記事一覧表示へ切替
↓下の記事 「グアム4日目 」 ↑上の記事 「ミステリーツアー グアムに出発」
記事No.=1038200[グアム旅行][サブカテゴリなし]
08/08/27
帰国

現地時間3時半、日本時間2時半です。ホテルを4時にチャックアウトするため、熟睡中のヒッキを起こして・・・
なんとか着替えさせ、帰国の準備です。「眠い」と繰り返しつつも「飛行機に乗ったら寝てもいい?」と、泣いたりぐずったりせず、用意を始めました。眠すぎて目があきません。

飛行場へ向かうピックアップバスで寝てしまうかと思ったけれど、「ここ昨日通ったよね」などと、ボーットしながらもグアムの景色を眺めていました。
空港で簡単な腹ごしらえ。


機内食もパクバク。
乗ってすぐ、あるいは、朝食後に寝るだろうと思っていたら(そしてパパやママも寝られると思っていたら)、まったくその気配はなく、機内上映のビデオをしばらく鑑賞。新潟中越地震を実話を題材にした映画「マリと子犬の物語」を見ながら、「どうして地震が起きたのか」「どうして車が通る道がなくなったのか」「どうしてみんな自分の家から出て学校に行ったのか(体育館で避難生活のこと)」など、あれこれハバを質問攻めにしていました。しかし、さすがに全編を見るにはヒッキにとって長いため、途中で「長いからもう飽きた」と、ママが用意していたシール貼り遊びに変更。
でも、ヒッキは本当は、往路の機内で上映していた「カンフーパンダ」をもう一度見たかったみたいで、どうして帰りは上映していなかったのか、不服そうにしていました。
往路に「カンフーパンダ」を上映して、復路は「崖の上のポニョ」を上映していれば一番良かったそうです。(笑)

結局朝2時半に起きて、3時間のフライトも一睡もせず9時過ぎに日本へ。
乗ってきた飛行機をシゲシゲと眺め、預けた荷物を「ヒッキがとねからね!!」とママを後ろへ追いやり、元気いっぱい。




10時45分発のネックスに乗って品川〜大井町〜大岡山〜小杉という経路で帰ってきました。
さすがにネックスで30分弱寝ましたが、その後7時過ぎまで、家でパパを相手にずっっっと遊んでいました。
ヒッキの体力は既にパパやママを越えているに違いありません。

帰り道にヒッキに「何が一番楽しかった?」と聞くと「ボールが落ちてくるのだよ」という答え。マイクロネシアモールにあったものをあげました。海じゃないの????

今回の旅行中、ママはヒッキに「ハローって挨拶してご覧」とか「サンキューだよ」とか、簡単な英語を使うように促しました(というか、簡単な英語しかママがわからないから)。
物怖じしないヒッキは、進んで「ハロー!!」「サンキュー」「グッモーニング」の挨拶や、レストランで「オーダープリーズ」「ハングリー」「ヤミー」など、ドンドン話しかけていました。幼稚園で習う英語と、月2回の英語サークルと、ヒッキの元気な性格のお陰で、英語を話せようになるかも??


記事一覧表示へ切替
↓下の記事 「グアム4日目 」 ↑上の記事 「ミステリーツアー グアムに出発」

コメント書き込み
赤の項目は必入力です
入力したメールアドレスは公開されませんが、
書込みの後、確認メールがあなた宛に自動送信されます。

名前(ハンドル)=
メールアドレス=
コメントタイトル=
リンク=
本文
コメントの本文には、HTMLタグやURLを入力しないようお願いいたします。
パスワード=
コメントを削除する場合、ここに入力したパスワードが必要になります