記事一覧表示へ切替
↓下の記事 「快復」 ↑上の記事 「再発」
記事No.=1087600[病気・ケガ][サブカテゴリなし]
09/01/25
停滞&A新聞掲載

何をしているかというと・・・






お薬です。
朝晩は4種類、お昼は3種類のお薬を飲みます。
のどと、感染を抑える薬と、イボに効くお薬と、そしてタミフルです。



ゆっくりの朝ご飯を食べようとした時、ピンポーンと玄関のチャイムがなりました。宅配便です。盛岡のバァバから大きなお荷物が届きました。
ご飯を食べ終えて開けてみると・・・


中から11枚ものお洋服。盛岡のお店でセールがやっていて、ついついたくさん買ってしまったと連絡をもらっていましたが、本当にたくさん!!
大きいサイズもあるので、来年どころか再来年も着れそうです。


着せ替えヒッキ。パパが後ろで半ばあきれ顔。
そういえばヒッキ、「パパってさ、『うん』とか『そう』とかばっかり言うね。ちゃんと喋りなさいよねぇ!」って言ってたっけ。ママより口うるさい子になりそう?



ママがパパに頼んだ修理品を、興味深げに見ています。手を出したくて仕方ありません。
この後、折り紙を使って、なにやら一人で工作していました。パパの真似をしていたのでしょう。


朝、計ったときには6.2だったお熱、お昼ご飯後に計ると7.1に。
ママがお買い物に行くというと、どうしても行きたいと言うので、マスクをさせてパパの車で移動。新川崎の島忠へ。ずっと家の中じゃヒッキも辛いよね。
駐車場から電車が見えて大喜び、店内でウサギさんにも会いました。(紙おむつのメリーズのキャラクター)

帰宅後パパが、飼っている蟹と金魚(まだ生きてます)の水槽を掃除し始めました。これまたあれこれ手伝いたいヒッキ、「ちょっと待って、ヒッキがやるから」「やらないで、今イス持って来るから」とひっきりなしに待ったをかけていました。そして「パパ、待ってて!おしっこしてくるから、戻ってくるまでやらないでね」とパンツをおろしながらトイレに向かいました。途中、キッチンで夕ご飯の支度をしているママの横を通ります。包丁を持ってにんじんを切っていたママに、「ママ、待って!それやらないで」と声をかけました。後ろからパパが「ヒッキ、いいから早くおしっこしてきなさい!」と。ママも「あれもこれもやれないんだよ」と。
トイレから出てきたヒッキ・・・
「違うよ、ママ、今度は手を切らないでねって言おうと思ったんだよ。気をつけてね」って・・・。
いつだったか、新しい包丁を使っていて、切れ味が良すぎて指の先を切ってしまったことがありました。そのときのことを覚えていたようです。
こういう親の理解無い言葉が子どもを不良にするのかもしれません・・・反省。

週末恒例の焼き肉。スーパーの木曜特売のグラム88円の味付き牛肉です。野菜をたっぷり足して。
食欲旺盛のヒッキ、ご飯も残さず、お肉もたくさん食べました。
でも食べ終わるとママのお膝に。ちょっと熱いので計ってみると、熱が7.3に。ウムム。微妙な熱・・・。

小児科の先生には、熱が平熱になって2日間経ったら登園していいと言われています。昨日一昨日と熱が下がっていたのになぁ。明日幼稚園から登園許可証をもらって、午後にでも病院に行って、火曜日から登園・・・と思っていたけど、難しいかなぁ。

「明日はまだ幼稚園休んで、午後病院に行って・・・」と言うと、「それでプールに行って・・・」とヒッキ、いくら何でもプールはお休みでしょう、ヒッキ。

パパとママの発熱は今日もなし。ネットで調べると、普通は2日くらいで発症、長い場合は一週間とありました。まだ気が抜けないってこと?
ヒッキも、予防接種もしたし、外から帰ったら手洗いもうがいも口うるさく言っていたし、感染しないように気をつけていたけれど・・・結局の所、かかる時はかかるってことでしょう。無菌状態にしておく訳にもいかず、まして幼稚園に通っていたら、「人混みにいかない」ってことは無理だし。こうしてたくましくなっていくと思うより仕方ありません。


今朝のA新聞全国版、3面・・・
「安心社会へ 選択の時」という特集のT、「どこで子育て」

子育ての負担はママに集中していて、市町村の子育て支援は地域によって差があるという記事が載っています。そんな中で、近所同士の助け合いが必要だという内容の一節に・・・

・・・市民の動きも活発だ。川崎市のマンションで、4歳前後の子どもを持つ住民でつくるサークル「なかまるっこ」。参加する約10人の親たちがネットの掲示板にその月の予定を書き、空いている人に用事を頼める。「病院に行くので子どもを預かって」「うちにどうぞ」。まとめ役の○○美雪さんは「困った時、エレベーターのボタン一つで行き来できる仲間がいるのは心強い」と語る。


先日の取材の記事です。まとめるとこんな感じになるのかぁ・・・。「なかまるっこ」の魅力はもっともっとある感じだけど。前にNちゃんママが言っていた『現代版長屋』っていう、人情味あふれる感じが伝えられるといいんだけれど。


(コメントNo=1087601)
09/01/26 07:25
名前=ゴルバー
re:停滞&A新聞掲載

新聞見ました。少ない字数で纏めるのは難しいですね。
先日近所の医者へ行った時、0歳児を背中に、病気の幼児を連れた若いママがきていましたが、それを見ながら「なかまるっこ」を思い出していました。

削除
(コメントNo=1087602)
09/01/26 22:41
名前=みぃ
re:停滞&A新聞掲載

新聞、ありがとうございます。

どうしても、母親の負担は大きいですね。
母親の負担なら仕方ないですが、二人、三人、お子さんがいると、ママも含めて誰かが病気の時などは、本当に泣きたくなるでしょうね。

なんとか、産みやすい、育てやすい世の中にしたいものです。

今、ヒッキがインフルエンザで、家にこもっていても、心配のメールや、差し入れ、「何かあったらいってね」と、本当にありがたいことです。

削除
記事一覧表示へ切替
↓下の記事 「快復」 ↑上の記事 「再発」

コメント書き込み
赤の項目は必入力です
入力したメールアドレスは公開されませんが、
書込みの後、確認メールがあなた宛に自動送信されます。

名前(ハンドル)=
メールアドレス=
コメントタイトル=
リンク=
本文
コメントの本文には、HTMLタグやURLを入力しないようお願いいたします。
パスワード=
コメントを削除する場合、ここに入力したパスワードが必要になります