記事一覧表示へ切替
↓下の記事 「バイオリン発表会」 ↑上の記事 「塗り絵教室」
記事No.=1373700[お散歩・お出かけ][サブカテゴリなし]
11/06/12
科学実験教室

昨日の疲れは微塵も残っていないようで、相変わらず6時起き。パパに起こさないでって叱られて、ママにすり寄ってきました。
今日は天井掃除をするんだって張り切っていました。

夏の節電に備えて、ファンのほこり取り。パパの肩車だけでは気が済まず、テーブルにイスまで乗せて、張り切っていました。
危なっかしいやら、ほこりを所かまわず落とすので、いや〜!!と思いつつ、将来面倒くさがって何もやらない人になってしまうと嫌なので、お手伝いをさせるのは大事。
家族の一員として、お手伝いはドンドンさせて、何でも一通りできる男の子になってほしいね。



午後からは、学芸大学駅にあるさくらプラザというところで科学実験教室に参加。I君ママのお知り合いのご主人が講師です。

テーマは「トンボの模型を作って重心の勉強をしよう」で、画用紙でトンボを作って、バランスよく指の上に止まるのはどこか。それが重心という場所です。


左の写真は、段ボールで先生が作った模型。1人ずつに持たせてくれました。
右はヒッキが作ったトンボさんです。上手にバランスが取れました。

先生が、大きなトンボはどうして棒の先っぽから落ちないのか・・・という質問をしました。
するとヒッキ、ママも止められない速さで「ハイ!!!」とまっすぐに右手を挙げました。何を言うのかしら・・・と焦っていると・・・

「それは、そのくちばしの裏の所に、ざらざらした紙が貼ってあるからです!!!」

と、自信満々に大きな声で答えました。
・・・先生、困り顔・・・求めていた答えとはまったく違う反応です。ママは気がつきませんでしたが、本当に模型のくちばしの所に、滑らないようにか、ざらざらの紙が貼られていました・・・。すごい・・いつの間にそんな所に着眼していたのかしら。

そしてI君も続けて、「ハイ!その棒の先にざらざらのがついているからです!!」・・・確かに、棒も指揮棒を使っていたので、コルクの持ち手が着いていました。

子供って、大人の用意した答えとはまったくかけ離れた発見をするので、侮れません。先生、くちばしの裏のザラザラを、はがして捨てちゃいました。
次にヒッキは「バランスがとれているからです」とちゃんとした答えも言えました。やはり、カエルの子はカエル、パパとの遊びもちゃんと糧になっているようです。

また秋に開催するので、今度はパパも連れて来てねって言ってもらいました。
帰宅後、おみやげにもらった、トンボのキットをパパに作らせて、ヒッキは先生役になっていました。



先月発注していた、ママの指輪が出来上がってきました。
この真珠はママのパパが、ママのママに結婚の時にプレゼントした指輪です。ゴールドの縦爪で、型が古かったのと使い勝手が悪かったので、真珠を活かして、ママとパパの結婚10年の記念に、パパがリフォームしてくれました。


(コメントNo=1373701)
18/01/06 02:38
名前=GoldenTabs
ZyOoIVxVAxCfFocbp

dlkVL1 https://goldentabs.com/

削除
(コメントNo=1373702)
18/04/18 12:19
名前=mike11
aBdWqYhpmJBlR

iIUmi7 https://www.genericpharmacydrug.com

削除
記事一覧表示へ切替
↓下の記事 「バイオリン発表会」 ↑上の記事 「塗り絵教室」

コメント書き込み
赤の項目は必入力です
入力したメールアドレスは公開されませんが、
書込みの後、確認メールがあなた宛に自動送信されます。

名前(ハンドル)=
メールアドレス=
コメントタイトル=
リンク=
本文
コメントの本文には、HTMLタグやURLを入力しないようお願いいたします。
パスワード=
コメントを削除する場合、ここに入力したパスワードが必要になります