごめいていました。エサをあまり食べないようなので、冷凍してあったバナナを一切れ置いておくと、夜中にメスが食べていたようです。
連日の暑さでカブ君達も夏バテかな。

東京駅で買ったJR20周年記念のサブレの詰め合わせ。
NEXとカシオペアと北斗星のセットに、マウスパットが付いています。2000円也。
ヒッキにはまだ見せていないので反応はいかに??

コメント表示(2)


記事No.=0914900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/08/16
 盛岡三日目 川遊び&舟っこながし 

今朝も朝食後お庭の水まき。今朝の犠牲者はジィジです。
そして二人ともビチョビチョになったので、今朝はジィジと朝風呂です。ヒッキに付き合ってジィジはのぼせてしまいお疲れ様でした。


その後お盆の片づけをお手伝い。「キュウリとなすにひぃおじいちゃんやひぃおばぁちゃんが乗って帰るんだよ」とジィジが説明すると「だって(こんなに小さいのに)乗れるの?」と不思議そう。
神棚の鈴もならしたくて踏み台に乗るのにジィジに「これ、乗らせてくれる?」とまた聞いていました。「〜させて」の使い方を理解しているとジィジは喜んでいました。

バァバが餅つき器でおもちをついて「ずんだもち」を作ってくれました。おもちにお水をつけてお手伝い。




今日は昨日おとといに比べて過ごしやすい気温なので、近くの中津川に遊びに行きました。せっかく田舎に来ているのに自然と触れ合わないなんてつまらないというママのリクエスト。パパもジィジの麦わら帽を借りて・・・。


川ではさっそくパパがトンボを捕まえてくれました。ヒッキも素手で持てましたが、トンボの足のギザギザが「いったーい!!」





続いてメダカを捕まえています。中津川の本流から水が流れ込んで淀んでいる場所に行くと、メダカの群れが泳いでいました。水底にそっと網を入れ、しばらくじっとしていると、メダカの警戒心も薄れて網の上の水面も泳ぐようになります。そこで網をスッと上げると、メダカを捕らえることができます。
ヒッキはいつの間にか川の中におしりをつけて座っていました。パパも裸足の足が滑るらしくおっとっとと足下が危うい感じでした。
パパが捕まえたメダカをヒッキは素手でペットボトルに移すことができて、「お魚さわれたよ」と嬉しそう。しかし、まだ小さな魚を押さえる力加減がわからないため、ぎゅっとつかんでしまい、仮死状態になってしまったメダカもいました。(川に戻してやったら、元通り元気に泳ぎ出しました。)
帰り道ママがメダカの学校を歌ってあげると、いつものように替え歌にして「そうっと覗いてみてごらん、そうっと覗いてみてごらん、あんまり覗いちゃだめですよぉ」だって。


中津川は、盛岡市の中心を流れる川ですが、鮎や鮭が遡上するきれいな川として地元で親しまれています。
 近年、日本各地では、都市化の影響でメダカが姿を消しているという話を耳にしますが、街の中心部の川でもメダカが元気に泳いでいる盛岡は、まだまだ自然が残されている街だという新鮮な思いを持ちました。(実はヒッキパパも、今のヒッキくらいの小さな子どもの頃、祖父に連れられて、中津川でメダカを捕ったかすかな記憶があります。)

家に着くと和子ばぁばが遊びに来てくれていました。お土産にハーモニカを持ってきてくれました。ヤマハの二段のものです。さっそく吹いて得意顔。

昼食後、夜のお出かけに備えてお昼寝タイム。遊びたくてたまらないのに寝かされて、一時間以上もダラダラしていました。「いいから目を閉じなさい!!」と言うと泣き出して「だってママが見えなくなっちゃうよぉぉぉ」と号泣。



お昼寝の後、みんなで舟っこ流しを見に行きました。ご先祖様の霊を乗せた船が北上川を進みます。そして火がつけられ船から花火もあがります。
17時過ぎに、タクシーで会場となる明治橋の近くの杉土手という川岸に行きました。
 17時20分頃着くと、対岸の仙北町側は大勢の人が集まっている様子でしたが、こちら側はまだ座る場所にも余裕があり、舟を川に浮かべて点火する場所に近い最前列の草むらにビニルシートを敷くことができました。
 17時30分、舟っこ流しの始まり。

舟を川に浮かべます。



舟に点火します。



舟の中の導火線に火がつき、一気に燃え上がります。



舟に仕掛けられている花火に着火します。



ご先祖様の霊を天に送り届ける炎が噴き上がります。



舟にはたくさんの爆竹も仕掛けられていて、炎を吹き上げ、凄い音を出しながらゆっくりと川を下っていきました。あまりの凄い音に、ヒッキも耳をふさいでいました。


次々と舟が川に浮かべられては炎を吹き上げて、ご先祖様を天に送り届けていきました。そして、18時30分過ぎにすべての舟が流されると、次は灯籠流しです。
手から手に渡されたたくさんの灯籠が静かに流されてゆきました。



そして19時から花火。ちょうど対岸から打ち上げられるので、花火が頭の真上に打ち上げられる大迫力。ヒッキはパパの背中に隠れているので「どうしたの?」と聞くと「落ちてくるよぉ」。


パパが「真上に見えても、本当は向こう側の離れた場所から打ち上げられているから、こっちには落ちてこないよ」と説明してやると、やっと安心した様子で、空いっぱいに広がる花火を楽しんでいました。



今日も盛りだくさん一日でした。



コメント表示(2)


記事No.=0914600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/08/15
 盛岡二日目 盛りたくさん

早起きヒッキは五時半頃に一度目を覚ましましたが、二度寝して七時半に一人でトコトコ起きてきました。ジィジとバァバとママと盛岡のお話「どんど晴れ」を見ました。終わった頃にちょうどパパが起きてきて朝ご飯。バァバの手料理をバクバク食べました。



食後、お庭の水まきをパパとお手伝い。大きなお庭にシャワー式のホースで水をまきます。最初こそおとなしくやっていましたが、だんだん大胆になり、とうとうパパをびちょびちょに。続いてヒッキもママにビチョビチョにされ、朝からパパと二人でお風呂に。

暑くならないうちにと、午前中お墓参りに行きました。早く行こうとどんどん一人で歩いていくジィジ。「おじーちゃーん!どうして先に行っちゃうの?みんなで一緒に行こう!!その方が楽しいでしょう?」とジィジに意見するヒッキなのでした。


本堂に飾ってあったえんま様の絵を、恐い気持ち半分、興味もありパパにしがみつくようにしながらマジマジと見ていました。
お墓にお水をかけてお手伝い。(水まきみたいでしたが。ご先祖様ごめんなさい)
愛育地蔵の赤ちゃんを「かわいい」と抱っこ。ヒッキのおやつのたまごボーロをお供えしました。

コメント表示(0)
記事No.=0914500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/08/15
 二日目つづき

お墓参り後、何をして遊ぼうか・・・あまりに暑くて(北東北だというのに36℃を越える暑さ!)屋外は無理そうです。「大昆虫展」がやっているというので、タクシーで「シティー青山」(以前はダイエーがあったショッピングセンター。現在はダイエーが撤退し、地元のスーパー・ジョイスが入っていますが、車で10分ほどの場所にイーオン(ジャスコ)の巨大ショッピングセンターもできたためか、閑散とした感じの場所でした。)に移動。いろいろな虫の標本がずらりと並んでいましたが、あまりヒッキは興味なし。でも一画に「体験コーナー」と書かれた部屋があり、覗いてみるとカブトムシとクワガタを触れるようになっていました。

ヒッキも初めは恐々でしたが、最後は持てるようになりました。
それにしても、こういう企画があるということは、岩手のような田舎でも、お金を払わないとカブトムシに触れられないのか・・・とママには少し驚きでした。


さらにジャスコに移動して「カーニバル」で遊び、トミカコーナーで遊び、かき氷を食べて帰宅。
ヒッキには極楽のような一日です。



夜には昨夜に引き続き花火まで。盛岡に行きたがるのも無理はなし。
写真右はジィジにお薬を飲ませてあげるヒッキ。一粒、口に入れるのに時間がかかるので、糖衣が溶けてしまい、ジィジは苦いお薬を飲まなくてはなりません。


夜、和子バァバに電話をかけました。朝からヒッキが「和子おばちゃん、どうしていないの」「なんで帰っちゃったのかな」と何度も聞いていたので。「どうして今日は来なかったの?明日ふなっこ一緒に見にいこ」と誘うと、おばさんは大喜びで明日も遊びに来てくれることになりました。

コメント表示(2)


記事No.=0914300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/08/14
 待ちに待った盛岡へ 

今日はいよいよ盛岡に出発です。ヒッキはなんと5時半起き。いつものようにお茶を飲み、また一寝入りするかと思ったら、なんと「もう眠くないよ、起きようよ」とお目目パッチリ。「えー、だってまだ早いよ」と言うと「だって盛岡に早く行かなくちゃ。新幹線行っちゃうよ。あっちのお部屋に行こうよ」「・・・ママはまだ眠いからヒッキ行ってていいよ」「だってあっちのお部屋にパパいるよ」(ママがヒッキを起こす時によく「パパがまだいるよ」と言うから)
このまま一人でリビングに行かせてもパパを起こしてしまうので、仕方なくノロノロ起きるママでした。お昼寝をしてしまったヒッキが昨夜なかなか寝ないのでママが「こんなに遅くまで起きていて、明日は朝早いのに、お寝坊したら新幹線行っちゃって盛岡行けないからね」と叱ったことが自分に返ってくるとは・・・・トホホ。さっそくリュックを背負って行く気満々(5時39分撮影)

重たいキャリアーも引っ張って。
今日も朝から暑くて小杉駅に向かうまでも暑くてたまりません。ヒッキも頑張って歩いているので「新幹線の中でお昼食べたら、車内販売の小岩井のアイスクリーム食べようね」と励まし歩きました。ヒッキもスタスタ歩いてくれて予定より早く東京駅に着きました。大混雑の東京駅でうろちょろするのも大変なので早めにホームへ。ヒッキにとっては新幹線をたくさん見られたら時間なんてあっという間だもんね・・・と思っていましたが・・・。
発車ホームの21番線のホームに並んでいましたが、なかなか乗車予定のハヤテが入ってきません。暑いし、人は多いし、早く来てくれないかなーと思っているとアナウンスで「車両故障云々」と言っています。意味がよくわからないので「どうして新幹線来ないの?」と何度も聞くヒッキに「じゃあ駅員さんに聞きに行こう」とママが言うと満員のホームを「駅員さーん」と大きな声で探し、見つけると「あのー、盛岡に行きたいんですけど、どうして新幹線こないの??」と聞きましたが、駅員さんはとても忙しく、さらに他の駅員さんが「応援頼みますって!!」と連れて行ってしまいました。なにやらバタバタしています。大丈夫なのかJR。その後アナウンスで「ハヤテ17号は23ホームからの出発に変更です」と流れて、すごい人数の人が一斉に階段を一度下がって登って、隣のホームを目指します。あまりの混雑に大変な荷物を抱えながらもヒッキを抱っこして階段を下りて登って!!ヒッキはずっと「ママ、がんばれ」を繰り返して言ってくれました。
ハヤテは全席指定なので慌てる必要はないのですが、みんなが急ぐとやはり集団心理で。でも23番線ホームで並んでいてもなかなか新幹線が来ません。そのうち「急病人発生、救急車要請」のアナウンスが流れました。この暑い中、待たされ、移動して、具合も悪くなるよね。

早起きだったヒッキはさすがに車内で寝てくれるだろうと思っていたけれど甘かった。元気炸裂。一度眠そうにしたときが有りましたが「アイスクリームは?どうして売りに来ないの?」と何度も聞かれて参りました。アイスが気になって眠れない模様。車両変更などがあり混んでいたため、ワゴンサービスやアイスの販売はなし。結局盛岡まで一睡もなく、ママは眠くてフラフラでした。

盛岡駅にはジィジとバァバが迎えに来てくれています。3人とも再会に大喜び。
盛岡のおうちでは相変わらずプラレールで遊んだり、夕ご飯も和子バァバが来てくれて楽しく過ぎました。



食後は花火です。
地面に置いてあった花火をわしづかみにするので、注意しようと思ったら「はぃ、これどーぞ」とみんなに花火を配ってくれました。


お盆の送り火をみんなでまたぎます。風邪をひかないという言い伝え。
ヒッキはママに抱っこされてジャンプしました。



家に入ってからレゴブロックで一遊び。始める時に自分で「これで遊ばせてもらっても良いですか?」と聞いてジィジバァバにビックリされました。
ママがお友達のお家に遊びに行ったときに「○○で遊ばせてもらったら?」と言うのを覚えていたのでしょうか。

遊んでいる途中、8時頃に消防署の車の(花火の)火の用心を告げる鐘の音が聞こえてきました。ヒッキが「何の音?」と聞くので「もう夜ですよの音」と言うと「うぇぇ〜ん」とママに抱きついてきました。何かと思ったら「もう夜だから寝なさい」と言われると思ったようで「まだ遊びたいよぉぉぉ」と泣いています。本当に1日中遊んでいても遊び足りないようです。


コメント表示(2)


記事No.=0881000 [帰省(盛岡)] [新幹線に乗ったよ]
07/05/03
 盛岡へ  

連休後半はパパの実家盛岡に帰省です。毎朝「どんど晴れ」を「盛岡のお話」と言って見ているヒッキ。「桜、見られるかなー」と楽しみにしているようです。

今朝はウンチもスムーズに出て支度も早めに整いました。出発前、パパはヒッキを誘って、またまた臨時列車のスペーシアを近くの踏み切りまで見に行っていました。

今日の東京駅は例年以上に混雑していた気がしますが、ヒッキは比較的よい子で、ぐずることもなくお昼のお買い物もでき、さらに時間があったので、先日テレビで紹介していた「新幹線パン」を探しに行きました。不確かな情報だったので、総合案内所で聞くと、南口のギフトガーデンというお土産やさんにあるとのこと。人混みをかき分けてお店に行くと、確かに陳列されていました。これはパンの缶詰で、賞味期限は1年ほどあります。新幹線シリーズは6種類ほどありましたが、ヒッキは迷わず「はやて」を選択、「つぶつぶイチゴ味」と書いてあります。390円ですが、お味はどうか明日食べるのが楽しみです。


新幹線のホームにあがり、回送電車を2本見送り、いよいよ「はやて」に乗車です。新幹線内では、人混みで疲れてしまったのか、眠そうでもありましたが、なんだかとってもグダグダして、パパとママの膝を行ったり来たりしたり、座席でボンボン跳んでみたり、後ろの座席の人に「いないいないばぁ」をしたり・・・。眠いのに興奮して眠れないというパターンに陥っていたようです。雪祭りに一人でヒッキを連れて乗った時の方が疲れなかったように思います。多分あの時は「ママ一人で大変だから」と言い聞かせていたのを理解していたのでしょう。

ようやく盛岡に到着しすると、ジィジとバァバが改札で待っていてくれるのに、「はやて」と「こまち」の切り離しを見に走っていました。

「君も電車好き?」



今回はパパが駅前でレンタカーを借りて移動手段とします。今日はお買い物だけしてジィジの家に。着くなりジィジがタンポポを見にお庭に連れて行ってくれました。さらにお庭の鯉のぼりも間近でみました。



その後はみんなを遊び相手に、ひたすらプラレールやおままごとなど遊びに忙しいヒッキでした。





ジィジのお薬を飲ませてあげるのがヒッキのお仕事に。(ありがた迷惑・・・)

夕食時、「和子バァバは?」とヒッキ。2、3日前に「盛岡では和子バァバも待ってるよ」と言ったのを思い出したようです。(和子バァバはジィジのお姉さん。パパをとっても可愛がってくれたおばさまです)

コメント表示(3)


記事No.=0851900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/06
 ママと盛岡へ 5日目〜帰京〜 

出発前、名残惜しくお庭で一遊び。「ゆきだるまさん、バイバ〜イ」

駅西口のビル、20階展望レストランでバイキングランチ。

駅で車内で食べるみかんとパンを購入、その時ヒッキが「おばあちゃんにはこれね、これがいいって言ってたよ」とメロンパンを買おうとしました。バァバに言うと「そう!この間(ヒッキが到着した日)そう言ったのよ、よく覚えてたわねー」と。本当に??
ヒッキからジィジとバァバにパンを一つずつプレゼント。おいしく食べてくれたかな。

ホームでは、今度ははやてとこまちの連結を見学。またまた大興奮で大喜びでした。
ホームでお見送りのジィジたちに「バイバーイ、またねー」と手を振りお別れ。
車内では元気一杯、甘えん坊炸裂。
眠いけど興奮していて眠れないという感じでした。それでも大声で騒ぐことは無く、比較的良い子ではありました。
ただ抱っこしてきたり降りたり・・・「オッパイオッパイ」とうるさく触ってきてママはぐったり。眠いから仕方ないけど車内でオッパイを連呼しないで欲しいなぁ。



東京駅にはパパが向かえにきてくれました。
改札をぬけてパパを見つけると、しばし見つめた後「パパだぁ〜」と走っていって飛びついていました。帰り道はパパにべったり。「はやてが一杯だったからこまちで帰ってきたの」と報告していました。

夕食はお寿司。お昼寝ナシのヒッキが寝ないうちにご飯とお風呂を済ませないと・・・と急いだのに、パパと遊びたいヒッキはなかなか寝ません。

ママがお風呂からあがると「ママと寝よっと。ママ、早く寝ないと腰、よくならないよー。一緒に早く寝よー」
風邪をひくとよくパパに「早く寝ないとよくならない」と言われていたから、そのフレーズを覚えていたようです。

寝ながらヒッキに「盛岡で何が楽しかったの?」と聞くと「プラレール!!」
「買ってもらったDD51置いてきちゃってよかったの?」
「いいの、ヒッキのおうちにもプラレールいーぱいあるでしょ。DD51はもみおかで遊ぶの」
2歳児の頭の中では、いろいろなことをきちんと考えているのだと感心しました。

初めてのママと二人の盛岡旅行、なんとかかんとか無事に帰宅できました。
ヒッキはほとんど良い子で、ジィジバァバ孝行も十分果たしていました。
雪を堪能できたこと、こまちに乗れたこと、連結や切り離しを見られたこと・・・、ヒッキが楽しみにしていたことが全部できて良かったね。

コメント表示(2)


記事No.=0851600 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/05
 ママと盛岡へ 4日目

バスセンターからバスに乗り、小岩井農場の雪祭りに。50分間のバスの旅をヒッキはお団子を食べたり景色を見たりしてよい子に過ごせました。平日ということもあり、会場内はすいていて、暖かな日差しの中ノンビリと雪を楽しめました。

写真は汽車とはやてとこまちみたいですが、解け始めていました。



着いてまずかまくらの食堂で焼き肉ランチ。
入ろうか迷っている間にヒッキは勝手にかまくらに入り込み「ヤッホー!」と叫んでいました。






かなりテンションが高いヒッキ。
「雪のおうちだねー」と大喜び。







コメント表示(6)
記事No.=0851500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/05
 ママと盛岡へ 4日目 その2

食後、持参したそりを何とかやらせたいジィジ、自ら滑って見せますがつれないヒッキ。楽しみにしていた馬そりを探しましたが平日はお休み。


かわりに汽車やスノーボートに乗りました。スノーボートは雪の上をすごい勢いで走ります。ヒッキはバァバをご指名、バァバもニコニコで乗りましたが、後で体調不良になったそうで申し訳なかったです。ヒッキは怖がるどころか降りてすぐに「今度はママと!」と連続で乗りました。遠心力で振り回されるのでかなりの迫力、それでもヒッキは「うわぁ楽しいね〜」と叫んでいました。真っ青な空、一面の銀世界、爽やかな風…確かに最高に気持ちよかったです。



再び持参のそりに挑戦。なだめすかして何とかヒッキも自らそりを持ち、坂を登り出しました。しかしママがちょっと目を離した途端、上から滑ってきたお姉ちゃんのそりにぶつかり、そのままお姉ちゃんに乗っかったまま滑り出してしまいました。ママはとっさにヒッキの上着をつかみそりから引きづり下ろしたので下の方まで滑って行かず助かりました。痛くはないでしょうけど、びっくりしてわんわん泣きました。せっかくやる気になっていたのに「もうやんない、これつまんない」とあえなく断念。




トランポリンのようなので一遊びして、ソフトクリームを食べ家路につきました。バスに乗ると10分程で爆睡。雪の中ほとんど歩き通しでさぞかし疲れたよね。バスセンターに着いても起きずそこからタクシーで。家についてもママに抱っこされたまま更に一時間程寝ました。起きてからもグズグズ魔王、かなり疲れたからかな。




夜パパに電話。「横見たり下向いてたからお姉ちゃんにぶつかっちゃったの。かまくらでごはん食べておいしかったの。いっぱいたべたの」と報告。ヒッキは悪くないのによそ見しててぶつかったと報告するとはエライナァとジィジもバァバも感心。

バァバが「明日帰っちゃったら寂しいなぁ」と言うと「明日帰ってパパにまた行こうって言ってすぐ来るからね」と言ったそうで感激していました。

雪祭りで何が一番楽しかったの?と聞くと「トランポリン」・・・。親の心子知らず・・・。

プラレールで遊びながら自分で「明日はやてで帰りまーす」と言っていたので・・・
「こまちでかえるのよ」と言うと (※はやてとこまちは連結して一緒に走ります)
「どうして??」
「だってヒッキはこまちに乗りたいんでしょ?」と聞くと
「はやてがいいよ、もみおかに来る時はこまちで、帰る時ははやてなの」とヒッキなりのこだわりがあったようです。
仕方がないので「でもはやては一杯だったから明日はこまちなのよ」というとなんとか納得。
確かに「こまちに乗ってもみおかに行くの」と言っていたっけ。でも「帰りははやて」とは言ってなかったけどなぁ。

コメント表示(5)


記事No.=0851300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/04
 ママと盛岡へ 3日目

今朝は昨夜からの雪がかなり積もりました。ジィジが自宅用の除雪機で除雪作業を見せてくれました。横からはき出される雪にヒッキは目をまん丸に。そばに近づこうとするママに「危ないよ、ダメ!」と必死に手を引っぱっていました。
お庭の雪だるまも二宮尊徳の銅像も雪まみれ。




朝ご飯後タクシーでイオンへ。
キッズコーナーで遊んでいると、急に動きが止まり…「ウンチ、トイレ行かなきゃ」と自己申告。20分300円もするのに半分も遊ばず退場するはめに(涙)
赤ちゃん休憩所に行くとキッズトイレが併設されていました。なかなかお目にかかれないので座ってみました。





赤ちゃん休憩所の真向かいにプラレールコーナーがあり、今度はディスプレイの電車をずっと眺めていました。

コメント表示(0)
記事No.=0851200 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/04
 ママと盛岡へ 3日目 その2

その後100円を入れて動く電車やメリーゴーランドに乗って、キッズコーナーを堪能しました。


盛岡駅前のぴょんぴょん舎でランチ。メニューを見ているとヒッキは目ざとく「これ!新幹線!」と新幹線のお皿に乗ったお子様ランチを発見。せっかく冷麺のお店なのにハンバーグやコーンスープを食べました。ママが選んでいると「ママはサラダだけ食べなさい!」とメニューを取り上げ選ばせてくれません。なぜかしら??(涙)
ヒッキはとても口が綺麗で、食後のデザートをジィジもバァバもヒッキにあげたくて仕方ないのに「もういらない、お腹いっぱいなの!」とあっさり断っていました。
右の写真はにらめっこ中のヒッキ。

帰宅してお昼寝後またまた飽きもせずプラレール遊び。ジィジやバァバも順番に相手をさせられ災難です。ヒッキのリクエストで今夜はジィジとお風呂に。誰が一緒に入るか、みんなで押し付けあい可哀想なヒッキでした。(ヒッキと入るとかなりお湯をぬるくしなくてはならず嫌なのです)

お昼寝をしたものの9時半に素直にお布団に。かなりママにベタベタしながら眠りにつきます。やはりお家と違うからかな。いつも以上にくっついてきて、「ママ、ママ」とママが起きてるか確かめるためか何度も呼びかけてきたり、「ママ大好き」と抱きついてきたり。ジィジやバァバにもサービスして、いつもよりママに甘えてないからなのかな?

夜のニュースで東北新幹線が風の影響で止まっていたそうです。今日帰京予定にしなくてよかった。明日はいよいよ小岩井の雪祭りです。

コメント表示(2)


記事No.=0851000 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/03
 ママと盛岡へ 2日目

朝からジィジにサービス。ヒッキのマイブームでお薬を飲ませてくれます。
パパやママがお薬を取り出すと、何をしていても「ヒッキがやる、ヒッキが飲ませてあげる!!」と飛んできます。




朝食後お庭で雪だるまを作ったり雪合戦?をして遊びました。

バァバとママが一足先に家の中に。するとヒッキはジィジに「ママたちはおうちに入ったよ」と報告。家に入ってからジィジは「2歳児が『たち』をつけて言うなんてすごい」と感心しきり。パパは小学生の授業参観の時、先生の「『わたし』と『わたしたち』では何が違いますか?」という質問に、一番に手をあげて「『たち』がついてます」と答えたそうです。そりゃそうだけどね・・・。


続いて豆まきの練習。
鬼役のジィジに豆をぶつけてやっつけていました。

古いお家なので豆まきのマスも本格的。

コメント表示(2)
記事No.=0850900 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/03
 ママと盛岡へ 2日目 その2

午後からはでんでん虫バスに乗りお買い物に。
ジィジにレゴのブロックと宮澤賢治の絵本「シグナルとシグナレス」を、バァバにDD51のプラレールを買ってもらいました。





夜は豆まき。昼間練習したので上手にまけましたが、大きな鬼のお面が掛けてある部屋には、入口から入らず廊下から恐る恐るまいていました。






夕食後パパに電話。一生懸命お話していました。

買い物後お昼寝をしたので、夜はなかなか眠くなりません。
バァバと歌を歌ったり、ジィジとピアノを弾いたり・・・。
ちゃんと二人に平等にお付き合い。
お風呂も、昨夜はジィジと入ったので、今夜は「おばぁちゃんと入るの」と誘っていました。



買ってもらったレゴで「まだ遊びたいよぉ」とねばっていました。
(写真右は頑張ったママの作品)

ママが「もう寝るから一人で遊んでね」と言うと「ヒッキも寝たいよぉ」とついてきました。やはり自分の家とは違うのでママが別室に行ってしまうのは嫌みたいです。寝る時も「ヒッキ寝るまで待っててね」と、少しでもママが目をつぶると「ママつぶらないで」と起こします。やはりちょっぴり不安なのかな。

コメント表示(0)


記事No.=0850700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/02/02
 ママと盛岡へ 1日目


東京駅でパパにバイバイして、ヒッキは二時間半、約束通りとてもよい子にしていられました。大宮に着く頃までにお昼を済ませて、お絵描きをしたり、新幹線の絵本を読んだり。途中何度か「甘えたくなっちゃったの」とママの膝に乗ってきたり…。車内販売でアイスを売りにくると「あのー1つください」と呼び止めていました。時間稼ぎにチビチビあげていたら「もっと大きいの(たくさん)食べたいよ。!大きいのちょうだい!」ですって。ぐずり対策にあれこれおもちゃやお菓子を用意したけれど、ほとんど使いませんでした。

盛岡ではホームまでジィジとバァバが迎えにきてくれました。盛岡駅で、はやてとこまちは切り離されてそれぞれ青森と秋田に向かいます。その切り離されるところを見るのを楽しみにしていたヒッキ、ホームを走って連結部分に。いざ切り離されると「やったー!すご〜い」と興奮して飛び跳ねていました。
ジィジたちに「パパはお仕事なの。ママと二人でいい子に来たよ」と報告。

盛岡のお家に着くとさっそく雪だるま作りです。今年は例年になく雪が降らず、日陰に残っている雪をかき集めてなんとか小さな雪だるまを作りました。




こちらでも相変わらずプラレールばかりしています。昼間見た切り離しを再現していたようです。
和子おばさんもヒッキ会いたさに遊びにきてくれました。

夜はジィジと仲良くお風呂に入りました。

コメント表示(2)


記事No.=0840700 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/01/02
 帰京 盛岡四日目

三泊目にしてようやく慣れたのか、夜泣きもなく助かりました。しかし残念なことに午後東京に向かいます。

午前中に近所の藤原蜂蜜店に行き、蜂蜜入りのジェラードを食べました。お店には蜂の巣の見本が置いてあり、ヒッキは興味深げに見ていました。ほんとうに何にでも興味津々です。




盛岡の老舗デパート「カワトク」へ。
初売りとあって、混んでいました。あまり混んでいると購買意欲が半減します。
ヒッキをキッズスペースで遊ばせただけで帰りました。キッズスペースと言っても、小さな滑り台とブロックが少し置いてあるだけ。
おじいちゃんの家の周辺にはヒッキが喜びそうな公園などがなく、みんなイオンやデパートのキッズコーナー(お金を入れて動く遊具とか)で遊ばせるようです。せっかく自然がいっぱいあるのにもったいないと思いました。帰りの新幹線でパパに「子供達はどこで遊ぶんだろう、パパはどこで遊んだの?」と聞いたら「山」と一言でした。


帰りのバス停から家まで、またまた行進です。
側溝が線路代わりのようです。
お昼のおうどんを食べている時のこと、おじいちゃんがおうどんをこぼして、おばあちゃんに注意される場面がありました。するとヒッキはすかさず「おじぃちゃん、ヒロキみた〜い。こぼしちゃダメよぉ」と・・・。まったく油断なりません。



いよいよ新幹線に乗り込みました。
眠そうだけどちゃんとバイバイが言えました。
おじいちゃん、おばあちゃん、お世話になりました。

車内ではお昼寝拒否、辛い2時間半となりました。
眠くてグズグズの割には駅からマンションまで頑張って歩いて帰り、更に夕食後には小麦粉粘土で遊び始め、疲れていないのかなー。付き合うパパの方が大変そうでした。

たこ揚げも雪遊びも出来なかったけど、3泊4日、楽しく過ごすことが出来て大満足のヒッキ。今年も元気にワンパクに成長してね。

コメント表示(2)


記事No.=0840400 [帰省(盛岡)] [きょうの日記2009]
07/01/01
 2007年スタート(盛岡三日目)



盛岡で迎えたお正月は、雲一つ無い上天気。さわやかにお目覚めのヒッキ。
反対にママはネムネムの年明けです。というのも12時過ぎに夜中を始めたヒッキは1時半まで寝返りを打つたびにギャ〜と泣いていました。環境やお布団(寒いのでかなり重たい)が変わった上に、楽しくて興奮しっぱなしなので仕方がありません。その後も何度も起きてはグズグズ言うので「いい加減に寝なさい」と言うと「えんえん、ママごめんなさいって言っていい?」とすり寄ってきてママの腕枕でおとなしく寝ました。
おかげでママは寝不足な上に、へんな体制で寝たためお正月早々筋肉痛です。

朝はお正月料理。ヒッキはいくらご飯を出してもらって大喜び。相変わらず「さくらんぼうごはん」と言います。
朝ご飯後、二階に上がりピアノを弾いて楽しみました。知っている歌を口ずさみながら適当にピアノをならしています。でもなんとなく様になっているのでおもしろいものです。

二階の部屋には大きな鬼のお面が飾ってあります。それを見つけたヒッキは後ずさりして「パパとママといるから大丈夫、ヒッキ一人だと恐くなっちゃうね」とおまじないを繰り返していました。この後パパはヒッキが悪い子だと「二階から鬼が降りてくるよ」と脅かしていました。効果覿面なのでママは小さな鬼のお面を買って帰りたいと思っています。



その後近所の桜山神社に初詣。中津川沿い通り、公園を抜けて、お散歩がてら歩いて行きました。途中、霜柱を触ったり、トーテンポールの大きさにびっくりしたり。
朝、おじいちゃんが「何となく今年はいいことありそうな元日の朝晴れて風なし」の啄木の俳句を紹介してくれたけど、まさしくそんな感じの穏やかなお正月です。




桜山神社は盛岡城址、岩手公園の一画にあり、南部藩の藩主の御霊を祭ってある神社です。
自宅近くの神社で見たときにヒッキは今年、幼児の厄年に当たると書いてあったので厄よけをしようということになりました。しかし申し込みの時になって該当していないことが判明・・・不思議に思って聞いてみると地方によって違うとのこと。でもせっかくだからと神殿に上がり拝んでもらいました。
神主さんの祝詞や式次第を興味深げに「あれは何?神様はどこにいるの?」など質問攻め。途中お獅子が頭上でパクンとして厄をたべてくれるらしき場面があり、ヒッキは興味津々。
おみくじもヒッキは大吉でした。願いごとは「思い通りになる」と書いてあるけど、毎日思い通りやりたい放題のヒッキ・・・これ以上思い通りになるとは・・・。

コメント表示(3)
記事No.=0840300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
07/01/01
 元日 2

お昼は駅前の「ぴょんぴょん舎」で冷麺を食べました。川崎のラゾーナでヒッキお気に入りのお店です。






ママが駅ビルでお買い物中、パパとヒッキはホームに行って新幹線を見て楽しんでいました。

 入場券で新幹線ホームに行くと、ちょうど、東京行きの「はやて」が停車していて、しばらく待っていると、5分遅れの「こまち」が秋田から到着し、乗り物ビデオなどで紹介される盛岡駅での連結シーンを間近に見ることができました。
 東京行きの「はやて/こまち」が発車した後、今度は反対側のホームに行き、ホームのベンチで10分ほど待ち、東京からやってきた「はやて/こまち」が、盛岡駅で切り離しを行い、それぞれ八戸と秋田にむけて出発していくシーンも見ました。
 ヒッキは、目を大きくあけて興味深そうに見入り、「おじいちゃんの家にある「はやて」と同じだねー」とプラレールのことを言っていました。


お買い物をすましたママたちと合流、循環バスの「でんでん虫」に乗っておうちに帰りました。眠いの半分のハイテンションになり「フッテイク〜」と意味のわからない造語を絶叫しながらバス停から家まで、ズンズン歩いていました。帰宅後またまた半強制的にお昼寝。(寝ない子の所には鬼が二階から下りて来るよ・・・)

夕食後、二階のピアノで音楽会です。お買い物の時に買ったピアノの童謡集の楽譜で。
と言っても、もちろんヒッキは楽譜なんか読めません。好き勝手に作詞作曲して歌っています。


こうして元旦の夜もヒッキの歌声につつまれて、平和に楽しく過ぎていきました。

コメント表示(0)


記事No.=0839400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
06/12/31
 盛岡二日目〜おおみそか 1

ご機嫌に起きてきたヒッキは朝からハイテンション。遊んでくれる人がたくさんいるので、次から次へ「遊んで攻撃」です。
朝ご飯後、楽しみにしていたケーキ作り。おばあちゃんはこの日のために4回もスポンジ作りの練習をしてくれて、おじいちゃんはそのスポンジを食べ続けてくれたそうです。
ケーキ作り3回目のヒッキ、慣れた手つきでやりたい放題です。
前二回は作ったらすぐに食べたがったけれど、今日は「後でね」をちゃんと守れました。

ケーキ作り後「西松屋」へお買い物。お洋服などを安くゲット。自動シャボン玉器を購入したので、帰宅後お庭でさっそく遊びました。




お昼ご飯後、また帰宅後また白鳥を見に行きました。今日は昨日より近くに行ったので、ママの手からパンを食べました。

お庭では霜柱を発見、また、ヒッキの誕生記念のライラック(川崎市でもらったものを盛岡で育ててもらっています)を見たり・・・。

コメント表示(2)
記事No.=0839300 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
06/12/31
 おおみそか 2

帰宅後もハイテンションのヒッキ。お仏壇の灰をこぼしてお掃除。

パパとママと三人で仲良く(強制的に)お昼寝。




お目覚めすると和子おばちゃんが遊びに来てくれていました。
みんなでお年越しの夕食を食べて、午前中作ったケーキもデザートにいただきました。


こうしてヒッキの2006年の大晦日は楽しくにぎやかに過ぎて行きます。
元気にすくすくと、腕白に新しい年を迎えることができてよかったね。
ヒッキに関わってくれたすべての人に感謝して、来年もいい年になりますように・・・・・・。

コメント表示(0)


記事No.=0839100 [帰省(盛岡)] [新幹線に乗ったよ]
06/12/30
 盛岡へ

今日から3泊4日でパパの実家、盛岡のジィジのおうちに帰省します。

昨夜7時前に寝たヒッキ、12時頃ベッドで「ママァ」と呼ぶ声が。見に行くとベッドの上にお目目パッチリ、ちょこんと座って待っていました。このまま起き出したらどうしよう、今夜は徹夜か?と、慌てて添い寝して、おしゃべりすること30分、ようやく眠りに落ちてくれました。ホッ!「もう一回ねんねしたら「はやて」に乗って盛岡にいこうね。盛岡では雪だるま作って遊ぼうね・・・」

今朝は7時頃目を覚ましたけど、パパを起こさずよい子でした。
お昼前にマンションを出発。帰省ラッシュのピークとニュースで言っていたけれど、
果たして2時間半の新幹線ヒッキはよい子でいられるでしょうか。

改札もスムーズに、東京駅でもきちんと並んで新幹線を待っていました。






車内では・・・お昼寝を拒否、パパのパソコンに入れたビデオを見て快適に過ごしました。






盛岡駅にはおじいちゃんとおばあちゃんが首を長くして待っていました。
今年は去年と違って雪は全くなく、晴天の盛岡。
タクシーでおうちへ向かい、着替えもせずそのまま歩いて行ける中津川に、白鳥を見に行きました。おじいちゃんはヒッキと白鳥に餌(パン)をあげることが楽しみでたまらなかったようです。ヒッキも初めて間近で見る白鳥に大喜び。でもなかなかうまくパンを投げられません。それでも大興奮のヒッキと大喜びのおじいちゃん、おばあちゃんでした。


おうちに戻ってもたくさんの玩具で大人みんなを巻き込んで遊んでもらいました。
「ガタンコガタンコ」と汽車ごっこでは「みんな並んで〜」と命令、ヒッキの後ろをパパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんと一列に並んで、家中を歩き回りました。
大満足のヒッキの盛岡一日目でした。

コメント表示(2)


記事No.=0796400 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
06/08/21
 無事帰郷

今日は三泊四日の最終日。午後1時半のはやてで東京に向かいます。
午前中近所の蜂蜜やさんのソフトクリームをお散歩がてら食べに行くことに。「アイスクリームの歌」など歌ってかなり盛り上がって、頑張って歩いていったのに、残念ながら月曜定休の札が・・・・
頑張っていただけに「アイスクリーム・・・」と力無くつぶやくヒッキが可哀想なので、気を取り直してこれまた近所の「ジョイス」というお店に。本当は駅で売っている「小岩井のソフトクリーム」まで我慢させたかったけど、まぁ仕方がない。ヒッキにはまだ味の違いはそうわからないと思われ、美味しいねって嬉しそうに食べていました。

お昼を食べて出発です。ジィジもバァバもホームまでお見送りに来てくれました。ヒッキも眠いところをこらえて精一杯バイバイ
ドァが閉まったと同時に「座る、オッパイ飲んでねんねしたいの・・・」と超可愛く甘えてきました。
パパもママ寝たかったし、車内で以前のように「おっぱぁぁぁいぃぃぃ」という大絶叫になっても困るので仕方なくオッパイねんねとなりました。5分もなく爆睡・・・ふと横を見るとパパも既に爆睡・・・
大宮過ぎまで起きませんでした。

今朝起きたとき、ヒッキのネンネオムツ(夜用)が濡れていなくて
急いでトイレでチーさせました。トイレトレーニング頑張り時かな。

コメント表示(0)


記事No.=0796100 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
06/08/20
 お墓参り

今日は午前中お墓参りに行きました。お盆は過ぎてしまったけれど帰省の本来のメインイベントです。

ヒッキはお墓参りは慣れていて、ちゃんと「ナムナム」と手を合わせることができます。今回は「こんにちは、ヒッキです、よろしく」まで言えました(笑)ご先祖様も草場のかげで苦笑いしていることでしょう。家のご仏壇でも手を合わせますが、鐘をチンチン鳴らしたり、灰をひっかきまわしてこぼしたり・・・。それでもジィジとバァバは目を細めて笑っていますが・・・

その後ジィジのお姉様カコバァバをお迎えに行き帰宅、みんなでランチを食べました。カコバァバはパパがヒッキくらいの時から、それはそれはかわいがってくれたそうで、ヒッキを見てパパを思い出しているみたいです。でもせっかく遊んでくれようとしているのに、「ヤダ!」「ヒッキ自分でやりたいの!!」と不機嫌ぎみのヒッキ
それでもイヤな顔もせず相手をしてくださいました。

そうそう、午前中バァバがしまってあったソノシートのレコードを出してきてくれて「むすんでひらいて」をみんなでして遊びました。今時貴重な代物です。

夕方バァバと三人で「南部せんべい」を買いに行きました。
入店前によい子でいることを言いきかせたので比較的よい子でしたが、試食のゴマ味のおせんべいを気に入ってぱくぱく食べて「もうないの」とお皿のゴマまでつまんで食べ始めました。お店のお姉さんがおかわりを持ってきてくれました・・・さらに一枚おまけしてくれました。帰り道「盛岡一おいしい」というケーキ屋さんでケーキを購入、お店に入るなりヒッキは「これ!」と大好きなイチゴのケーキを発見・・・次の瞬間誕生日ケーキ用の大きなイチゴケーキを見つけて「こっち、こっち買うの」って・・・。恐るべし。
ケーキのお味は確かにかなりおいしかったです。こじんまりとしたケーキなのでくどさも感じないし。帰省の楽しみが一つ増えました。

明日はもう帰京です。こちらに来るのに「二人の東北切符」というチケットでくるととてもお得なんですが、三泊四日の有効期限なので、最初と最終日は行き帰りで終わってしまうので、中二日しかこちらに滞在できません。ジィジバァバは寂しい限り・・・

コメント表示(0)


記事No.=0795800 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
06/08/19
 プラレール博in安比

安比高原でやっているプラレール博に行ってきました。
会場に入るなり巨大ジオラマが展示されていてヒッキは釘付けに
でも残念ながらそれには「手を触れないでください」という張り紙が。
他にプレイ広場があり、そこでは自由に線路を組み立てて好きなプラレールで遊べます。ヒッキはたくさんの電車を並べていました。でも時間制だったので「お片づけタイム」に。遊び足りなくて泣くかなぁと心配しましたがきちんとお片づけできて非常に偉かったです
でもその後やはり巨大ジオラマで遊びたかったらしく、チェーンをくぐって手を出そうと何度もしていました。そのたびにパパに叱られて少しかわいそうでした。

会場内にあった「プラレールに乗ろう」というコーナーで大きなドクターイエローに乗りご満悦。「汽車で遊びたい」と言うのでD51のプラレールを一つ買ってあげました。
会場の外には「はたらく車」が展示してあり、乗ることもできました。
かなりこわごわ・・・

夜はまた残りの花火をして、みんなでハワイ旅行のDVDを見て楽しく過ごしました。

パパに寝かし付けを任せて隣の部屋でパソコンをしていたら
「ママお風呂なの」「ヒッキ、ママきたらオッパイ飲んでねんねするの」「ママまだかなぁ」「ヒッキ、ママ待ってるの・・・」とパパとのおしゃべりが聞こえてきます。ママはお風呂に入るからパパと先にお布団に行ってようねという言葉を信じて待っている様子。かわいそうになり今夜もオッパイねんねでした

コメント表示(0)


記事No.=0795500 [帰省(盛岡)] [サブカテゴリなし]
06/08/18
 ヒッキin盛岡

今日からヒッキは盛岡のジィジのおうちに遊びに来ています。
昨夜から「はやてに乗るの」と大興奮のヒッキ。東京駅に着くと興奮はピークに達し、(混雑の中)わざと膝で歩いてみたり・・・。
新幹線のホームにあがると「マックス」やら「つばさ」やらを見て大喜びでした。いよいよヒッキの乗る「はやて」がホームに到着!!目をまん丸にして
「うわぁぁはやてだぁぁ、乗る乗る!!」と。
今までにも何度も乗っているけど、物心ついて(?ついているのか??)からは初めてなので、よほど嬉しかった様子です。
「これ、はやてだね。パパとママとジィジと乗ってるね」と何度も確認していました。

盛岡に着いた時はあいにくの雨でしたが夜には花火もできたし、盛岡用のプラレールでずっっっと遊んでいました。

夕食後もパパを相手にいっぱい動いていっぱいおしゃべりして楽しく過ごしました。ジィジもバァバもヒッキに負けないくらい大喜びの一日でした。
明日は今回のメインイベント(本当はお墓参り・・・)プラレールin安比に行きます。
自宅のプラレールであれだけ熱中できるのだから、そんな所に行ったらどれだけの時間遊び続けるのだろうか・・・。

コメント表示(2)